先っちょマンブログ

20171020-1

今週、仕事上のトラブルで大変な状況が続いている。土曜日の夜に「明日出勤してトラブルのあった製品を宅配で受け取って調査するように」と言われ、日曜日に休日出勤した。
昨日19日(木)は関東方面に出張して打ち合わせをした客が「翌朝に報告書を出せ」と急にゴネだして、さっさと打ち合わせを終わらせて直帰するはずが、会社に戻って調査と報告書作成をさせられるハメに。久々に会社の床で寝た。

なんでここまでしないといけないのかと不満しかないが、対応できる人間が私しかいないからこうなる。人手不足、人災不足が深刻で、そうかといって技術職の場合は新入社員を取ったり派遣を雇っても大して役に立たない。ある程度の仕事ができる人材を育てておかねばならなかったが、リーマンショック後の不景気で採用を減らし、景気回復後の売り手市場ではロクな入社志望者が来なくなった。完全のそのツケが回っている。

上司はアレコレ指示を出すだけだから楽でいいが、それで動かされる方はたまったもんじゃない。とても達成できないスケジュールに追われることになる。
会社は「お客さまのため」というが、結局は自社のためとカネのためである。大口の客を怒らせてヘソを曲げられるくらいなら、社員にプレッシャーをかけながら這いずり回させた方がいいのだろう。
それに、会社の利益を上げるには、社員をギリギリまで減らして固定費を下げるのが楽だ。そうやって社員が死ぬか死なないかギリギリの瀬戸際で仕事を回す経営者が、儲けを出すいい経営者とされている。

だから、日産や神戸製鋼の不正には同情するところがある。

日産は有資格者でないとできない検査工程を無資格者にやらせていた。無資格でもベテランなら問題ないだろうし、実際それが重大事故に繋がるとも思えないが法令違反なのは間違いない。世間にバレたあと、改善すると言ったのに平沢市の子会社の工場で続けていたことも法令の軽視であって問題ではあるが、現場では人手が足らずに止むに止まれぬ状態が続いていたのかも知れない。
しかし、そんなことは日産の経営陣はお構いなしなのだろう。人手が足りないのに、とにかく決められた分を作れと言われて現場がアタフタした結果ではないのか。
全台出荷停止措置を取らないと収まりがつかなくなるくらいになってから、社会的な世間体のために、ようやく対策を取ることになるに違いない。

神戸製鋼の安全性に関わる不正は日産のものに比べればもっと悪質だが、これも構造的な問題は日産と同じようなものかも知れない。上から降ってきたノルマがあり、それを達成するには検査NGにするわけにはいかなかった。そんなところではないか。

ただ、その影響は凄まじい。神戸製鋼の問題のアルミや銅製品はトヨタやボーイングなど乗りものを作る会社を始め、500社に出荷されているという。そこでリコールが発生した場合、費用負担は神戸製鋼になる。
タカタが欠陥エアバッグで倒産したように、神戸製鋼もこの不正が命取りになるかも知れない。現場の勝手な判断で行われたというより、上層部もなんとなく知っていたというフシがあり、日産同様に不正発覚後も不正を続けていたのだから、これはも救いようがない。
神戸製鋼は倒産するしかないだろう。

日本の製造業はお客様第一とか品質第一を掲げるところが多いが、実際はそうではない。お客様も品質も二の次になり、とにかく儲けることが使命になっている。儲かれば株主も儲かる。社員を死ぬほど働かせ、不正しないとやっていけないような現場を作り上げて放置する。

神戸製鋼の不正は、神戸製鋼だけの影響では済まなくなった。海外でも大きく取り上げられ、「日本の中国化」と揶揄されている。高くても品質がいいのが日本の製品だったのに、安くしようとして品質を落とすのであれば中国製で十分だろう。
こんなことが続けば、誰が日本製品を買うというのだろうか。

単純な儲け主義に走って現場を疲弊させる日本の製造業は、一時的にギリギリ回ってうまくいくかも知れないが、そのうち破綻して、悪事もバレて大損害を被ることになる。
カネ儲けのために毒まんじゅうを食べ、結局自分が死ぬわけだから、これほどバカなことはない。

いつから日本の製造業がこうなったのか知らないが、こんな状態が続けば、そのうち世界はおろか、日本からも見向きもされなくなるのではないか。
もうすでに、そうなりつつある。

