先っちょマンブログ

20190919-1

いよいよ明日20日(金)からラグビーW杯が始まる。11日2日(土)の決勝まで1か月半にわたる長丁場だ。
20日(金)の開幕戦はもちろん日本戦で、日本はロシアと対戦する。世界ランク10位の日本に対し、ロシアは20位と格下であり、ラグビーは実力差がハッキリと出るスポーツなので、是非とも初戦に勝って勢いをつけてもらいたい。

というか、ロシアには死んでも勝たないといけない。ラグビーW杯はサッカーW杯と違って20か国が参加、5つのチームが4つのプールに分かれて上位2チームがベスト8の決勝トーナメントに進める。ベスト8に勝ち進むには絶対に3勝しなければならない。
日本の場合、プールAの対戦国はアイルランド、スコットランド、ロシア、サモアで、ランク的には格下となるロシアとサモアには何があっても勝たねばならない。アイルランドは現時点で世界ランク1位の超強豪、スコットランドは7位でどちらも格上。3勝するにはアイルランドかスコットランドのどちらかに勝たねばならないが、正直なところ、2016年と2018年にニュージーランドを破ったアイルランドに勝つのは難しいと思われ、勝てるとしたらスコットランドだろう。

前回の2015年のW杯で、日本は初戦で南アフリカを下すなど大番狂わせを見せ、プール戦で3勝した。それまでのW杯の歴史で日本は1勝しかしたことがなく、1995年のニュージーランド戦では145対17で惨敗し、W杯最多失点の記録を持っているのが日本だ。
そんな日本が3勝したというのに、ポイント差で決勝トーナメントに進めなかった。南アフリカ、スコットランド、日本が3勝1敗で並んだわけだが、日本が負けた国がスコットランドだった。
日本はラグビーW杯の歴史で唯一、3勝したのに決勝トーナメントに進めなかった国という珍記録を作ってしまった。

日本にとってスコットランドは因縁の相手だ。前のW杯では、スコットランドのスクラムハーフのグレイグ・レイドローという選手にかき回されて負けてしまった。レイドローはキックの天才で、今回のW杯にも出場している。日本は是非とも雪辱を果たして欲しい。
ラグビーマガジンのW杯特集号で、世界のラグビー記者が挙げる注目の試合で、日本対スコットランドとする人が多かった。日本は開催国で、他を驚かせるようなパフォーマンスを発揮する力があり、正念場となるのがスコットランド戦だからだ。

そのスコットランド戦は10月13日(日)。3戦したあとのプール戦最後の試合で、ともに2勝している日本とスコットランドと対戦するという展開がもっとも盛り上がるはずだ。そうなるよう祈るばかりだ。

▼ ▼ ▼

ラグビー好きの間ではW杯は盛り上がっているが、世間一般がどうなのかがよく分からない。
大阪駅前のグランフロントを歩いていると、ハイネケンの広告をたくさん見かけた。W杯期間中に公式スポンサーのハイネケンの店がオープンしたらしい。ハイネケンといってもキリンビールが国内で製造と販売を手掛けるのだが、ハイネケンのビールのほか、日本の対戦国のフードメニューを用意しているらしい。いろいろやって盛り上げようとしているようだ。
ラグビーファンは試合を見ながらめちゃくちゃビールを飲むらしく、その量はサッカーファンの6倍だという。W杯期間中にビールが品薄になるという信じがたい現象が起こるようだが、今回、日本は準備万端で臨んでいるという。

イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド(アイルランドとの統一チーム)のすべてが出場するイギリスでは、イギリス外務省が国民に対して日本で逮捕されたり強制送還されないよう注意喚起しているという。フーリガンで知られるイングランドの人間は、日本で飲みすぎてへべれけになって大騒ぎしたり、迷惑行為をする恐れがあるからだ。
海外旅行先でトラブルを起こして外務省の助けを求めるイギリス人は年間2万人もいるそうで、4つのチームすべてが決勝トーナメントに進む可能性が高く、滞在期間が長くなると失敗をやらかしてしまうイギリス人が出てきそうだ。
イギリス政府は日本で国民が恥を晒さないか心配している。

