先っちょマンブログ

20170921-1

私が仕事で作っている製品は海外の半導体工場で使われているので、トラブル対応で海外出張をすることがたまにある。トラブル対応で客先に行きたくはないが、行き先が海外だと話は別だ。
今のところ、台湾、韓国、中国の3つしか行き先がないが、台湾でも韓国でも中国でも1週間くらい出張するのは楽しくていい。
台湾はプライベートでも行くくらい好きで、韓国と中国は嫌いだが、短期滞在なら観光客気分で過ごせる。

それが長期滞在になると話は違ってくる。「台湾はいいところだ」などといっても、ちょっといる分にはいいだけで、長いこと住んだらイヤなこともたくさん目につくに違いない。韓国や中国なら尚更だろう。

私は韓国や中国が嫌いだが、同じくらいインドも嫌いだ。そのインドに仕事で長期間滞在せねばならない危機に晒されている。インドのとあるインフラプロジェクトに参加している日本企業から製品の引き合いがあり、採用されればシステムが安定稼働するまでテスト段階から立ち会うために1年ほど技術者を派遣しろなどと言われているのだ。
派遣する技術担当は仕事の内容的に私か先輩社員かのどちらかしか選択肢がない。ピンチである。

心情的にイヤというだけでなく、家庭の事情もあるのでインドに1年なんぞ行っていられない。まだ韓国や中国ならすぐ帰ってこられるからいいが、インドだとそういうわけにもいかない。
「もし自分になったら会社を辞める」と同僚と話した内容が上司には伝わっているが、どうなるか分からない。

私がインドを嫌う理由はいくつかある。

まず、とても不潔そうなところだ。私は潔癖症ではないが、不潔なのは苦手だ。台湾の夜市の食べものが口にできるギリギリである。台湾で大きい方を催したとき、デパートなど比較的キレイなトイレでしか用を足せない。
私のインドのイメージは映画「スラムドッグ・ミリオネア」であり、あんなところで飯を食ったり用を足したりは死んでもできない。

会社の先輩は「会社は治安の良い高級住宅地に住居があてがうから大丈夫」などというが、自分の家でしかウンコをしないなどということはあり得ないだろう。私はすぐに腹を壊す。インドではマクドナルドで頼んだドリンクに入っている氷で腹を壊すと聞く。そんな人間はトイレの心配をせずにはいられないのだ。

そもそもの話として、インドはトイレ事情が悪い。ナショナル・ジオグラフィック誌でインドのトイレ事情を特集していた。インドでは人口の4割にあたる5億7千万人が屋外で用を足しているという。トイレのないところで立ちションしたり、野グソをするのだ。自分の家にトイレがあっても野グソをするインド人が多いという。

インドのトイレは汲み取り式のところがまだ圧倒的に多いが、その汲み取りの仕事は不可触民しかできないのが屋外で用を足す理由らしい。カースト制度の範囲外、最下層にいるのが不可触民であるが、最近は地位向上のために汲み取りの仕事などの仕事を拒否する人が増えてきた。そのため、汲み取り業者が極端に減り、汲み取りが高く付くようになった。
そうかといって、自分で汲み取りをすることはできない。汲み取りは不可触民の仕事であり、そのような仕事をやるわけにはいかない。
だから、自分の家にトイレがあっても汲み取りがままならないので使用できないという。

誰がそんな国に行きたいと思うのか。

このトイレの話に関係しているが、差別が著しいのもインドが嫌いな理由だ。カーストにまつわる差別が未だ根強く残っているし、女性差別も酷い。インドでは寡婦が夫の亡骸と一緒に焼身自殺をするサティーという風習があり、一緒に火葬されないにしても、未亡人が親族によって焼殺されることがよくある。女の人権は認められていないから、サティーを理由に燃やしたり、バスの運転手と乗客が女性の外国人観光客をレイプするのだろう。