20171019-1

昨日18日(水)に北京で開幕した中国共産党大会で、習近平が3時間半にも及ぶ政治報告を行った。前回2012年の党大会で胡錦濤が行った演説が1時間30分だから、いかに長いかがよく分かる。共産圏の独裁者がウダウダと話す演説と同じだ。
演説をぶつ間、習近平は時折水を飲むものの、3時間半ぶっ通しで喋りまくった。3時間半も演説する方もスゴイが、それを聞く連中もスゴイ。北朝鮮なら寝たら死刑になるからうたた寝などはしないだろうが、中国でもなにを理由に失脚するか分からない。緊張感を持って3時間半聞かされる方はたまったもんじゃない。2300人集まったとされる党代表らはどのようにガマンして聞いていたのだろうか。

演説のなかで習近平は反腐敗キャンペーンの成果を自慢した。「ハエもトラも叩く」とされる反腐敗キャンペーンは、要するに都合の悪いヤツを追い落とすための口実だ。中国の行政は上から下まで腐りきっていて、末端の役人から党の上層部までクリーンな人間はいないだろう。
中国で仕事をすると、アレコレ難癖つけて賄賂を要求する役人が年に1回くらいやって来る。ヤクザのみかじめ料のようなもので、下っ端がそれなのだから、上がどんなものかは容易に想像がつく。
しかし、中国共産党で上の方までのし上がるような連中は、カネと権力で人心掌握してうまくやりくりしているのだろう。

今度の党大会で、習近平は前国家主席の胡錦濤と元国家主席の江沢民を従えるようにして歩き、尊大な態度を見せていた。党の序列上位が並ぶテーブルでは、椅子がギッチリ並べられていたが、習近平の真ん中の席だけ左右に空きがあり、いかにも偉そうな感じだった。習近平は毛沢東や鄧小平と並ぶ指導者になりたいようだが、その様子は皇帝のようでもあった。

江沢民や胡錦濤がさながら習近平のお付きようになっていたわけだが、コイツらは失脚しないだけまだマシである。江沢民は習近平に目の敵にされているようだが、それでも権力を振りかざして身を守ってきた。
最高権力の座から退いた途端に転げ落ち、袋叩きにされるのが中国のお隣の韓国だ。大統領から退いて一般人となった政治家をいろんなことを口実にして逮捕し、牢屋にぶち込んだり、死刑判決を出したりしてきた。捕まらなくても自殺に追い込まれたヤツも少し前にいた。ロクな余生を過ごしていない歴代大統領ばかりである。

朴槿恵も例外ではなかった。弾劾されるかのように大統領の座から退いたら、収賄だのなんだので逮捕され、裁判を受けるために拘置所に留め置かれている。「証拠隠滅の恐れがある」として保釈も認められず、6か月拘置され、さらに6か月の延長が認められた。それに抗議するため弁護団が全員辞任し、国選弁護人で裁判を続けることになるという。引き継ぎに時間がかかるため、裁判の開始も大幅に遅れ、未決勾留期間が更に伸びる。
朴槿恵はいくばくかの特別待遇は受けているが、直近まで大統領をしていた人間のこの転落ぶりは少し可哀相に思えてくるほどだ。まさに、水に落ちた犬を袋叩きにしている。

水に落ちた犬を打てと説いたのは魯迅だった。水に落ちた犬を不憫に思って手を緩めてしまうのではなく、陸に上がって再び咬み付くようなことがないよう徹底的に叩きのめせということらしい。日本人からすると、そのような情け容赦のない行動はよしとされないが、中国ではそれが是とされ、かつてシナの属国を1000年以上続けていた朝鮮半島の連中にも受け継がれており、忠実に守っているのが韓国人だ。

韓国人は歴史的なシナの影響を否定するために漢字を捨てた。シナの影響を否定するのならば、シナの文化、考え方も捨てたらいいのに、それは捨てないらしい。
日本は他国のいい文化を取り入れ、独自に昇華させた。韓国は他国から文化を取り入れたことをなかなか肯定しないが、実際は中国の文化や思想はよく取り込んでいる。つまり、赤ん坊の死体を粉にして薬として服用したり、落ちた犬を死ぬまで叩き続けることは内心ではいい文化と考えているのだろう。