▼ ▼ ▼

酔っ払いが日本で暴れないか心配しているイギリスであるが、イギリスを構成する国のひとつであるイングランドが札幌ドームでトンガと対戦するに当たり、札幌ドームに関するツイートが注目された。


野球のグラウンドだったものがサッカーまたはラグビーのピッチに変わるのが信じられないという今さらの内容だが、外国人には新鮮らしい。サッカーのピッチはドームの外に押し出されている状態で、それを中に引き込む形になるのだが、この変形型ドームが18年も前に作られたことに驚いている人が多い。

また、イングランドにとっては2002年のサッカーW杯で宿敵のアルゼンチンをベッカムのゴールで1対0で撃破したスタジアムでもあり、イングランド人には感慨深いものがあるらしい。
フォークランド紛争以後、イギリスとアルゼンチンの関係は最悪なのだが、サッカーW杯の再来となるイングランド対アルゼンチンの試合が10月5日に行われる。両国が入ったプールCは「死の組」と呼ばれるほど厳しい組み合わせで、死闘が予想される。

イングランドに対するアルゼンチンであるが、このブログで以前に書いたように福島第一原発事故処理の最前線基地となったJヴィレッジで17日までキャンプを行っていた。
アルゼンチンは2002年のサッカーW杯でもJヴィレッジをキャンプ地としており、福島県とアルゼンチン大使館が同国ラグビー協会に強く呼びかけてJヴィレッジでのキャンプが実現したらしい。
Jヴィレッジはピッチと宿泊施設、プールなどフィットネス施設が完備されていて、どれも一流の設備だ。ここだけで完結するためキャンプ地としては最高なのだが、外国人にとって気になるのが原発事故の風評である。
だが、アルゼンチン大使館や同国ラグビー協会は何ら問題ないとしてキャンプ地に選定した。

福島県では日本の対戦相手となるサモアがいわき市を事前キャンプ地とし、10日から15日までいわきFCパークに滞在していた。
それになぜか噛み付いたのが韓国の中央日報だ。韓国はラグビーがマイナーで、大多数がW杯の存在すら知らないだろう。それなのに、中央日報は日本がサモアのキャンプ地をいわき市に設定させ、ラグビーW杯までも「福島は安全」とする宣伝の場にしたとイヤミを記事にしていた。

【中央日報】「福島は安全」…ラグビーW杯も宣伝の場になるのか (2019/09/19)

いわき市は福島第一原発から50キロの地としているが、なぜか20キロの距離にあるJヴィレッジをキャンプ地に選定したアルゼンチンのことにまったく触れていない。
原発から20キロのJヴィレッジには一切触れず、釜石市の「復興スタジアム」は原発事故とは無関係なのに「原発から300キロ」と書き、まるで日本が東日本大震災からの復興をアピールするのが気に入らないかのようだ。

「大震災をお祝い」し、「義捐金をくれてやったのに教科書で独島の領有権を主張してきた」などと言う国らしいイヤなものの見方だ。韓国人からすれば東北が復興することや、原発事故からも立ち直ろうとしているところが気に入らないのだろうが、いちいち構わないでもらいたい。

▼ ▼ ▼

韓国といえば、日本代表のプロップに韓国出身の具智元(グ・ジウォン)という選手がいる。父親がラグビー選手で、息子をラグビー選手にするために日本の高校、大学に通わせた。今さら言うまでもないが、ラグビーの代表の資格は国籍ではなく所属するラグビー協会や継続滞在年数による。だから韓国人だろうが南アフリカ人だろうがニュージーランド人だろうが日本代表になることができる。

代表選手は当然のごとく試合前に国歌斉唱が求められるが、具智元がヘンな形で韓国メディアに注目されてしまうと、どうなるかが心配になる。
以前「リンカーン」というバラエティ番組で、韓国の女芸人であるヘリョンが君が代斉唱の際に起立して拍手したことが韓国国内で大問題になり、韓国でバッシングされ、芸能界から干されることになった。当のヘリョンは「君が代のことを知らなかったし、知っていたら番組に出演しなかった」と釈明していたが、10年経った今でも批判されているという。

