先っちょマンブログ

20171107-1

ドナルド・トランプのイメージは、私のなかではアメリカのプロレス団体WWEで暴れていた成金のオッサンだ。
WWEは台本があるプロレスなのだが、それに突如トランプが参入し、カネ持ちのオーナーであるビンス・マクマホンと抗争を繰り広げた。当時からヅラ疑惑が囁かれていたトランプとマクマホンは自分の髪を賭けて代理レスラーを立てて億万長者対決を行い、最終的にトランプが用意したレスラーが勝ってマクマホンがツルッパゲにされるというシナリオだった。
土地転がしの成金のくせに面白いオッサンだと思ったものだ。

その後トランプはリアリティ番組の「アプレンティス」の司会を務め、脱落者に「お前はクビだ!」と宣告して人気が出た。このセリフは、億万長者対決を行ったビンス・マクマホンの決めゼリフでもあった。

トランプがテレビ映えすることは間違いない。とにかくキャラが立っていて、傍から見ている分には愉快だ。ある意味役者で、トランプ自身も自分の立ち位置が分かっている。
そんなオッサンがアメリカ大統領になった。トランプは普段の言動から尊敬されるような人物ではないため、当然バッシングが多く起きた。

トランプが大統領になってから、CNNを始めとする自分に批判的なニュースに対して「フェイクニュース」だと散々言ってきた。トランプが批判を受け付けないということもあるが、あることないこと報道する敵対マスコミの方に問題がないわけでもない。

来日していたトランプ大統領が、昨日6日(月)に元赤坂の迎賓館で安倍首相とコイに餌やりをした件で、トランプは謂れなきバッシングを受けることになった。
一部のマスコミが作為的な写真をニュースとして報じたからだ。

世界中に報道されたトランプ大統領の餌やり写真は、餌が入ったマスを逆さまにして投げなりな感じで餌やりをしているものだった。
それを見た人は「なんと粗暴な男か」と思っただろうし、一度に大量に餌をやるトランプ大統領に対する批判も出た。

しかしながら、これの動画を見れば一目瞭然なのだが、トランプ大統領は安倍首相のマネをしただけだった。
最初はふたりとも木の匙を使って餌をやっていたが、安倍首相がお付きの人に時間だと告げられたのか、マスを両手で持って残りの餌を全部池に投げ入れた。それを見たトランプ大統領が、マスを逆さまにして餌を全部コイにやっただけだった。

どう考えてもトランプ大統領に批判を向けるための写真報道であって、トランプはまんまと貶められた。
その後、AFPなどが「実は安倍首相が先にやっていた」と報道したが、とき既に遅しという感じだった。

プロレスに参戦したり、リアリティ番組の司会をやっていたせいか、トランプ大統領はアホっぽく見られ、舐められる。
横田基地に赴いたトランプ大統領を報じる日刊スポーツは、「トランプ大統領がブーイングを受けなかった」という趣旨の記事を掲載した。

【日刊スポーツ】トランプ氏来日 横田基地で大歓迎、ブーイングなし (11/5)
トランプ氏は演説を終えると、兵士らとたちと記念撮影を行った。米国では、深刻な支持率低下が指摘されるが、この日はブーイングは飛ばず、大歓迎を受けた。
日刊スポーツの記者がどういうつもりで書いたのか知らないが、どう考えてもトランプ大統領を舐めすぎである。アメリカの大統領は米軍の最高司令官だ。米軍のトップに対し、米軍の兵士がブーイングをするわけがない。日刊スポーツの記者は、自社の社長や朝日新聞の社長に対してブーイングをするのだろうか。

アホっぽく見えて舐められるトランプ大統領は、その変人ぶりが予測不可能かも知れないが、おだてれば与し易い相手だと思われているのかも知れない。賢くはなさそうだが、めちゃくちゃアホだというわけでもなさそうなのに、どうも舐められているような気がする。
とにかくおだてまくる安倍首相や官邸を見ればなんとなくそんなことを思うが、韓国政府はもっと舐めているのかも知れない。

