先っちょマンブログ

20180514-1

よく韓国人や中国人が日本に来て口を揃えて「日本の道路はキレイだ」と言うらしい。
日本に住んでいて、特にキレイだとは思わない。駅前あたりだと未だにタバコの吸い殻が落ちているし、誰がガムを道に吐くのか知らないが、黒くなったガムがへばりついていたりする。

だが、下を見れば自分たちが上にいることを相対的に感じられる。韓国に来ればそれを実感する。韓国の道路は日本と比べものにならないほど汚い。
2年前に来たときも汚いと思ったが、より都会にくれば道路のグチャグチャさは「北斗の拳」の世紀末を感じるくらいだ。
どのくらい汚いかというと、このくらい↓汚い。

20180514-2
ガラス瓶の破片も散乱しているので犬の散歩不可

日曜日の昼に撮影したものだが、土曜日の晩にゴミだらけになったのではなく、来たときからずっとこんな感じだ。

韓国人は日本人よりも圧倒的にモラルが低く、ゴミをそこらへんにポイポイ捨てまくる。日本の歌舞伎町も明け方に汚くなっていたが、モラルの低い人が集まると、誰かが平気でポイ捨てをするとそれが連鎖するらしい。
韓国の住宅街の道路はここまで汚くないが、それでも落ちているゴミはずっとそのままだ。ゴミが多いか少ないかだけ。

日本の場合、自宅の前の道路にゴミが落ちていたら家人が拾うし、店の前なら店員が閉店後や開店前に掃除をする。韓国人はそういうのを一切やらない。定期的に役所の清掃が入るのかも知れないが、掃除をすると損だと思っているのだろう。
私が宿泊しているモーテルはフロントのバイトをしている女の子が掃除をしていてホテル前の道はキレイだったが、ほかは本当にゴミだらけで足の踏み場もないほどだ。
ソウルの観光客向けの場所はそうではないかも知れないが、普段の飾らない場所がこうなのだから、これが標準なのだろう。

これと比べれば、韓国人が日本の道路がキレイだと言うのも頷ける。
一部の韓国人は自らのモラルが低いことを認めたくないためか、「日本は道路にごみを捨てると罰金が課せられるからだ」と吹聴するが、吸い殻のポイ捨ての過料はあるにしても、それ以外で罰金を取られた人などいないだろう。皆が掃除をするから、韓国より汚くないのである。

韓国と台湾が似たような感じだと思っている人もいるだろうが、道路に関しては台湾の方が圧倒的にキレイだ。台湾人も店員が店の前を掃除している。掃除しないのは韓国人と中国人だけである。

韓国と台湾の道路事情を比較すれば、韓国の方が圧倒的に酷いことが分かる。韓国は車庫証明がいらないため、駐車場を備えた一軒家やマンションは少ない。皆がそこらへんに駐車する。そこらへんは台湾と似ているが、路上駐車の酷さは比較にならない。
韓国の車はフロントガラスに携帯電話番号を掲示した車が多く、邪魔ならここに電話しろという意味で掲示している。

2車線の道路の両側が車で塞がっているので、通行する車は大変だ。向こうから車が来たら、どちらかがバックするしかない。
キチキチで縦列駐車する必要もあって、車の運転が苦手だと韓国では運転できないだろう。

20180514-3
20180514-4
どこの道もこんな感じ

縦列駐車が苦手な人は、大きめの道路に縦方向に停める方法もある。交差点に停めるのもいい。小学校の正門前にも停めて、地下駐車場の入り口もスペースがありゃ停めればいい。
日本なら一発で通報されてすぐレッカー移動されてしまうだろう。