日本の高校と大学を出て、日本代表8キャップの具智元が君が代を知らないわけないし、そもそも日本代表として戦っていることが韓国で許されるのだろうか。
具智元に関してはラグビーマガジンのWEB版が記事にしていた。

【ラグビーリパブリック】「ジウォンは簡単でないことをやり遂げた。応援します!」 韓国ラグビー界 (2019/09/04)

具智元は地元韓国メディアに完全に無視されている。韓国メディアが気付いていないというより、具智元のことを報道できないのだろう。報道すると、絶対に韓国国内で批判が起こる。
しかし、「韓国人が日本代表をやるなんてけしからん」という批判は、ラグビー文化を考えると欧州を中心に批判の的となるのは確実だ。ラグビー文化にそぐわない国籍批判、ラグビーに政治の話を持ち込むことはご法度だ。オリンピックのサッカー競技で「独島は我が領土」というプラカードを掲げてしまう国には理解できないかも知れないが。

韓国メディアは反日となれば見境なく行動してしまう国民のことをよく分かっているので、具智元に触れないでいるように感じる。
そういう意味では、具智元がヘリョンのように韓国国内でバッシングされる可能性は低いかも知れない。

ラグビーW杯はオリンピック、サッカーW杯と並ぶ三大スポーツ大会のひとつだという。純粋に楽しむには、競技に一切関係のない政治の話なんぞは不要だ。ただ不快になるだけである。
関係ないくせに、どうしてもそれを持ち出したい国があるようだが、そんなのは無視するに限るのだろう。
興味のある国の試合を見て、ただ楽しめばいいだけである。

20190918-1

関西ローカルで放送されていた「ごきげん!ブランニュ」という深夜番組で、トミーズの雅が「トイレの大便器に溜まっている水よりプールの水の方が汚いから、飲まなアカンねやったら便器の水を飲む」と言っていた。
番組では後日、どちらが不潔化の調査をしていた。10年くらい前の話なので結果を覚えていないが、どちらもそこそこ不潔だが、めちゃくちゃ不潔というわけでもなかったという結果だったと思う。
こういうバカげた話でも、ちゃんと調査して判断することは重要だ。

プールや海水浴場の水は汚いとよく言われる。プールは水が循環されて塩素消毒されるものの、完全にクリーンになるわけではない。プールや海水浴場では水中で小便をする不届き者がいて、ときどき大便をしてしまうヤツもいる。大便や小便でかなり汚染されているわけだ。それを想像するとかなり気持ち悪い。

例えばプールの水でいうと、緑膿菌、レジオネラ菌、赤痢菌、ノロウイルス、大腸菌などが検出されることもあり、それによって感染症が引き起こされる場合がある。とはいっても、アメリカの統計では1年間でプールで感染症に罹る人は利用者3億人中1400人で、およそ20万人にひとりの確率だ。
アメリカで年間1400人もプール利用で感染症に罹っているのかと思うと多いように感じるが、確率的にはゼロに近い。だから、いくら心情的にプールの水が汚いと思っても、病気になる確率はゼロに近いので気にする必要はない。

公衆トイレの便座に腰掛けたり、電車の吊り革を持つことができないという潔癖症でもプールは大丈夫という人がいる。どう考えても便座や吊り革よりプールの水の方が汚そうだが、人間は自身の都合によって勝手に基準を変えてしまう。所詮は気持ちの問題だからだ。
そんな人に対し、プールの水がいかに汚いかを説いたらプールに入れなくなってしまうのではなかろうか。

韓国がIAEAの年次総会で福島第一原発の汚染水処理について文句をつけ、国際的な問題に発展させようとしている。どんどん溜まっていく処理水は、放射性物質除去装置を用いてトリチウムを除く放射性物質を基準値以下に下げることができても、どうしてもトリチウムだけは除去することができない。トリチウムは三重水素と呼ばれ、水(H2O)との親和性が高く、水に溶けると除去が困難らしい。
だから海洋放出するしかないのだが、韓国がそれを猛烈に拒否している。要するに、日本に対する嫌がらせである。
トリチウムの海洋放出はプールの水に含まれる小便みたいなもんだ。それ自体は気になるが、薄まってしまえば汚さが減り、大した影響もない。

