先っちょマンブログ

20171215-1

私は感情がすぐに顔や言動に出るタイプなので、仕事で営業によく思われない。営業は基本的に顧客の味方であり、自社の開発や生産の肩を持たないタイプが多いので、ほとんどが客にヘーコラするだけだ。努めてニコニコして、顧客からの要望をむげに断ることもしない。
私はそういうまどろっこしいタテマエが嫌いなので、ストレートに対応するようにしている。だから、できないことはできないとハッキリ言うし、客がメチャクチャなことを言えば否定もする。隠さないから、不快なことを言われれば顔に出る。

たまに先輩社員から気を付けるように言われるが、ミスでそうなるのではなく、そうしているのだから改めるもなにもない。「そんなことはできません」、「やり方が間違っています」などとハッキリ言わないと伝わらない。よく日本ではできなさそうなことについて、その場で「できない」とか「難しい」とは回答せずに、「持ち帰って検討します」などと言う。
実際は、議題を持ち帰ってどうお断りしようかアレコレ考えるだけだ。普通の相手はそうなることを見越して期待などしないが、たまに察しの悪い客もいる。だから、その場で見通しを話す方がいい。

自分の手の内を隠すのも作戦のひとつだろうが、分かりやすい方がいい。それを実践しているのが中国人だ。ビジネスの世界でも、政治の世界でも、中国は分かりやすい。

回答を先延ばししたり、結論をぼかすところが日本企業の仕事の悪いところだと思う。中国人や台湾人は「できない」「ムリ」と即決で言ってくる。そちらの方が分かりやすいし、話も早い。
日本はなにかにつけてチンタラやっているから、中国や台湾、韓国あたりの企業に負けることが多くなってきたのではないか。

外交における中国の動きを見ても分かりやすい。長らくなんの興味も持っていなかった尖閣諸島について、1970年代に海底資源の話が出ると急に興味を示すようになり、「核心的利益」という言葉を持ち出して、「死んでも欲しい」という意思表示をしてきた。ここへ来て中国の艦船のあからさまな領海侵犯が増えているように、とにかく自分の意思表示を隠そうとしないのが中国人だ。

中国政府は、韓国がTHAADを導入すれば、露骨な制裁を加えた。THAADのミサイル設置場所となるゴルフ場を提供したロッテグループについては、中国のロッテマートを市場から追い出すために様々な圧力をかけ、営業停止に追い込んだ。韓国からの輸入品には難癖つけて輸入禁止にし、韓流スターは中国のテレビに出られないようにした。中国人の韓国への団体旅行を禁止し、インバウンドを期待する韓国の観光業界に打撃を与えた。

うろたえる韓国の文政権に対して、中国政府は「三不」と呼ばれる3つの禁止事項を突きつけた。アメリカのミサイル防衛に入らない、日米韓の軍事同盟を結ばない、THAADを追加配備しない、の3つだ。
外国政府から政策や外交に関わる命令を受けるなど屈辱的な話であるが、文在寅大統領はそれを受け入れた。
韓国が中国の属国であることの証だ。国語から漢字を捨て去ることはできても、中国風の名前や儒教的な慣習が改められないように、韓国人は骨の髄まで中国の属国根性が染み付いてしまっているのだ。

文在寅は、アメリカの顔色を伺いつつ、中国に対する忠誠を誓った。中国にヘーコラしておけば、きっと中国が振り向いてくれるだろうという淡い期待である。
しかし、中国が要求してくるようなメチャクチャな要求は飲んではならない。一度受けてしまうと、次から次へと要求してくるようになる。取引先から再三の値下げ交渉に応じざるを得なかった会社はどうなるか。結局、何度も何度も値下げを要求され、その度に応じて自分の首を絞めることになる。取り引きを切られようが、最初から断った方がいいことが多分にある。