カースト制度では、異教徒は不可触民と同じ身分制度の最下層に位置される。だからインドのイスラム教徒はヒンズー教徒にボコボコにされて殺される。カーストの枠外にいる最下層の異教徒などぶち殺して構わないのだ。殺していけない異教徒はカネ持ちだけである。

インドではしょっちゅう職業を尋ねられる。私のような外国人は不可触民と同じ身分であるが、職業である程度値踏みされるのだ。インドで職業を訊かれ、労働者と答えてしまうと差別されるハメになる。
カースト制度ではその身分によって職業が決められているわけだが、私のようにIT企業に勤める場合はカーストによる制限がないため、カーストのどの身分にも当たらない。
これがあるので、インドでは差別される身分の人がこぞってIT企業に就く。制限がないので誰でもIT企業に就職できるのだ。

話を聞けば聞くほど、インドという国が嫌いになる。不潔で差別だらけ。そのうえ、怠惰な人間が多く、それと同じくらい狡猾な人間も多い。インド人の価値観は日本人と大きくかけ離れている。

日本では「中国に対抗するためにインドと友好関係を結ぶべき」という意見が多いが、個人的にはそれでいいのかと思ってしまう。安倍首相はインドのモディ首相のことを随分信用しているようだが、モディ首相は信用できてもインドという国は中国と同じくらい信用できない。

そんな国に1年も滞在することなどまっぴらゴメンだ。インド案件がなくなるよう祈るような気分で毎日を過ごしている。

20170920-1

昨晩の「報道ステーション」を見ていたら、アメリカのトランプ大統領が国連演説を行う直前の様子を伝える中継に入る前に、富川キャスターが「金正恩政権は極悪なならず者政権だそうです」と視聴者に向かって話していた。
トランプ大統領が北朝鮮の金正恩政権について「極悪なならず者政権」と糾弾すると前もって情報が流れていたためであるが、なにか含みのある言い方だった。

前情報どおり、初めて国連で演説を行ったトランプ大統領は、北朝鮮やイラン、ベネズエラを「ならずもの体制だ」と指摘したうえで、金正恩について「ロケットマンは自殺任務に突き進んでいる」と述べ、弾道ミサイルと核爆弾が体制崩壊に繋がるとした。
「米国はあらゆる手段を講じて自国と同盟国を防衛する」と主張し、もし北朝鮮が軍事行動を取れば北朝鮮を「完全破壊する」と明言した。

実際に北朝鮮とアメリカが軍事衝突すれば韓国も日本のタダでは済みそうになく、実際にアメリカが軍事行動に踏み切るかは分からないが、脅しとしては効いたようだ。聞いていられなくなった北朝鮮の代表が抗議の意味を込めて議場から退場した。
また、北朝鮮を完全破壊すると言及したときには、議場でどよめきが起こった。
かつてない国連演説だった。

トランプ節が炸裂したわけだが、この人はTPOをわきまえることをせず、どこでも同じように振る舞うことがよく分かった。変にいい子ちゃんぶるよりはいいだろう。

また、トランプ大統領は北朝鮮に言及したときに「日本人の13歳の少女が拉致された。彼女はスパイの養成に利用された」と拉致被害者の横田めぐみさんのことに触れ、北朝鮮を「すさまじい人権侵害を行っている」として非難した。
これまで日本がどれだけ訴えても、アメリカの大統領は適当に聞き流すだけだった。しかし、トランプ大統領は国連の場で北朝鮮による拉致問題を強く非難した。これは北朝鮮に対する強いメッセージになるだろう。横田早紀江さんが解決への糸口になるのではと期待するのも当然だ。

アメリカ政府も日本政府も多くは語らないが、トランプ大統領による国連での拉致問題の言及は安倍外交の賜だろう。
安倍首相は拉致問題を解決するつもりがないのではないかと言われていたが、実際はトランプ大統領本人やアメリカ政府に強く掛け合っていたし、拉致議連の訪米なども後押ししていた。
産経新聞によると、拉致議連の訪米団から強い要望を受けた国家安全保障会議の上級部長が「間違いなく拉致問題を大統領に伝える」とし、「米軍がひとりの仲間も残さないように、拉致被害者も残さない」と明言したそうだ。

