先っちょマンブログ

20180509-2

前に書いたとおり、仕事で韓国に来た。今話題の大韓航空で、左右3列ずつしかないボーイング737型機に乗った。LCCがよく使うA320のような小さめの機体である。
関空に水曜日朝のフライトだとそれほど多くないように思っていたが、ほぼ満席だった。お母さんレベルのオバサンばかりのCAが忙しそうにしていた。

韓国人ばかりではなく、日本人や白人が結構いた。なんだかんだいっても韓国旅行に行く人はまあまあいるようだと思っていたのだが、どうも半数くらいはトランジットで仁川国際空港を利用するだけの人だった。白人が多いのでおかしいとは思っていたのだが、イタリア便に乗るためのようだった。

韓国は日本に対して観光赤字に陥っており、訪日韓国人は年々増加するものの、韓国を訪れる日本人観光客は李明博の反日政策以降ずっと低迷したままである。
当然の話で驚くようなことでもない。今後、かつての冬ソナブームみたいなもんは起きないだろうから、ずっとこの状態が続くに違いない。

かつて韓国が日本より観光客が多いと自慢してきた時期も、当時から仁川国際空港で集めたトランジットの客をカウントしている偽りの観光客数だと言われていた。今でもそれは変わらないだろう。

韓国は観光客にしても移民にしても、国内から国外に出す方が圧倒的に多い。それだけ国内に魅力がないということではないのか。観光客だけでなく、アメリカやオーストラリアに移民する韓国人が多く、韓国国内で禁止された売春婦までもが国外に出稼ぎに行くようになってしまった。

少子化も同時に進行し、日本以上に人口低減に危機的な韓国は2000年後半から移民政策を進めるようになった。F-5と呼ばれる永住資格の条件を緩和し、50万ドル以上投資して韓国に3年以上住んでいるなどの条件にしたおかげで、中国人永住者ばかりがそれ以前の20倍に増えるようになってしまった。

日本は外国人が永住資格を取るより帰化する方が簡単だとされているが、韓国はその逆で、永住資格を取るのが圧倒的に簡単になった。
しかし、そんなもんで永住資格を持つ外国人を増やそうとしたところで、増えるのは中国人ばかりである。済州島ではさらに条件を緩和したため、中国人に土地買収をされまくって問題になったという。

韓国でもっと問題になっていいように思うのだが、まだまだ懲りていない韓国は中国人をもっと呼び寄せ、永住資格を取らせようとしている。観光客でも迷惑なのに、中国人に永住資格を与えるなんて公害に等しい。

仁川国際空港からバスに乗り、空港の敷地から出てすぐ、高速道路の起点0キロメートルの場所に簡体字中国語で中国大陸の中国人に永住を訴える看板が掲げられていた。そこには「投資天空之城!享受永住権!」と書いてある。そんな看板がそこかしこにあった。
大体の意味がわかると思うが、「天空之城」(Sky City)とかいうなにかよく分からないところに投資をして、永住資格を得ようという内容だ。
こんな看板を日本で掲げたら問題になりそうなもんだが、韓国ではそうではないらしい。

元々移民国家でもなく、少ない種類の民族しか住んでいない韓国のような国が移民を推進するとロクなことにならないのは目に見えている。今はまだ大丈夫かも知れないが、外国人に参政権まで与え、中国人永住者をどんどん呼び寄せようとする韓国が酷い目に遭うことを期待するばかりだ。
その結果をもって「日本はこうなってはならない」という教訓にすべきだろう。だから韓国は中国人を増やしすぎるとどうなるかを是非とも体当たりで実践して貰いたい。

20180509-1

藤子・F・不二雄の漫画でわりと好きなのが「エスパー魔美」だ。
その漫画に「地下道おじさん」という印象深い話がある。

主人公の魔美が家族でフランス料理を食べに行く。すると店の裏口でフランス料理店の残飯を漁っている浮浪者がいた。その浮浪者を気の毒に思った魔美は、コースで出てきたフランス料理を食べたふりをして包んで持ち出し、地下道に住み着いていた浮浪者を探し出して食べさせた。
その後も魔美は地下道に通って浮浪者に食べものを与える。
その浮浪者は道楽で浮浪者になりすましている大会社の社長で、魔美の気持ちのほだされ、売れない画家である魔美の父親の作品を密かに買うという話。

この話で印象深いのが、浮浪者が魔美に話す内容だ。浮浪者が魔美に問いかける。「エサも貰えて可愛がられているけど繋がれている犬と、腹をすかせているが繋がれずに自由に生きている犬のどちらが幸せか」と。
「飼われている犬だ」と即答する魔美に対し、浮浪者は「犬に聞いてみないと分からない」という言葉を残して去ってしまう。