文在寅は中国に跪いたというのに、中国は韓国を罰する手を緩めない。
文在寅を習近平に"謁見"させ、首脳会談を行うことは了承したものの、空港への文在寅の迎えは長官ではなく次官補という下の役職だった。フィリピンのドゥテルテ大統領ですら外務大臣が迎えに来たというのに、国賓とは名ばかりで、この扱いである。
4泊5日の日程を申し込んだが、3泊4日にされたりもした。食事会は習近平との晩餐と、重慶市の中国共産党書記の昼食だけ。
中国のご機嫌を取るため、文在寅とは会わずに南京事件の追悼式に出席していた習近平に向けて哀悼の意を表した。

中国政府に舐められている文在寅は、民間の中国人からも舐められている。
国営放送のインタビューでは、中国人インタビュワーにTHAADについてどう落とし前をつけるのか、執拗に言い寄られ、厳しい言葉を浴びせられた。
文在寅を取材する韓国人記者が中国人警備員に制止されて殴る蹴るの暴行まで受けた。
文在寅は中韓首脳会談は実現できたが、共同声明は一切なし。文在寅がマスコミに向けて声明を出すだけにとどまった。

習近平は首脳会談のときに、相手によって表情を変える。トランプやプーチンとはにこやかに。安倍首相のときは伏し目がちで機嫌悪そうに。非常に分かりやすい。
文在寅のときは笑顔を見せ、首脳会談自体も予定を1時間もオーバーした。そのことに韓国メディアが喜んでいたが、脅したりすかしたりする中国のやり口だろう。締めすぎた水道の蛇口をちょっと緩めただけ。会談を長くやり、笑顔を見せるだけで韓国人が喜ぶのだから、中国政府としては韓国を手のひらの上で転がしているようなもんだ。
厳しいムチを打ち続けたのに、ほんの僅かのアメを与えるだけで喜ぶ韓国政府を見て、中国人が舐めないわけがない。

最近の韓国の大統領は、アメリカのご機嫌を伺い、それと相対する存在の中国のご機嫌も伺う必要があって大変だ。自分たちはそのコウモリ外交をうまくやってのけているつもりかも知れないが、中国人はもちろん、自国民からも見透かされている。なにもモノを言わず、ただ受け入れるだけ。そのうち板挟みの状態でにっちもさっちもいかない状態になるに違いない。既にそうなっているかも知れない。
中国政府からのメッセージが非常に分かりやすいため、誰にでも中国の韓国に対する考えが分かる。それを分かっていながら、ペコペコし続けなければならない大統領を見させられる韓国国民はさぞ辛かろう。

言われたことにハイハイ言うだけなら簡単だ。無能な営業が開発から嫌われるのは、客が言うことをなんでも受け入れてしまうからだ。客の要求を自社に伝えるだけのメッセンジャーならアホでもできる。
文在寅はそれと同じである。中国を上得意客と見なし、生きていくには習近平の言いなりになるしかないと思っている。無能のひとことに尽きる。
そんな無能を大統領に据えるから、こんなことになってしまう。無能な人間は決断ができない。米中へのどっち付かずの対応はまさにそれだ。中国に尻尾を振っていたが、結局THAAD導入を決めてアメリカに付いた朴槿恵の方がまだマシだった。朴槿恵は選択肢を選ぶことができた。

なにも決められず、ただヘラヘラしているだけの大統領を選んでしまったことを韓国人が今さら後悔しても遅すぎる。
文在寅が韓国大統領になってまだ半年だ。任期はまだあと4年半も残っている。

20171214-1

広島高裁が昨年8月に再稼働した四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを命じたことに思わず苦笑いしてしまった。
これまでの反原発派の住民が起こした運転差し止め訴訟では、地方の地裁でたまたま変な裁判官が担当になったときに運転差し止めの判断が下されていたが、この手の裁判は高裁、最高裁に行くにしたがって常識的な判断がでるようになっている。
広島高裁でも訴えを却下する判決が出るのかと思いきや、運転差し止めである。その判決が面白いのではなく、そう判断した理由が苦笑せずにはいられないものだった。

