先っちょマンブログ

20180719-1

テレビのニュース番組を見て、嫁さんが「このオバサン最近見なくなったね」と言ったオバサンが小池百合子だった。
政界渡り鳥と揶揄された女政治家が自民党の総裁選で石破茂に付いて安倍首相に冷遇され、都民ファーストの会をぶち上げて都知事になり、その勢いで希望の党で手下を国政に送り込もうとしたものの失敗。
小池百合子が注目されなくなったのは、その希望の党の失敗と、築地市場の移転に関するゴタゴタによって都民のみならず国民から見限られたためだろう。並み以下の政治家であることがすぐに露見してしまい、急速に有権者の興味が薄れて、今も現役の都知事ながら「あの人は今」状態になってしまった。

その間に出てきた小池百合子の目立ったニュースは、「カイロ大学を主席で卒業」という経歴がウソではないかという文藝春秋による学歴詐称のニュースだけだった。
小池百合子は世界一難しいとされるアラビア語を話せることになっているが、アラビア語ネイティブのフィフィなどによると卒論を書いて大学を出られるようなレベルには到底到達しておらず、卒業証書なる文書もあやしさ満点だそうだ。
小池百合子がカイロ大学を出ていようがいまいが今さらどうでもいい。築地市場の豊洲移転のマッチポンプと相次ぐ先送り、不透明な決着を見ればどれだけ程度の低い政治家であるかはすぐに分かる。政治家は学歴で判断するものじゃないし、政治家が元々ウソつきなのは百も承知だ。

小池百合子は東京五輪の予算の適正化も公約に掲げていたが、結局中途半端に終わった。一部協議を横浜市に押し付けようとして断られるなど、豊洲と同じグダグタ感が漂うだけだった。

小池百合子の東京都知事としての実績があるのか知らないが、東京都議会が成立させた受動喫煙防止条例はよかった。小池百合子の方針がふんだんに反映されているという。
国会で成立された受動喫煙防止法はハッキリいってザルみたいなもんだ。大手飲食チェーンが禁煙になるくらいの影響しかないだろう。タバコ関連企業や団体の手先となっている議員の頑張りで、腑抜けみたいな法案になった。客席面積100平方メートル以下、資本金5000万円以下の既存店は喫煙可のままだ。この条件では全国の半数の飲食店が現状と同様に喫煙可のままにできる。
一方、東京都の条例では従業員を雇っている飲食店が全面禁煙となるため、家族でほそぼそとやっている飲食店以外は軒並み禁煙となる。喫煙可にできるのは全体の15%程度しかないと見られ、かなり効果的だ。

私は喫煙者ではないが、学生の時分に喫煙していたので、タバコを吸いたくてしょうがない喫煙者の気持ちはある程度分かるが、わざわざ飯の席で吸う必要などない。
たまにファミレスで飯を食べながらタバコを吸っているヤツがいるが、飯を食っている間もタバコをガマンできないくらいのヘビースモーカーがいることが信じられない。居酒屋で酒を飲んでいるときにタバコを吸いたくなるのはまだ分かるが、ガマンすればいいだけに思える。
食事が終わってから外で吸う、飲み会で中座して外で吸う。2階にある店など、外で吸えない場合もあるだろうが、基本的にそれでいい。飲食店は全面禁煙にすべきだ。

健康増進とか受動喫煙防止という理由がつけられているが、簡単にいうと嫌煙法、嫌煙条例である。飲食店で居合わせた隣の客が吸っていたタバコの副流煙で直ちに健康被害が出るわけないし、それが週に何回かあっても何の影響もないだろう。単にタバコを吸わない人間にとって、タバコがめちゃくちゃ不快だから飲食店での禁煙は進めるべきなのである。
喫煙者がある程度理解しているといっても、タバコの匂いがどれだけ酷いか気が付いていない。ヘビースモーカーはタバコを吸っていなくてもカラダからタバコの匂いがするが、不快このうえない。しかし、本人はタバコ臭いことをあまり分かっていない。