20180514-6
駐車スペースではありません
20180514-5
小学校だろうと容赦ありません
20180514-7
停車ではありません、駐車です

数か月前に韓国のサウナやフィットネスクラブが入った雑居ビルで火災が起き、迷惑駐車のせいで消防車が近寄れず、1時間以上かけて周辺の車をレッカー移動していたせいでビルにいた数十人が死んだという火災があった。
そのとき、さすがに迷惑駐車をなんとかせねばならないと韓国で議論になったはずなのに、今さら車庫証明を導入するわけにもいかず、なにも進展していないのだろう。今になって駐車場が必要になったところで、都市部は駐車スペースなしで家やマンションが密集しているため、遠くに駐車する羽目になる。
店の前の道路すら掃除しない韓国人が、それをよしとするわけがない。

韓国人は日本に来て、「道路がキレイだ」、「迷惑駐車がないからスッキリしている」と感嘆するだけ。カイゼンを知らない国の人間は、よその国のいいことを指を咥えて見ることしかできない。
ゴミ屋敷みたいな韓国には絶対に住みたくないし、韓国人のようにもなりたくないと韓国に来て強く思った。

20180513-1

出張で韓国に来ているが、来る前から一番気になっていたことが「ポケモンGO」のことだった。5月9日から新しい伝説のポケモンであるラティオスがアジアで出るようになったのだが、果たして韓国でゲットできるのかが気になって仕方がなかった。
伝説のポケモンはジムと呼ばれる拠点でレイドバトルで勝ったうえで捕獲する必要があり、5~6人集まらないとラティオスには勝てない。

通勤途中の大阪駅前なら人数は問題ないのだが、尼崎駅前や地元の滋賀では人が集まらないときがあるし、レイドバトル開始直後でないと人数が集まって成立しないことが多かった。
とはいうものの、出張先のチョンジュ市は人口83万人でかなり都会だし、まあ大丈夫だろうと高をくくっていた。

ところが、チョンジュに着いてすぐにやばそうなことは分かった。ポケモンを戦わせるジムやアイテムを取るポケストはそれなりの数があるのだが、寂れていることがすぐに分かった。「ポケモンGO」はプレイヤーが青赤黄の3チームに分かれていて、自分の味方チームが占拠しているジムには6人まで自分のポケモンを配置することができる。味方ジムは敵ジムが攻めるので、配置したポケモンが勝手にバトルを行う。配置したポケモンが累計8時間20分防衛すると、ゲーム内で利用できる通貨で50ポケコイン(課金すれば50円程度)が貰える。

日本の場合、よほどの田舎でない限り50ポケコイン満額は簡単に貰えない。ポケコインが欲しい人は複数のジムを攻め、そこに自分のポケモンを配置する。配置したポケモンが倒されて戻ってきたときにコインが手に入る。取ったり取られたりが激しいのだが、チョンジュのジムはそうでない。6体まで配置できるジムに2体しか入っておらず、しかもその状態で24時間以上経過している。
時間が経過するごとにポケモンのやる気が下がってきて、攻めるときに簡単に倒せるようになる。そんな状態でも敵チームの誰も攻めておらず、味方もポケモンを配置しに来ないのだ。たまにジムバトルをやっているプレイヤーがいて、そのときに入れ替わりがあるだけだ。

「人少なそう」という第一印象は当たっていて、人口83万人もいる都市なら伝説ポケモンのレイドバトル開始時には20~30人集まっていてもよさそうなもんなのに、誰もいない。ホテル近くがそうなのかと思って、百貨店やショッピングモールなど人が集まる場所に行ってみた。日本ならイオンモールのジムは大盛況なのだが、ショッピングモールにあるジムでもレイドバトルに誰ひとり待機していなかった。

20180513-4
現代百貨店近く

韓国に来ていつ帰れるか分からないのに、ラティオスのレイドバトルが不成立ばかりで絶望的な気分になった。レイドバトルで人数が揃い、バトルに勝ったとしても必ず捕獲できるわけではない。2~3回くらいやらないといけない場合があるのだが、これでは無理だと思った。