トリチウムは原発の通常運用時にも海洋放出されている。国際放射線防護委員会はトリチウムについて他の放射性物質と違って放射線量の係数が低く、人体に対する影響も極めて少ないとしている。トリチウムは水に溶けやすいが、仮に人体に取り込まれてもセシウムやヨウ素などと違って体内に留まらずにすみやかに排出されるため、内部被曝の危険性も少ないという。

だったら、そんなもん海に流してしまえばいいように思うが、風評被害を懸念する福島県近隣の漁業関係者が反対している。それはまあ理解できる。理屈でものを考えられない人ばかりなので、反原発派による風説の流布でかなりの影響を受けるに違いない。処理水について当初、東電が若干ごまかして説明をしていたという不信感があることも否めない。

この風評被害に加担しているのが韓国だ。この国に理屈が通じないことはこれまでの経験則で分かっていることであるが、原発事故が日本を貶めるための唯一のカードだと考えているフシがあり、トリチウムがどうだろうが徹底利用するつもりらしい。
韓国の主張はトイレで水に流した小便を下水処理したものまで川や湖に戻すなと言っているのと同じではなかろうか。

韓国同様に福島県近隣の水産物を禁輸している中国や台湾も韓国のような主張しない。韓国が言うような処理水の海洋放出による深刻な海洋汚染は何の根拠もないからだ。そもそも、自分たちも原発運用で同じようなことをしているのに、日本に対してはそれをさせないというのはおかしな話だ。

台湾では旅行番組や海外ロケ番組がたまに福島県に来ている。福島県の協賛を得ているわけだが、出演者が福島県の状況を説明し、放射能については何の問題もないと視聴者に伝えていた。台湾では国民投票で福島近隣からの禁輸が継続されているが、福島近辺を汚染地域扱いしているわけではない。
一方の韓国では、旅行番組が水産物禁輸の対象となっている青森県へ行き、韓国人俳優が刺し身を食べたことが不適切だと批判が起き、テレビ局が謝罪に追い込まれた。
この違いである。

韓国は東京五輪までの1年間、ずっと放射能カードを切り続けてくるだろう。今まで散々日本に来ていたくせに、東京五輪への参加は選手への健康被害が懸念されるというという理由でボイコットまで真剣に議論されているくらいだ。
韓国がやっていることは、「あの子は不潔」と言いふらす子供のイジメと同じだ。一切の科学的根拠はない。自分たちが不快に感じるからやめろと主張する。それが日本への嫌がらせに繋がるのだから、一石二鳥だ。

理屈が通じない国には何を言っても意味がない。たちの悪いことに韓国は他国にないことを言いふらしまくるから、それだけは釘を差し、訂正せねばならない。他はもうどうでもいい。
プールが汚いと思うなら入らなければいいし、日本が放射能汚染されて危険だと思うなら来なければいい。東京五輪はもちろんボイコットで、日本を渡航禁止区域にしていすればいい。
感情の問題で誰をか不潔と思って近寄らないようにするのは勝手だが、自分のバカげた考えを周囲に言いふらし、イジメに加わるよう他人をそそのかすのはいただけない。

韓国という国は、本当に性根が腐った国だ。日本を貶めるためなら何だってやる。いまだかつて、これほど日本人を不快にさせる国があっただろうか。

20190917-1

週末の3連休、13日(金)に発売された「ボーダーランズ3」というPS4のゲームをずっとやっていた。一人称視点で銃を撃って敵を倒すFPSと、ゲームの登場人物になってストーリーを進めて成長するRPGをかけ合わせたゲームで、日本での人気はそこそこだが海外では絶大な人気を誇る。

ネットで注文して発売日の13日に届くようにし、宅配業者に時間指定して嫁さんに必ず受け取るようにお願いしていた。発売日に買ったゲームはその日のうちにやりたい。
普段なら仕事を定時速攻で切り上げて急いで帰宅するところが、13日は部署に配属された新人の歓迎会があった。その新人のメンターを私がやっていたこともあって、出席しないわけにはいかないので渋々参加し、夜遅くに帰宅してそこから時間があればずっとやっていた。