それに、他人が吐き出すタバコの煙を吸うことは、他人が吐いたゲロを口にするのと大して変わらないということを喫煙者は理解すべきだ。煙は粒子であり、その粒子を喫煙者がいったん肺に取り込み、吐き出したものを他人が吸うわけだから、いったん胃に取り込んだ食べものをゲロとして吐き出し、それを他人が食べるのとシステムは同じなのである。
それをイメージすれば、喫煙者の煙がどれだけ不快か想像つくだろう。どこかの知らないオッサンが肺に取り込んだ粒子を吸わされることほど不潔なことはない。

日本は禁煙に関しては後進国だ。韓国や台湾でも飲食店では一切禁煙なのに、日本だけ子供が出入りするようなファミレスでも喫煙可だったりする。喫煙席と禁煙席に分かれていても、なんの間仕切りもなく、なんの意味もなさない店も多い。
韓国出張のときに居酒屋で飲んでいると、隣のオッサンふたりが急に立ち上がって店から出ていくので食い逃げなのかと思ったら、ドアが開けっぴろげに店の前でタバコを吸って立ち話をし、タバコの吸い殻を道路に投げ捨てて席に戻ってきた。店内禁煙だから、とりあえず外に出て吸っていたわけだ。
それがいいかどうかは分からないが、少なくとも日本でやっていることよりも意味がある。

国会で成立した受動喫煙防止法は、飲食店全面禁煙には程遠い内容だ。結局、居酒屋で誰かのタバコの煙を吸わされることになるに違いない。
それに対して東京都はもっと踏み込んだ禁煙条例にしたのだから、小池百合子が主導したのであれば、その点だけは褒めていいと思う。

国も小池都政に倣って受動喫煙防止法をもっと厳しくすべきだ。こんなことを言う日が来るとは思わなかったが、いいことはいいと受け入れるべきなのである。

20180718-1

東洋経済オンラインにペットに関する非常に興味深い、身につまされる記事が掲載されていた。ペットの安楽死に関する記事だ。

【東洋経済オンライン】ペットの病気、「安楽死」というタブーの真実 (2018/07/18)

日本人はカネの話や安楽死の話をタブーにしていて、カネや安楽死の話をすると心ない人だと思われるのではないかと皆が漠然とした恐怖を抱いている。しかし、カネもペットの命も非常に重要な話で、それを避けていることは無責任であるとしか言いようがない。

身につまされる記事だと感じたのは、我が家で飼っている柴犬が13歳半の老犬となり、いろいろ調子が悪くなってきているからだ。人間でいうと70歳くらいであるが、ここ数か月で急にトボトボ歩くようになり、段差の上り下りをいかにもしんどそうにするようになった。いかにも老いを感じるような振る舞いになってきた。

犬は年をとると足腰の筋力が落ちてそうなりがちなのだが、急にそうなったことと、腰あたりを触るとめちゃくちゃ怒ることから、腰が痛いんじゃないかと思って病院に連れて行った。
先月、狂犬病の予防接種をしたときに少し相談したときは「老化かも知れません」と獣医師に言われたが、改めて診察して貰うと、ミニチュアダックスがよく罹患する椎間板ヘルニア、もしくは人間でいう脊柱管狭窄症のような症状による腰痛、神経系の病気である馬尾症候群の可能性があるという。

ちゃんとした診断をするには全身麻酔をかけたうえでのMRI検査が必要で、1回あたり7~8万円するという。
犬の全身麻酔には死亡リスクがあり、さらに検査だけで軽々しく8万円かかるのでは飼い主に負担がかかるので、まずは薬で経過観察をするよう言われた。医療費が高額なので、効果があるか分からない薬の服用は人間はあり得ないが、そういう手法を取ると獣医師が説明していたのだが、個人的には好意的に感じた。すぐに検査や手術を勧める獣医師がいるが、非常に現実的な対応だと思う。
かかりつけの近所のその動物病院は、先進医療を行っているとしてペット番組で何度も取り上げられている病院なのだが、患者が多い分、獣医師に余裕があるのかも知れない。