魔美はそのことを友人の高畑クンに伝え、「頭がオカシイのかしら?」と相談するが、魔美と違って聡明な高畑クンは浮浪者の言葉を理解し、魔美に「そのおじさんが言いたかったのは価値観は人それぞれってことではないかな」と教える。

なにを幸せと感じるかは本当に人それぞれだ。カネはあったらいいと思うが、なくても幸せだと感じて生きている人は山ほどいる。家族や友人がいることが幸せと感じる人がいれば、家族も友人もいなくても幸せを感じる人もいる。ムリをしてそう思っているのではなく、本心からそう感じる人がいるのだ。
他人と相対的な比較をすると自分を不幸に感じてしまいがちだが、絶対的な価値観を持っていればそんなことも感じない。他人と比較することもなく、自分の置かれた環境を受け入れ、それを幸せと思えるのだから、仏教でいう悟りの境地に近い。

だから、他人の境遇を勝手に想像して「可哀相」などと思うことなんかやめた方がいい。本人はなんとも思っていないのに、他人から同情されると腹立たしいものである。

我が家で5年前から猫を飼っているが、子猫の頃に預かって以来一度も家から出したことがない。完全室内飼いというやつである。
前に飼っていた猫が交通事故で死んでしまい、ペットロスで鬱状態になってしまった。実家で母親が飼っていた猫も5年くらいで行方不明になってしまった。
そんなことは二度とゴメンだと思って、今度飼う猫は完全室内飼いにすると決めて、そのとおりにやっている。

猫を自由に外に出すなど昔ながらの飼い方をしている人がたまに「猫が可哀相」などと言ってくることがあるが、外で病気を貰ってきたり、ケンカをして怪我をしたり、車に轢かれて死んでしまう方がよほど可哀相である。それに家の近所で猫嫌いのキチガイみたいなヤツが毒のエサを撒いて、それを食べた近所の人の飼い猫が死んだということもあった。草むらにトラバサミが設置されていて、警察沙汰になったこともあった。キチガイに無残に殺される可能性があるなら、家から出さない方がいい。
家の外を自由にふらつくことを知ってしまった猫を閉じ込めるのは可哀相かも知れないが、生まれてから家のなかしか知らない猫は自分が不自由だとは感じないし、家のなかの世界だけで完結させてなんとも思っていない。

リビングの掃き出しの窓を不用意に開けっ放しにしていたとき、我が家の猫がコッソリと外に出たことがあった。だが、窓のすぐ下の縁台でへっぴり腰で歩いていたのですぐに捕まえることができた。
完全室内飼いにしていたら、まず自分の知らない外に出たいと思わないし、出てしまったら恐怖を感じることになる。我が家の猫は犬や人がリビングから外に出入りしていても、その隙を突いて外に出ようともしない。

飼い主の押しつけで家のなかしか知らない猫を不憫だと思うむきもあるが、だとしたら去勢したり避妊するのはどうなのかという話にもなる。ペットは飼い主が思うように飼えばいいし、家のなかしか知らない猫が不幸せだと感じているようには思えない。決して強がりではなく、本心からそう思う。
我が家の猫は1日の大半をリビングの同じ場所で寝ていて、たまにご飯を少しだけ食べ、夜に一緒に寝ている。基本1日の9割は寝ていて、寝るために生きているようなもんだが、それは可哀相なことではない。

猫の飼い方は人それぞれで猫もそれぞれなのに、室内飼いを「猫に対する虐待だ」と因縁をつけてくる自称猫好きもいる。猫の室内飼いが正当か虐待かは「それぞれの猫に聞いてみないと分からない」のが真実であり、それは分からないので、結局はどう飼うかが飼い主に委ねられている。
単純な話である。猫をどう飼うかは飼い主が決めるものであり、誰が見ても不当でなければ人の猫のことなど放っておくべきであり、自分の価値観を正当化して人に押し付けるべきではないのだ。

20180508-1

大型連休の間、国会議員は地元に戻って地元のイベントに出たり、講演会を開いたりしていた。なにもかもうまくいかない野党は"審議拒否"を盾に18連休を取っていてお気楽なもんだったが、さすがにこの連休明けに審議に復帰するらしい。
その間地元に戻ってなにかやっていたのかも知れないが、傍から見れば職務を放棄して休みをとっているだけのようにしか見えないから、批判されて当然だろう。