アホみたいにずっとゲームをやりながら、「千葉の停電地域の人はこういうこともできないんだろうな」とボンヤリ思っていた。台風被害で住宅が損壊したらゲームする暇などなかろうが、家は無事なのに電気だけ来ないせいで困っている家が未だに6万戸もある。
これまで台風の物的な被害といえば川沿いの家の床上浸水とか、農作物が全部パーになったというものばかりで、鉄塔2基とたくさんの電柱が倒れて大規模停電になり、復旧に数週間レベルといった時間を要するというのはなかった。突如現れて、文字通り風のように去っていった台風15号で誰がそんなことになると予想できただろう。

災害時の備えをしていなかった家でいろいろ困りごとが起きたのは自業自得のように思えるが、停電がここまで長引くと備えもへったくれもないから気の毒に思える。
以前我が家の冷蔵庫が壊れて冷えなくなってしまっただけでかなり困った。実家であるだけの保冷剤を凍らせて持って帰り、発泡スチロールの箱で冷蔵が必要なものを冷やしていたが限度がある。週末に食べるはずだったふるさと納税のカニが悪くなってしまうため、平日の夜に鍋をする羽目になってしまった。
冷凍食品は全部パー。食べられるものだけむりやり食べた。

4月の話だったが、冷蔵庫だけでそれである。停電だとオール電化の家では調理もままならず、カセットコンロを使うにしてもいろいろ不便だ。何より暑いだろう。地下水を汲み上げて飲用水にしている地域、水をポンプで送っている山の手の家、マンションあたりだと水も出なくなる。
電気も水もないとなるとどれだけ生活が大変になるかはニュースを見なくても用意に想像がつく。

千葉がこんなことになった原因として挙げられているのが電柱の倒壊だ。鉄塔が倒れて送電ができなくなっても、そこを通らないように迂回して送電できたはずだが、迂回ルートの電柱が倒れていたらそれができなくなる。
電線の地中化が行われていれば、台風でここまでの停電被害はでなかったかも知れない。

電線を地中化すると、地震での被害が半分くらいになるらしい。阪神大震災では地上にある電線網の10%が損傷したが、地中化されている部分は5%に満たなかったという。地中化されている場合、問題のある箇所の見分けがつきにくく、電線が地上にあるより復旧が遅れることが多いそうだが、少なくとも台風のせいで電柱が倒れて送電できなくなるということはないので今回の大規模停電被害は起きなかった可能性が高い。

電線の地中化は景観もよくなるためいいことばかりに思えるが、問題は費用である。災害の度に地中化が求められるが、日本では1キロメートルあたり4億円程度の費用がかかるといわれている。東京都が進めているがその費用は数兆円にのぼるわけで、日本全国やるとなるととんでもない費用になる。
日本でやっているのは電線や通信線を通す管を埋める方式だが、欧米で行われている電線や通信線を直接埋める方式だと工費は安上がりで済む。しかし、地震で断線した場合などに断線箇所が分からずに停電が長期化する問題がある。日本では地中に管を通しつつ、ところどころ中に入れるスペースを確保するのが一般的で、トラブル対応がしやすくなる反面、どうしても工費が高くつく。地震が多い日本では、どう考えてもメンテナンスしやすい高い方でやるしかない。

また、電線を地中化すると、新たに光ケーブルを引くなどとなった場合が用意ではない。住宅への引き込みも問題だ。費用負担は必要だし、電話線や光ケーブルを新たに引く必要が出てくる度に家の前を掘り返す必要がある。

総合的に見て、景観がよくなり、災害時に倒れてしまう電柱がなくなるという観点から電線の地中化はメリットが大きいとは思うが、費用やメンテナンスの難しさというデメリットもかなり大きいと思う。
千葉の停電がきっかけで小池百合子・東京都知事が「無電柱化の加速を」と訴えていた。東京都のように金のある地域はいいが、地方では簡単に進められるような話ではない。地中化のメリットばかり語られているが、デメリットの意見があまりないのが気になる。本当に電線を地中化しても災害時に早く復旧できるのだろうか。コストに見合ったメリットなのだろうか。

日本人はこうした方がいいということにすぐに飛びついてしまうが、少なくとも既存の住宅地の電線地中化は不要に思える。
こういうことは費用対効果で考える必要がある。

このページのトップヘ