我が家の犬はペット保険に加入していない。飼い始めたときに探してみたのだが、人間の医療保険よりも適用条件が厳しいうえに回数制限もあり、保険適用されても治療費の半額負担が多く、加入を思いとどまった。なんだかんだで難癖つけられて保険適用外にされることがしばしばあると聞いていたので、そのように判断した。月1000円くらいだから入っておけばよかったかも知れないが、今さら手遅れなのでしょうがない。とりあえず、これまで我が家の犬は大病をしておらず、保険に入っていても使うことはなかったが、今後はどうなることやら。

とりあえずカネはあるので、10万円の検査やもう少し高い手術くらいなら構わないが、それが続くとなると大変だ。かといって、手術して治る病気ばかりでもない。老犬だから当然である。ある程度の負担は覚悟している。

そこらへんのカネの話はまだいいのだが、問題は犬の終末医療である。治療をしようがしまいが、最期に苦しんで死ぬ犬が多い。生きているだけで苦痛な状態で、常に鳴いてしまう犬もいるという。最終的に飼い主の方が気がヘンになって安楽死を選ぶ人がいるが、動物病院によっては安楽死をなるべく拒否するところがあるので、犬も飼い主もずっと苦しんで数週間、数か月過ごすことになることも多いという。

そのとき、安楽死の判断ができない飼い主が多いのは分かる。長らく飼ってきたペットを殺すという判断が簡単にできるわけがない。結果、先送り先送りでペットが苦しむ期間が長くなる。そして、「あれだけ苦しむなら安楽死をさせてあげればよかった」と後悔する。
そうかといって、さっさと安楽死の判断をしてしまうと、「ほかに選択肢があったのではないか」と悩むことになる。

ペットを安楽死させようがさせまいが、どう判断しても結局はあとで後悔することになる。これは人間の家族を見送るのとよく似ている。日本では安楽死できないが、がんで死んだ家族に対して、「ああすればよかった」とか、「もっとしてあげられることがあったのではないか」と皆が思う。

どう治療すればよかったとか、安楽死はどうすべきだったかの問いに対する正解などない。だからあとで悩んで当然。一番よくないのが、判断を迫られてから悩むことかも知れない。即断できないから先延ばしにして、治療費が嵩んだうえにペットも苦しんで、もっとも悪い選択になってしまうかも知れない。
だからこういうことは前もって考えておくに限る。我が家の老犬は腰が痛いかも知れないが、腰痛で安楽死する老人なんぞいないように、安楽死とは今のところ無縁であるが、将来的にどうなるか分からない。嫁さんとしっかり話をして決めておくつもりだ。

大人になってから自分で犬を飼い、これほどカネがかかるうえに、難しい選択を迫られることがあるのかと驚いた。前に飼っていた猫は交通事故で死んでしまったため、介護とか終末医療などは関係なかった。
ペットを飼っている人はペットの死で相当苦労をしているのだろう。多頭飼いならその苦労も数倍になる。
ペットを飼うのは購入したときよりも死ぬときの方が圧倒的にカネがかかり、かつ責任重大である。ペットは軽々しく飼うものではない。飼い始めることより、ペットが死ぬときのことをよく考えて飼うかどうかの判断をすべきなのだろう。

20180717-1

毎年、夏になるたびに「昔はこんなに暑かったっけ?」と思う。子供の頃、私の自宅には客間にしかエアコンがなく、特に暑いときに母親にエアコンを付けるようお願いしていたが、寝室にはエアコンなんかなかった。今ではエアコンなしで寝ることなんかできそうにないが、寝室は窓全開にして扇風機をかければ実際は寝られるとしても、リビングでエアコンなしで過ごすのはムリかもしれない。

日中に外に出ると太陽の日差しが強く、ジリジリと照りつけてくる。地球と太陽の距離が縮まったんじゃないかと思うくらいだが、実際は地球温暖化で少しずつ気温が高くなっているのだろう。
3連休、連休明けの連日38℃超えなどとニュースでやっている。昔は熱くても32℃くらいで、35℃を超す猛暑日などそうそうなかったように思える。

