先っちょマンブログ

20190319-1

私が住む滋賀では大部分のスーパーがレジ袋が有料だ。正確にいうと一部のスーパーだけが無料で、ほとんどの業者が滋賀県が定めた「レジ袋削減の取組に関する協定」に参加しているために大部分のスーパーで有料になっている。
普段スーパーで買い物をすることはないが、たまに嫁さんが旅行に行っているときなどにスーパーに行き、エコバッグを持っていないことを思い出して5円出してレジ袋を購入することになる。それを何度か繰り返したので、通勤に使うカバンとプライベートでよく使うカバンに300円ショップで買ったエコバッグを入れておくようになった。

そのおかげで、海外出張のときに現地のスーパーやコンビニでなにか買ってもエコバッグがあるので困らない。台湾でも中国でも韓国でも、レジで会計するときに店員がなにかを話しかけてくる。おそらく「レジ袋を購入するか?」という質問で、持っていないなら必要であることを伝えないといけないので面倒だ。だがエコバッグを持っていれば、予めそれを出しておいて入れる気満々の雰囲気を出していれば店員は質問してこない。
それを考えると、急な海外出張があり得る身としては通勤カバンにエコバッグを入れておく必要がある。スーツケースの中に入れておくなどしたら、出張先でそれを出し忘れたりするから常に持ち歩いていた方がいいのだ。

もう何年も前からこれだから、政府が全国一律でレジ袋有料化を義務付ける方針を出したところで特に不満に思わなかった。大阪や京都、兵庫あたりだとどこのスーパーでもレジ袋をくれるので、滋賀と違って便利だとは思うが、レジ袋を持ち歩く習慣が身に付くと大して気にならなくなる。
嫁さんは常に3つくらい持っていて、スーパーでカゴ2杯くらいの買い物をしても問題ない。3個持ち歩けとはいわないが、1個くらい持ち歩いて構わないだろう。

コンビニの場合、冷たい飲み物と温めた弁当を買った場合、一緒の袋に入れにくいが、そういうときは金を出して買えばいい。
個人的に問題なのは買う量が多くなるホームセンターで、大きい袋が3つ4つになる場合があるが、どうせ車への積み下ろしだけなのでスーパーのカゴみたいなのを自分で買っておけばいいのかも知れない。

政府がレジ袋削減強制の指針を打ち出したとき、ネット上で相当不満の声が上がっていた。「プラスチックごみに占めるレジ袋の割合は大きくない」というのが多かったが、そんなことを言っていたら何も進まない。プラスチック製ストローと違ってレジ袋は代替品がいくらでもあるのだから、やらないよりはやった方がいい。
滋賀でレジ袋が有料になって最初は不便だと思ったが、すぐに慣れた。不満があってもすぐに慣れる。

滋賀県のホームページを見ると、レジ袋削減の取り組みによって、この5年の間にスーパー1店舗あたりの平均で1年間にレジ袋45万枚、原油削減4700リットル、CO2削減14トンの実績があったという。

【滋賀県】レジ袋削減の取組について

1店舗あたり1年でCO2削減14トンが多いのか少ないのか分かりにくい。
エアコンの設定温度で暖房を1℃下げる、冷房を1℃上げることで一家庭あたり月3キロCO2が削減できるそうだ。1年のうちエアコンを使うのを7か月とすると、一家庭あたり年間21キロ。1店舗14トンという量は、700件弱の家庭が省エネでエアコンの設定を1℃変えるのと同じくらいだろうか。
そうやって考えてみると、それなりのCO2削減効果があるように思える。

外国人が日本に来ると、スーパーやコンビニで売られている食品の多くがプラスチックや発泡スチロールの容器に入っていて、レジでも過剰にビニール袋をくれると口を揃えて言う。日本は海外に比べて非エコなのは間違いない。
海外みたいに魚の切り身や飯をビニール袋に入れられるのはゴメンだが、無料レジ袋くらい廃止しても構わないだろう。そうでもしないと示しがつかないってもんである。

スーパーで貰ったレジ袋は、家でゴミ箱にセットされ、ゴミを入れられる用途に使われることが多いだろう。無料で貰えなくなると100円ショップで買うことになり、結局エコにならないかも知れないが、それでも全員がそうするわけではないし、一定の削減効果はある。
なにかやっているということを世界に示すためにも、レジ袋の有料化なんぞさっさと進めたらいい。繰り返すが、そんなもんはすぐに慣れる。レジ袋をなくすのではなく、5円だか10円だか出せば買えるのだから不便もしない。不満に思うのは最初のうちだけだ。