多くの国会議員が地元に戻るなか、安倍首相ら閣僚は休みの間を利用して外遊に精を出していた。安倍内閣を支持しないマスコミは「物見遊山」だと批判していたが、企業の幹部が打ち合わせを理由に海外出張に行くのと似たようなもんで、お気楽な出張だとは思うが、まあ上の方のお仕事ってのはそんなもんだろう。

とはいうものの、安倍首相は4月29日から5月3日にかけてUAE、ヨルダン、イスラエル、パレスチナと中東を歴訪し、中東資源外交、中東和平に関する重要な職責を果たしていた。

そんななか、安倍首相がイスラエル訪問時にネタニヤフ首相との夕食会で出されたデザートがイスラエル国内で問題になっているという。公邸の料理人が紳士靴の形をした金属容器にチョコレートなどを入れたデザートを出したが、それについてイスラエルのメディアやネットで「日本の対して失礼だ」という声が上がっているという。

【時事通信】イスラエル、「靴のデザート」で物議=安倍首相との夕食会で提供 (2018/05/08)

時事通信の報道によると、イスラエル公邸の公式Instagramアカウントに靴の入れ物に入ったデザートの写真がアップされ、それに対して屋内では靴を脱ぐ日本人の習慣を引き合いに「非常に失礼だ」という意見が相次いだという。

segevmosheさん(@segevmoshe)がシェアした投稿 -


靴に入ったデザートを出され、パッと見で「なんじゃコレ」と思うかも知れないが、このデザートのどこらへんが日本人に対して失礼なのか、日本人である私が理解できない。
料理人は「安倍夫妻は喜んでいた」と反論しているが、「面白いね」とか言いながら食べた様子が想像できる。
お菓子が入ったサンタのブーツではなく、紳士靴(の容器)に入ったチョコレートなので人によってはちょっと不快に思うかも知れないが、別にどうということはない。誰かが履いていた靴ではなく、靴の形をした金属容器でしかない。台湾にある便器の皿に盛って提供されるカレーは嫌だが、このくらいなんともないだろう。

靴の入れ物についての感じ方は洋の東西を問わないと思うが、これに関して日本人がとりわけ不快に思うということもあるまい。日本人が靴を脱ぐから、その靴を食べものの器として出すことが失礼に当たるというロジックが意味不明だ。

コメントの最初の方に「日本の文化を知らないのか」と書き込んでいる人がいるが、勝手に日本人の気持ちを忖度して言いがかりをつけるのはやめて欲しい。
海外の大規模掲示板Redditに「日本にはありがた迷惑という言葉がある」と話題になっていたが、まさにそれである。人の気持ちを思ってのことかも知れないが、外国人が日本のことについて勝手に抗議して、外国で議論のネタになることほど迷惑なことはない。

この手のことは近年たびたび騒ぎになっている。よくあるのが"文化の盗用"問題だ。
ほぼアメリカでの話だが、白人が着物やチャイナドレスなど民族衣装を着て写真を撮ると必ず「文化の盗用だ」と騒ぎ立てるヤツがいる。マジョリティである白人が、アジア人のようなマイノリティの民族衣装を着るなどすると、都合よくよその民族の文化をつまみ食いしたうえに、その文化を低く見ていると批判される。
他民族の宗教や文化に寛容な日本人だから理解できないのかも知れないが、いちいち目くじらを立てて抗議し、相手を謝罪に追い込む方がどうかしている。

セレーナ・ゴメスがインド風の衣装を着て、ビンディーと呼ばれるヒンドゥー教の既婚女性が眉間に施す装飾を付けてステージに上ったことがあり、インドのヒンドゥー教団体から「ヒンドゥー教徒でもないのに付けるな」と抗議を受けたことがあった。
宗教に関わることだと文句を言っている団体があるかも知れないが、多くの場合は誰も文句は言うまい。白人が着物を着たり、チャイナドレスを着ていたからといって誰が文句を言うのか。

世の中の抗議は大体がこんな感じなのではないか。声だけは大きいノイジーマイノリティがいるほか、マイノリティでもない連中が勝手に騒いでいるという事案も相当数あるだろう。
白人が黒人差別だと訴え、健常者が身障者差別だと訴える。被害に遭ったとされる人たちが「別になんとも思ってないけど」と言ったところでその声は届かない。
なにもないところから問題をひねり出し、なんとかしろと騒ぐ。自分で火をつけ、消火しろと騒ぐさまはまさにマッチポンプだ。

世の中には暇人やおせっかいが多い。そんなヤツらの相手をいちいちする必要などない。

このページのトップヘ