昔はいくら夏が暑いといっても、子供が外に出て遊んでいたもんだが、今のこの暑さでは外で遊ぶのはムリではないか。
大学に入るまで学校の教室に冷房なんぞなかったが、これだけ暑いと教室に冷房がないと勉強に集中できまい。「教室に冷房を設置するとか、子供を甘やかすんじゃねぇ」などと思っていたが、この暑さでは冷房設置もやむなしだ。

これが地球温暖化によるものなのか、それとも一時的な異常気象なのか知らないが、それでも年々気温が高くなっているように思えてならない。
夏のこの暑さもそうだが、冬も昔は水道管が凍らないように対策をしたり、カチカチに凍った水たまりを思い切り踏んづけたりしていたが、今では遥か遠い過去の記憶でしかない。
夏になると夕立があるが、現代の夕立は通り雨ではなくゲリラ豪雨だ。台湾など南の方の国に行くと夕方に雷を伴う豪雨があって、外にも出られなくなるのだが、日本も南の国とよく似た天気になりつつある。

熱中症で救急搬送された人が何百人とか何千人とかニュースでやっていたが、昔に日射病で大勢の人が救急搬送されたというニュースを見た記憶がない。国民がひ弱になったのではなく、単純に気温が高くなり、熱中症になりやすい環境が多くなったためだろう。

よく外国人から「日本の夏は地獄」と聞く。湿度が高くて蒸し暑いので不快感が高い。そのうえ、節電のために弱い冷房にしているところが多く、弱冷房に慣れていない国の人間には暑くてたまらないらしい。実際に台湾や中国、韓国あたりではドアを開けっぴろげにした状態で、冷房をガンガンにかけている店が多い。オフィスでも冷房の設定温度が22℃くらいだったりする。
台湾で電力不足のおり、設定温度を24℃に上げるよう言われた企業の人が「暑くてたまらん」とぼやいていた。その台湾人からすれば28℃設定の日本の冷房はないのと大して変わらないかも知れない。

原発停止による節電地獄だった2011年から7年経ち、多くの人が電力不足のことを忘れかけているが、職場の28℃設定を見るたびに思い出す。ただ、28℃では暑すぎるから手動で26℃くらいに下げている職場も多いだろう。
2011年は危機的状況が続いていたが、電力会社同士が電力を都合しつつ、火力発電をフル稼働させてしのいでいた。

今どうなっているのか関西電力のでんき予報を確認したら、今日は電力使用率が95%までいっていた。予備率5%であり、それが3%を切ると危ないそうだが、ギリギリである。昨日までの3連休も暑かったが、使用率は80%台の前半だった。休みの会社が多いので3連休は余裕があったが、この暑さが続くとそろそろ危険になる。
電力会社の人たちは賢いので、そういうのを見越してちゃんと発電所の都合をつけるのだろうが、個人的には使用率95%では綱渡り状態に思える。

2011年は東京電力管区で計画停電が実施され、いろいろ面倒なことが多かったし大変だった。計画停電のことなんか皆忘れてしまったかも知れないが、自宅に電力会社からどの区域に当たるのか通知が来たはずだ。
我が家は近くに救急病院があるため計画停電の範囲外だとの通知が来てガッツポーズを取ったことを覚えている。だから、無責任に「計画停電があっても関係ないし」と思ったものだ。今でもそう思うことがある。
喉元過ぎれば熱さを忘れる的な感じで電力不足の苦労を忘れてしまった国民に思い出させるため、計画停電が実施されてもいいんじゃないかと思っている。もちろん自宅が計画停電に関係ないからなのだが。
ただ、この暑さで計画停電が実施されてしまうと本当に死人が出てしまう恐れがあるので現実的には是が非でも計画停電を避けるべきだが、あったらあったでなんとなくボンヤリしてしまった節電の仕方や原発のあり方の議論がもう一度国民の間で行われるようになり、それなりに有意義であるように思えてならない。

このページのトップヘ