稼働中の原発は原子力規制委員会がメチャクチャ厳しくした審査をパスしたわけで、原発の安全性に関してプロの連中が決めた規制を、それに関して素人の裁判官が論理的に危険であるとの判断を下せるわけがない。だから、厳しい基準をパスした原発の稼働を認めることは常識的な判断である。
ところが、広島高裁の野々上友之裁判長は、「伊方原発から130キロ離れた阿蘇山が破局的噴火を起こし、火砕流が伊方原発に到達する可能性がないとは言えない」と判断し、阿蘇山の火砕流が危険だから運転差し止めという驚くべき判断を下した。

こんなキチガイじみた判断が出たら電力会社の方は堪ったもんじゃない。「阿蘇山の火砕流が伊方原発まで届かない」という否定の証明などできるわけがなく、このような難癖をつけられた時点で勝ちはなかった。
もしこの判断が妥当だとすると、九州電力の川内原発(鹿児島県)や玄海原発(佐賀県)にも影響が及ぶ。

それ以前に、阿蘇山から半径130キロ圏内が原発の立地不適なのであれば、当然居住にも向かない。阿蘇山は九州の中央やや北よりにあり、阿蘇山から半径130キロの範囲はほぼ九州全域だ。鹿児島の南半分を除き、九州に住んでいる人たちは今すぐにでも避難しないといけない。

阿蘇山が大噴火を起こしたのはおよそ9万年前だ。火山の大規模噴火は1万年に1回程度とされ、1万年に1回あるかないかの噴火のために原発を止めるのだから、これはもうスゴイことである。
百歩譲って130キロ離れた伊方原発に火砕流が到達して原発で事故があったとして、原発事故どころの騒ぎではない。九州のほぼ全域が火砕流で覆われ、そこに住んでいる人のほとんどが死ぬ。九州は人口がおよそ1300万人で、130キロ先まで届く火砕流は九州の9割を覆うから9割死んだとすると、死者だけで1170万人だ。原発事故よりそちらの方が大変ではないのか。
広島高裁が考える九州は人の居住に向いていない地域だ。こんなところに人が住んでいてはいけない。

九州が居住可能地域かどうかはともかくとして、130キロも離れた火山の火砕流まで原発が気にしなければいけないのなら、想像できることから想像できないようなことまで、ありとあらゆる事象を考えねばならない。
原発に北朝鮮のミサイルが落ちてくるかも知れない。飛行機が墜落するかも知れない。マーベルコミックの悪役みたいのが出てきて原発を襲撃するかも知れないし、宇宙人が襲来して宇宙船からのビームで原発をぶっ壊すかも知れない。阿蘇山の火砕流と同様に、これらも可能性はゼロではない。
広島高裁のような裁判所に判断を任せたら、そんなバカげた理由をこじつけられて日本全国の原発が止まってしまう。

「事故を起こして死ぬかも知れないから車に乗らないでおこう」という人などまずいない。事故を起こしても最低限の被害で済むように、シートベルトをして、運転手なら法定速度を守るのが普通だろう。
広島高裁の野々上友之という裁判官は、危ないから飛行機に乗らず、車にも乗らず、外にも出歩かないタイプなのだろう。裁判所に住んでいるのだろうか。

科学技術に関して100%安全でなければならないと考えるような非論理的で不合理な判断しかできない裁判官が日本には多い。勉強しすぎて逆にバカになったのだろう。
最高裁にはもっと現実的にものを考えることができる裁判官がいることを願うばかりだ。

20171213-1

フィリピンの首都マニラに慰安婦像が設置された。政府機関であるフィリピン国家歴史委員会が民間から献金を受けて設置したという。
フィリピンの伝統衣装を着た女性が目隠しされている銅像で、台座に「日本の占領下で虐待の被害に遭った全てのフィリピン人女性を記憶するために」とタガログ語で記されている。
カネを出したのはフィリピンの慰安婦支援団体と、中国や韓国の活動家であるらしい。