12日(土)、雨が降るなか諦めずに向かった10か所目くらいのジムで奇跡的に18人集まってレイドバトルができた。バトルに勝ち、モンスターボールは8球しか貰えなかったが、なんとかラティオスをゲットできた。別に強いポケモンでもないのだが、図鑑を埋めるために1匹は絶対に取る必要がある。

昨年、韓国で「ポケモンGO」のサービスが始まったとき、日本と同様に大ブームになっているとニュースになっていた。サービス開始前には、韓国の一部地域で「ポケモンGO」ができるとして、観光が大盛況だというニュースもあった。
それから僅か1年ちょっとで、韓国ではポケモンブームが下火になってしまった。それは日本の比ではない。日本ではオッサンとオバサンが続けているのだが、こちらでは本当に誰もやっていない。ソウルあたりならそうでもないかも知れないが、人口83万人のチョンジュでこれである。
実際、小学生が騒ぎながらやっているくらいだった。アメリカや台湾でも中年以降がしぶとくやっているのだが、韓国では誰もやっていないと表現しても過言ではないくらいだ。

「ポケモンGO」の元になった「Ingress」が韓国ではやらなかったせいで、韓国国内にはポケストがかなり少ない。しかし、昨年ブームになったため、スポンサーが多くついてポケストやジムになった。目につく限りではセブンイレブン、ロッテリア、クリスピークリームドーナツ、Angel-in-us(珈琲店)、SKテレコムがスポンサーになっていて、そこらじゅうにポケストとジムがある。

20180513-3
日本で見かけないスポンサーポケスト

しかし、これだけプレイ人口が減っていると、スポンサーとしてカネを出しても宣伝効果などまったくあるまい。日本ではマクドナルドやイオン、セブンイレブンは未だに集客に役立っているそうだが、韓国は違うだろう。
スポンサーが撤退した場合、スポンサーのジムやポケストがなくなり、プレイしにくくなる。アイテム集めもままならない状態ではまずますプレイヤーが減るだろう。

20180513-2
ジムのほとんどはセブンイレブンとSKテレコムの販売店

韓国の「ポケモンGO」は終ったも同然である。韓国では昨年11月に「ポケモンGO」の公式イベントが開催されたが、それが最初で最後のイベントだろう。来年あたりにはスポンサーが撤退、プレイヤーも減り、申し訳程度にサービスを続けているだけになるに違いない。

「ポケモンGO」は世界中でブームを起こしたわけだが、韓国ではブームの加熱具合も冷却具合も他国の比ではなかった。韓国人は、熱しやすく、冷めやすいタイプなのだとよく分かった。

(追記)
12日(土)に18人集まって伝説のポケモンのレイドバトルが成立したジムで13日(日)の夕方に再度伝説のポケモンが出現したので行ってみた。建物の裏口に小学生くらいの子供がたむろしているので、「コイツらが昨日も来てたのか」と思いながらパスを入れて待機していた。しかし、待てど暮らせど参加者が増えない。
騒いでる子供たちにそれとなく近づいてスマホの画面を見てみると、もうバトルを始めている。
レイドバトルに人が集まらない田舎では、グループLINEで連絡とりあったプレイヤーが自分たちだけでバトルできるようパスワードをかけてバトルをすることができる。この子供たちは、ジムに先に誰かがいるのをみて、そいつ(私)に参加させないようパスワードをかけてバトルを始めたのだ。
日本では田舎もんが見知らぬプレイヤーを村八分にするプレイが多いわけだが、韓国でもクソガキが同じことをやっていた。
韓国では伝説のポケモンを取りたいのなら、グループで行動しないといけないということだ。ぼっちプレイではなにもできない。
田舎もん特有の性根が腐った性格は、どこの国でも似たようなものらしい。

20180511-1

韓国では数年前から日本式の居酒屋がかなり増えているらしい。現在私が滞在している人口83万人の中規模都市である清州(チョンジュ)市でも、滞在先の周りをウロウロしたら日本式の居酒屋が何件かあった。
日本式の居酒屋は日本の居酒屋っぽく作られていて、日本の居酒屋で出てくるお造りのような一品料理が出される。韓国の居酒屋は何人前かの料理がドンと出てくる。