安倍首相や安倍政権について、国内問題については賛否両論あるわけだが、外交に関してはなかなかうまくやっていると思う。アメリカに関しては今度のトランプ大統領の国連演説もそうだし、オバマ前大統領の広島訪問も実現させた。
今月19日に日米などの安全保障関連法案の成立から2年が経ち、法案成立や米イージス艦への洋上給油を行っていたことを批判するニュースが多かった。昨日見ていた「報道ステーション」でも、よく分からないデモに参加している市民活動家の声を取り上げて安倍政権を批判していたが、結果的には今のところプラスばかりである。

安倍首相の外交的嗅覚はものすごいものがある。トランプ大統領の国連でのもの言いについて、批判する有識者も多く出るだろうが、拉致問題の言及には誰も文句は言えない。アメリカをうまく引き込んだ安倍首相の辣腕は評価されるべきだろう。単にアメリカにヘーコラしているだけに見えても、ここぞというところでうまくトランプ大統領を操っているようにも見える。
民進党の政治家でこれと同じことができる政治家がいるだろうか。

国会は10月22日投開票の解散総選挙でほぼ決まりのようだが、まるでそのことを見越したようにトランプ大統領が国連演説で拉致問題に言及し、安倍首相の評価が高まった。トランプ大統領など誰もコントロールできないだろうが、彼の言動をうまく見越して支持率アップを計算していたのならスゴイというほかない。

トランプ大統領による国連演説での拉致問題言及だけに留まらず、拉致被害者の奪還にまで至ることを切に願う。そうなれば、安倍首相は間違いなく歴史に名を残す名宰相となるに違いない。

20170919-1

私が今の会社に入社して数年目のとき、自分が任されていた製品の量産について、部品の納期や入庫時期について細々とした問題があったため、自社の調達部門の課長に「打ち合わせしませんか?」とメールを出したことがあった。
その年に課長に昇進したその人は、「社員が課長に対して打ち合わせしようとはどういうつもりか。部署の上司を通して提案してこい」という返事があった。
このブログを読んでいる方はご存知かと思うが、私は瞬間湯沸かし器のような性格かつ上司にも楯突くタイプなので、その物言いにムカっと来てメールの返事もせずに無視して、打ち合わせもしなかった。

そいつは昇進試験に合格して課長になった途端、部下の前で「課の予算配分はオレが決められるから、オレは新しいノートパソコンいくらでも買えるわ」と吹聴したり、「自分の仕事は部下に指示を出すだけなので自宅でもできるから在宅勤務を認めるべき」と会社に進言した。
さらに、調達部門の責任者として、社外である販売代理店の営業に傲慢な態度で振る舞っているのが目に余ると直属の部下の同僚から聞かされた。

自分が上の立場に立つと急にエラそうになるヤツがいる。そのうえ、部品を調達するという客の立場になり、「オレが買ってやっている」と勘違いをして「お客さまは神様です」という言葉を履き違えてエラそうな態度になる。
人格が歪んでいるどうしようもないクズで、こんなヤツが社内の対外的な仕事をする部門にいることが恥ずかしくて仕方がなかった。

ただ、こういうアホはすぐに排除される。すぐに調達部門から外され、生産部門で工場のよく分からない部署に配置換えされた。要するに飛ばされたわけだ。ざまあ見ろと思わずにはいられなかった。

自分より下の立場の人間がいると見るやエラそうな態度を取るヤツは性格上問題がある。軍隊でもあるまいし、上司だから、先輩だからという理由で無条件でエラいわけがないし、部下に対してどんな口の利き方をしてもいいわけではない。