中国や韓国は移民を利用するなどして世界各地に慰安婦像を設置しようとしている。慰安婦の実態はただの売春婦なので、世界中に売春婦の像を設置しているというわけだ。韓国は出稼ぎ売春婦が多いから、戦地に赴いて兵隊からカネを巻き上げていた先輩に敬意を評しているのかと思いたいところだが、実際は日本への嫌がらせでしかない。慰安婦像を利用して、ありもしない強制連行や性奴隷化を既成事実にしようともくろみ、それと同時に日本の評判も下げるので、一石二鳥以上の収穫がある。

韓国系や中国系の移民が多いアメリカのサンフランシスコ市でも日本政府や姉妹都市である大阪市の意見を聞かずに、慰安婦像と土地が寄贈され、市の管理物になってしまった。
その慰安婦像を承認したエドウィン・リー市長は、12日に心臓発作で死んだという。天罰が下ったのだろう。

あと10年もすれば、世界のそこらじゅうに慰安婦像が設置されるに違いない。中国、韓国の政府や民間団体のロビー活動を日本政府が止めることなどできないだろう。そのうち、ピラミッドの前やワイキキビーチに慰安婦像が設置され、それを見ながら観光することになるのではないか。

慰安婦像の設置を中国人や韓国人がやり続けるのはある意味当然だろう。日本が嫌がると分かったからだ。公共物にすれば未来永劫残るため、効果はテキメンだ。わずか数百万円で効果が持続する反日活動ができるのだから、やらないわけがない。それこそ死にもの狂いで慰安婦像設置を行う。
そのさまは狂気に満ちており、ある意味怨念のようなものを感じる。あいつらは、日本が嫌いで嫌いで仕方がなく、日本人を貶めたくてしょうがない。そのためにはどんなことだってやるのだ。

中国人や韓国人はそこまで日本が嫌いなのに、なぜか日本に来たがる。今年2017年に日本を訪れた韓国人の数は、過去最高の700万人を突破すると見られている。これは訪韓日本人の3倍以上の数字だ。
また、JETROが中国の中間層、富裕層に向けて行った意識調査では、行きたい国の調査で日本が初めて1位になったという。4割が行きたい国として日本を挙げたのだという。

なぜあれほど嫌う日本に行きたがるのだろうか。反日教育を受け、骨の髄から反日が染み込んでいるくせに、日本には来たがる。中国では反日を叫んでいるのは低所得者層が多いし、韓国でも昼は反日、夜は親日といわれるほどだが、それでも理由が理解できない。
「日本は嫌いだったが、日本を旅行してみて考えが変わった」という中国人や韓国人の意見をたまに耳にするが、誰かの付き添いだとしても、嫌いな国に旅行しに行く神経が分からない。私なら、中国や韓国に旅行に行こうとは思わない。嫌いな国に行けば悪いところばかり目につくだろうし、不快感を味わいに旅行に行こうと思わない。

日本は嫌いでも、日本は観光資源が豊富で、おいしいものが多く、ショッピングもできる。だから来るというヤツも多いかも知れないが、プライドというものはないのだろうか。プライドより実益の方を取るというのが中国人や韓国人らしい。

日本人は懐が深いから、あれだけ嫌がらせされていても訪日中国人・韓国人にはちゃんとおもてなしをする。それで反日意識がない人は親日になり、反日意識がある人は少しでも和らげばいいが、世界中で増殖し続ける中韓の反日憎悪を打ち消すほどにはならないだろう。

日本人は、中国人や韓国人のせいでずっと不快な思いをして生きていかねばならない。この国がなければどれほどいいかと常々思う。1日中騒音を流したり、近隣住民に悪口を言いふらすキチガイババアが隣に住んでいるようなものだ。それがたまに我が家に来て、褒め称えて帰って行く。
こんな足枷を付けた状態で生きていかねばならないのが日本人である。

このページのトップヘ