韓国人は日本のことが嫌いなはずなのに、AVが好きで、居酒屋などの大衆向け料理屋も好きだ。「昼は反日、夜は親日」と言われるが、そのとおりなのではないかと思う。慰安婦像のことでいきり立っている国民がいながら、日本式居酒屋で飲んでいるヤツが多い。日本に旅行に来る韓国人が多いことも含めて、本当によく分からない民族である。

韓国の日本式居酒屋には「日本式○○」と書かれてあることが多い。「○○」の部分には居酒屋という意味の韓国語が入るのだが、韓国語などなにひとつ読むことができないので、日本式のなんなのかがパッと見で分からない。
韓国の飲食店は看板にハングルしか書かれていないことがほとんどで、韓国語を知らないとなんの店なのか分からない。看板にニワトリやブタの絵が描いてあるとそれの店なんだと分かるが、そうだとしても晩飯を探すのに本当に困る。

適当に当たりをつけて飯屋に入っても、ソウルの観光客向けの店以外はメニューに英語が併記されていることがほぼ皆無で、なにがどれなのかがサッパリ分からない。今日も晩飯のために入った定食屋で、韓国風海苔巻き(キムパブ)とビビン素麺を注文するのに一苦労だった。
韓国人は台湾人と違って英語もほとんどできないし、こんなことでは外国人観光客なんぞ増やすことは無理だろう。

日本の近場で海外旅行に行くとして、私が圧倒的に台湾を進めるのは、親日国という理由だけではない。韓国でも別に日本人だからどうかされるわけではないし、人が不親切でもないが、やはり言葉の問題がある。
台湾では日本語ができる老人が多いが、日本語が期待できない店だったとしても、漢字で書かれてあれば中国語を知らなくてもなんとなく意味が分かる。「○○飯」と書かれてあればご飯だと分かるだろうが、韓国の飲食店ではご飯がどれかも分からない。

客先の工場に入るため、安全研修というのを1時間半ほど受けたのだが、韓国人向けの韓国語のVTRと説明だったのでなんのことかまったく分からなかった。なんのための安全研修かと思わずにはいられない。
台湾でも似たような安全研修を受けたが、中国語が分からなかったとしても漢字を見ればなにを説明しているのかが分かる。

これもひとえに日本語で表意文字である漢字を使っているからだ。韓国は少し前まで漢字を使っていたのに、中国への劣等感から漢字を捨ててしまった。千年以上にわたってシナの属国で、シナ風の名前を持ち、公文書も日本に統治されるまで漢文で書いていた国だから、独立して漢字を使うことを恥ずかしくなってしまったのだろう。
漢字を捨てればシナの文化の影響を受けたことを否定できるわけではないのが、漢字を否定せずにはいられない。今では漢字を未開な文字だとバカにする始末。韓国語には中国語由来の漢字語が多くあるというのに、漢字をなくしてしまっては言葉の由来が分からなくなってしまう。韓国語では山を「サン」という。由来は「山」であり、日本の音読みと同じなのだが、若い韓国人は「サン」の由来を分からないという。

韓国人は漢字を未開な文字だというが、外国人に教えるのは大変だが日本人が理解できる中国語を思えば表意文字の便利さが分かるはずだ。文字を覚えるのが大変だという理由で単純に未開で済ませていいようなもんではない。

自分たちが影響を受けた漢字文化を否定したところで、シナの属国だった歴史を変えられるわけではないのだが、歴史改竄が好きな民族にはそれが分からないのだろう。
ひとつの文化を捨てることが、どれほどもったいないことか分からないのだから本当のバカに思える。思えばかつての親分だった中国も文化大革命で古い文化を否定し、漢字を簡体字に変えてしまった。そういう意味では、親分のやり方に従っているのかも知れない。

このページのトップヘ