だから、豊田真由子・衆院議員(埼玉4区)は暴言暴行報道が出たとき、「コイツは人間としてダメだ」と思った。秘書がポンコツすぎてムカつくような失敗を繰り返したかも知れないが、ヒステリックに怒鳴り散らし、車の後部座席から頭をどつくとか考えられない行動だ。その秘書を雇ったのはてめえじゃないか。

豊田代議士は6月に週刊新潮に報じられて以降ずっと雲隠れしていたが、昨日18日(月)に地元で説明会をしたあと記者会見を開いた。前日には情報番組の単独インタビューでなにやら釈明をしていたが、記者会見でも同様だった。
「秘書のミスが重なり、パニックになっておかしくなった」と録音テープの存在が明らかになっている10日間だけ気が変になっていたと彼女は主張した。

どう考えても元々の性格に問題があったとしか思えないのだが、秘書がミスを繰り返したことが根本的な原因とし、都合よく10日間だけパニックになって自分でもよく覚えていない行動を取ったと豊田代議士は言うが、その言い分は殺人鬼の主張と同じだ。
「極度の興奮状態にあり、我を忘れて人を殺してしまった。だから無罪です」という主張と、「秘書がミスったせいでパニックになり、我を忘れて暴言を吐いてしまったようです」のなにが違うのか。

豊田代議士はあまりにもミジメだ。周囲に適切な苦言を呈してくれる人がいないために「10日間だけおかしくなっていました」と、およそ世間一般では受け入れられないような言い訳をしてしまうのだろう。この釈明を訊いて、「秘書がバカすぎたから一時的におかしくなってもしょうがないね」と誰が思うのだろうか。
ここは全面的に非を認め、「私が悪かったので反省しました。これからは言動に気をつけます」と謝罪したほうがまだ100倍マシだった。

それでもそれはプライドが許さないのだろう。世間に釈明をしたいが、自分が悪かったと認めるわけにはいかない。あくまでも秘書が悪く、そのせいで一時的におかしくなったと。「ハゲ」だのなんだの言っているのは、本当の自分ではない。

それに、一時的におかしくなっていたという釈明は危険に満ちている。週刊新潮がまだどんな録音を持っているか分からない。豊田事務所の職員がバラエティ番組に出演したおり、豊田代議士に叱責された職員の多くはICレコーダーを持っていると語っていた。ほかにどんなものが出てくるか分からない。

それでも秘書が悪く、自分は一時的におかしくなっていたと釈明をするところこそが、本来の豊田真由子という人物なのだろう。自身を客観的に評価できず、適当に釈明すれば東大を出ていない世間のアホどもは騙されるだろうと考えているわけだ。ついでに、記者会見中に耳鳴りが聞こえるとうずくまったり、ちょっと涙を出して見せれば一丁上がり。
ムダにプライドが高いだけの女政治家の末路であろう。

彼女は次の衆院選の出馬をまだ諦めていないという。解散風が吹いて記者会見に出てきたのだろうが、ある意味ものすごいメンタルの持ち主である。記者会見で泣いたり笑ったりし、責任は秘書にあると主張し、自分はただの被害者であり、大した問題はないからまだ政治家を続けるという。
豊田代議士は人格的に問題がある。政治家はおよそそういうものかも知れないが、このようなサイコパスまで政治家になっていいとは思わない。しかし彼女は自分の客観的評価ができないから、世間にどう思われているかなど死んでも関係ないのだろう。自分は東大出身の官僚経験者で完全無欠の無謬の存在。少しボロを出してしまったが、自分ほど政治家の器がある人間がいるわけない。

この厚顔無恥や強心臓は政治家向きかも知れないが、どうせ政治家を続けたところで同じ失敗を繰り返すに違いない。彼女のああいう性格は死ぬまで直らない。
世間はそれをよく分かっている。分かっていないのは高すぎるプライドを持つ本人だけである。

このページのトップヘ