20190318-1

フジテレビの月9枠で放送された「SUITS/スーツ」は久々に見た日本のドラマだったが、継続して見ていられなかった。アメリカの弁護士ドラマのリメイクで、原作を見ているのでどんなもんかと思って見たのだが、3話目くらいで見るのに耐えられなくなった。寒気がするほどの織田裕二の臭い演技が鼻につき、見ることが苦痛に思えてきたので見るのをやめてしまった。
視聴率が振るわなかったそうだが当然の結果だと思う。

この1~3月期はそれとは別にTBS日曜9時の日曜劇場で「グッドワイフ」という、これまたアメリカの弁護士ドラマのリメイクが放送された。アメリカの原作の方は「SUITS/スーツ」よりも何倍も好きで思い入れがあったので、こちらも見てみることにした。結果、そこそこ面白かったのだが、原作ファンとしてはモヤモヤが残る内容でもあった。

まず気になったのが登場人物の違いだ。
弁護士事務所の代表である神山佳恵(賀来千香子)が、原作のダイアン・ロックハートと比べて存在感ゼロ。原作のやり手ババア感がまったくない。
主人公の蓮見杏子(常盤貴子)のライバルだった朝飛光太郎(北村匠海)は原作のケイリー・アゴスと違ってチャラチャラしているし、主人公に恋している多田征大(小泉孝太郎)は原作のねちっこさがなく爽やかに。主人公の夫の蓮見壮一郎(唐沢寿明)も原作の油ギッシュな感じがなかった。

ただまあ、登場人物が原作とまったく同じだとリメイクする必要もないわけで、違っていても構わないのだが、アメリカの司法制度に関連するストーリーを日本のそれに強引に当てはめたのがかなり苦しかった。
原作では主人公の夫は州検事で、女性と汚職のスキャンダルで辞任することになる。日本版でも同じで、女性問題も大きく取り上げられていたのだが、日本版は東京地検特捜部長という立場だ。州検事は選挙で選ぶので有権者に広く知られているが、東京地検特捜部長などほとんどの日本人は名前も顔も知らない。それの浮気なんぞ大ニュースになるだろうか。

また、原作の面白さは弁護士事務所内での足の引っ張りあいや他事務所への引き抜きにあった。裏切ったり裏切られたりがあって、クライアントの争奪合戦が熾烈だった。しかし、日本の法律事務所ではそういうのがあまりないせいか、弁護士業務のゴタゴタはドラマで一切描かれなかった。それどころか、主人公が勤める弁護士事務所の他の弁護士はまったく出てこなかった。原作には底意地の悪い策略家の離婚専門弁護士とか、パートナーとしての票のために存在するロートル弁護士などがいて、それぞれ味があってよかったのだが。

「グッドワイフ」は原作のいい部分があまり引き出せてないような気がしたが、まあ10話しかないのだからしょうがないのかも知れない。それはそうなのだが、日米の違いでもっとも気になったのが、日本版はあまりに人情噺が多すぎるというところだ。

2話で出てきた事務所の3人目の共同経営者である神山大輔(橋爪功)が飲酒運転をして物損事故を起こしてしまうのだが、実は神山が認知症を患っていたというのは原作にまったく同じ話が出てくる。日本版では当人が賀来千香子の父親になっていて、ギクシャクしている親子のドラマが展開するうえに、飲酒運転していなかったという証拠を死んだ神山の妻が残したものの中からヒントを得る。
夫婦の絆とか、修復された親子関係とか、このような話は原作には一切なかった。

また、最終話の10話では、夫の浮気相手だったことで嫌っていた円香みちる(水原希子)に対して蓮見杏子が「やっぱり嫌いになれない」と発言し、円香が涙を流していたが、原作にはこんなシーンはないし、あるはずもない。原作のカリンダはこんなことで泣くようなタイプではないし、そもそも女の友情みたいなものも存在しない。

日本版を制作するにあたって、なぜこのような人情噺がてんこ盛りになったのだろうか。これら以外にも、検察の佐々木達也(滝藤賢一)が上からの命令で不正をして、それがバレて飛び降り自殺していた。それもいかにも日本っぽいし、「強い検察にして欲しい」という佐々木の意思を受け、検事正になった主人公の夫が奮闘するのもいかにも日本っぽい。
正直、そこらへんの日本臭さ漂う展開が好きになれなかった。

日本人はどうしてこうお涙頂戴の人情噺を好むのだろうか。日本人というよりも、どちらかというと東京の人間が人情噺好きなのかも知れない。
人情噺は落語のジャンルであるが、「芝浜」などの古典落語の人情噺はもっぱら江戸落語で演じられていて、上方落語では一般的ではなかった。落ち(サゲ)のない話を上方の人間が好まなかったのかも知れない。
個人的にはしんみりいい話の落語は好きではないし、法廷ドラマに人情とか友情の話もいらないと思う。