20171018-1

9月28日放送のフジテレビ「みなさんのおかげでした30周年SP」で、とんねるずの石橋貴明が扮するキャラクター「保毛尾田保毛男」が登場して問題になっているという。ホモのキャラクターによって性的マイノリティ(LGBT)を嘲笑していることが問題なのだという。

この問題を身近で聞いたことがない。「みなさんのおかげでした」は30周年かも知れないが、15年くらいは見ていないので、そもそも特番の放送を見ていないのだ。「保毛尾田保毛男」は知っているが、「そんなんいたなぁ」くらいにしか感じない。
誰が問題にしているのかといえば、性的マイノリティの人たちで、それがスポーツ紙とネットの記事で取り上げられるだけなので、多くの人は大して興味が湧かないし、炎上状態になってフジテレビが謝罪文を出したとかいうニュースを見たとしてもなんとも思わないのだろう。

この炎上ニュースで興味深いのが、昔は問題にされなかった「保毛尾田保毛男」が28年経って問題になったことだろう。
ホモという言葉が今では男性同性愛者の蔑称となっていること、「保毛尾田保毛男」が「あなたホモなんでしょ?」と尋ねられ「ホモでなくて、あくまで噂なの」と返すお決まりのパターンが、かつてホモだと苛められた人たちに嫌な思い出を呼び起こしたことが問題であるという。

ホモが問題ならば、デブ、ハゲ、チビ、ブスはいいのかという疑問がある。これに対して乙武洋匡が「ホモ、デブ、ハゲで就職差別されることはないが、LGBTは就職差別を受ける」と指摘していた。なるほど、同じように小バカにされて差別的な対応を受けたとしても、ハゲとLGBTとでは程度が違うのは間違いないだろう。

しかしながら、デブはともかく、ハゲやチビ、ブスは自分ではどうしようもない。それと同じでホモやらレズやらのLGBTも自分ではどうしようもない。そういう意味ではなぜ区別するのかとは思う。
一方で、障碍者を嘲笑するのは絶対にNGで、LGBTもそれと同じでいいのかと思う。障碍とLGBTが同じレベルのハンディキャップとは思えない。
LGBTは、イジって笑いにできるハゲと笑いにできない障碍者のちょうど中間くらいにいるということだろうか。

私のようにホモでない人が「保毛尾田保毛男」をなんとも思わず、性的マイノリティの当事者たちが「保毛尾田保毛男」に対して不快に感じるのは当然だろう。ホモでなければ「保毛尾田保毛男」に対して嫌な思い出などなにもなく、せいぜい懐かしいと思うだけ。しかし、ホモの人たちはそうとう嫌な思いをしただろう。
「嫌なら見なければいい」と前のフジテレビの社長が言っていた。「保毛尾田保毛男」も嫌なら見なけりゃいいと言いたいところかも知れないが、韓流ドラマと性的マイノリティへの差別は同列では語れないのだろう。

今度の炎上事件でよく分かったのは、性的マイノリティについてバラエティ番組で気軽に扱ってはならないということだ。特に、ゲイやオネエに限れば本人をいじるのはOKだとしても、同性愛者でない人が同性愛者に扮するのはNGだ。
サンドウィッチマンの伊達(ツッコミ)がよくおなべみたいだと言われているが、それもそのうちNGになるだろう。テレビで見るおなべは伊達のような風貌の人が多いが、当のおなべはそれを見て憤慨したり、悲しんだりしているに違いない。

テレビの表現でこのような明確なラインは作らない方がいいと思うが、今度の件でそれがハッキリと引かれてしまった。バラエティでホモのおふざけがなかったとしても大した影響はないが、そのうちほかの表現にもいろいろ規制が入るのだろう。

近年、AmazonプライムビデオやNetflixがオリジナル番組を作るようになってきた。特にAmazonはテレビで放送できないような内容に焦点を当てたものが多い。テレビ番組はどんどんと表現の自由を狭めてきた。自分で自分の首を締めているようなものだ。地上波のテレビ番組がつまらないから、ネットの番組を見ようというのは自然の流れだろう。
LGBTへの表現規制が悪いとは思わないが、こういうことを別の些細なことまでに適用してしまうのが今の日本の社会であり、テレビ局だ。そのうち、あれもダメ、これもダメとなり、誰も地上波のテレビ番組など見なくなり、バラエティはネット上の自由な表現の番組ばかり見られるようになるのかも知れない。

このページのトップヘ