日曜劇場「グッドワイフ」は悪くはなかったが、それほどいいというわけでもなかった。これは原作を見ていて、原作に思い入れがあるから感じるものだろうが、原作ドラマの面白い部分を省き、余計な人情噺を追加したことでそうなったと思われる。
お涙頂戴的な人情噺を追加することが日本のローカライズならば、今後は米ドラマのリメイクをする必要はないと思う。そういうのは、日本オリジナルの湿っぽいドラマでやっておけばいいように思う。

20190317-1

戦艦で宇宙人の宇宙船と戦う映画「バトルシップ」で、宇宙船の飛来を察知した天文台の研究者が飛来の目的について話をしていた。そこで、アメリカ大陸を発見したスペイン人がネイティブアメリカンになにをしたか考えれば目的はすぐに分かるという話が出ていた。
わざわざ地球くんだりまでやってきた宇宙人が、地球人と友好を図ろうなどと思うわけがない。居住地や資源を求めてやってきたのは当然で、土着の生物と共存しようとするわけがない。
これは地球人的な考えなのかも知れないが、少なくとも人間の歴史ではそれが繰り返された。

スペインやポルトガル、イギリスなどの国の連中は大航海時代に北アメリカや南アメリカ、オーストラリアなどに侵出して、現地の人間を虐殺した。映画では未開で残虐な土人が白人を襲うことが多いが、実際はよそに攻め込んで現地人を虐殺する白人連中の方がよほど残虐である。
白人は現地人を殺すだけではなく、その土地固有の動物も多く狩っていくつもの種を絶滅させてしまった。

だからニュージーランドで起きたモスク襲撃によって50人以上のイスラム教徒が殺されたテロ行為もさもありなんという感じだ。白人の単独犯が頭部に付けたカメラで生中継しながらモスクで銃を乱射したわけだが、犯人のオーストラリア出身のブレントン・タラント(28歳)という男は海外掲示板の「8chan」に「侵略者たちへの攻撃を実行することにした」と書き込み、生中継するFacebookアカウントへのリンクを紹介していたという。
歴史的に見れば、オーストラリアやニュージーランドに住む白人こそ元祖侵略者なのだが、ナチスを崇拝する極右の白人至上主義者にはそんなことは関係ないらしい。

実行犯はモスクを襲撃して逃げ惑う人を撃ちまくり、死体をさらに撃って念入りに殺害していた。さらには外に逃げる女性を撃ち、道路に横たわって助けてと叫ぶ女性の頭部を撃っていた。まさに鬼畜の所業である。
20190317-2

このブレントン・タラントという男は74ページにものぼる文書を自らの思想信条のマニフェストとして公開しており、そこにこう綴っていた。

20190317-3
私は主にオズワルド・モズレー卿(イギリス・ファシスト同盟の指導者)の見解に賛同しており、私自身、本質的にはエコファシスト(環境保護などを理由にした排他主義・人種差別主義者)と見ている。
私に最も近い政治的、社会的価値観を持つ国は中華人民共和国だ。
思想が近い国としてタラントが挙げた中国は、イスラム教徒であるウイグル人を厳しく弾圧している国である。つい最近も産経新聞が社説で中国のウイグル弾圧を批判していた。
中国がテロリストに称賛されるとは皮肉なことだ。中国からしてみれば流れ弾が飛んできたようなものだろう。

タラントがイスラム教徒の移民で溢れかえるフランスを嘆いていたこともテロの動機のひとつだろうが、ニュージーランドはイスラム教徒の移民が1%しかいない。そんな国でイスラム教徒排斥を訴えてテロを起こしたところで、単にイスラム教徒より先にテロによる大量殺人をやっただけに過ぎない。

宗教的信条によるテロや殺人は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教という同じ唯一の神を信仰する宗教の信者が起こすことがほとんどだ。大部分がイスラム教徒がやっているわけだが、それでイスラム教徒を憎んだとしてどうして同じことをやってしまうのだろうか。イスラム教徒が憎いからといって、イスラム教徒のテロリストを同じことをしていては、ただのバカではないか。なぜバカは別のバカと同じ土俵に上がりたがるのか。

日本ではこのような人殺しはまだないが、愛国者を自称するバカな連中が嫌韓デモを実施し、一部は「朝鮮人を殺せ」などと訴えている。韓国人が反日デモをやって、日章旗や安倍首相の写真を燃やしているのを見て、自分たちも同じことをやっている。バカはバカがやっていることに感化され、同じことをやってしまうに違いない。

日本では口だけでいきがっているアホみたいな連中の小規模デモで済んでいるが、韓国や中国で日本人の虐殺事件でも起きたら、きっと日本で同じことをやるヤツが出てくるに決まっている。
そんなことにならないよう祈るばかりだ。

このページのトップヘ