韓国政府はトランプ大統領を招いた晩餐会に元従軍慰安婦の婆さんを呼び、日韓合意の無効をトランプ大統領に訴えるつもりらしい。さらに「独島エビ」なるものが出され、竹島の不法占拠をトランプ大統領にアピールするつもりらしい。
晩餐会にピコ太郎を呼んだ日本と違い、外交的・政治的な野心を隠さない晩餐会を開くのが韓国だ。随分と舐められたものだとトランプ大統領が気付くだろうか。どれだけアホだったとしても、晩餐会でK-POPを見せられ、慰安婦の婆さんの話を聞かされ、「独島エビ」を食べさせられてウンザリしそうなものだが。

韓国人は人を舐めくさり、人の気持ちが分からない。アホだと見下すトランプ大統領からリップサービスを引き出して、喜んでいればいいだろう。

20171106-1

昨日5日(日)にアメリカのトランプ大統領が来日した。到着してすぐに埼玉県川越市のゴルフ場に移動し、安倍首相と松山英樹を交えてゴルフを行った。
ハワイで「リメンバー・パールハーバー」と垂れたあと、日本まで飛行機で来て、そのあとすぐにゴルフをするのだから、かなりの体力の持ち主だ。エアフォースワンでは横になって寝られるだろうから、庶民がエコノミークラスの席でうたた寝するのとは違うのだろうが、それでもトランプ大統領はかなりアクティブだと思う。とにかく予定を詰め込んだ海外旅行じゃあるまいし、私ならゆっくりしたいと思うが。

安倍サン得意のゴルフ外交の前には、通訳だけ同席させて非公式の昼食会を行ったという。トランプ大統領の要望で、米国産牛肉を使ったハンバーガー(1200円)が振る舞われたのだという。
米国産牛肉と指定するところに先行きが暗示されているわけだが、ハンバーガーやよく焼いた牛肉、ケチャップが大好物のトランプがハンバーガーをわざわざ所望したのだから、トランプはアホなのかと思ってしまう。
人の好みはそれぞれであり、いかにもアメリカ人ってことかも知れないが、いい年したジジイがハンバーガーやケチャップが好きだと公言するとアホみたいに見える。

しかも、私だったらよその国に行けばその土地のものを食べたいと思うが、トランプは日本に来てもハンバーガーを食いたいという。それが余計にアホっぽく思える。
トランプはアメリカ人であるが、やっていることは中国人だ。中国人は食へのこだわりが薄いのが多く、海外旅行に行っても中華料理を好んで食べ、コンビニで安く済ませることも平気だ。
トランプはそれと大して違わないではないか。

それともやはり、日米首脳会談のときに米国産牛肉に関する関税など、FTA締結を見越して貿易摩擦をアピールするための前フリだったのか。

安倍首相をはじめ、官邸は日米首脳会談で北朝鮮問題や拉致問題への取り組みを前面に押し出しているが、アメリカ側はどう考えても通商問題を重視しているとしか思えない。
トランプ大統領は6日午前に駐日米大使公邸で日米の経済関係者を前に演説を行ったが、そこでアメリカの対日貿易赤字に不満を示し、「双方にとって公正でよりよい貿易協定を迅速かつ友好的なやり方で見い出すことがきっとできる」と訴えた。
要するに、アメリカは貿易赤字に不満だからFTAを結ぶよう訴えたわけである。

日本側はあくまでもTPPを推し、アメリカにも再度の参加を促しているが、トランプ大統領はTPPをよくないとして聞く耳を持たない。アメリカが有利に立てる二国間の協定を結びたくてしょうがない。
私はTPPに反対だったが、それはアメリカがいたからだ。トランプは自由貿易などと抜かすが、結局は自国が儲けたいだけであり、アメリカファーストで相手の市場をメチャクチャにすることを目論んでいる。
アメリカとFTAを結んでほくそ笑んでいた韓国を見るといい。韓国は地産地消の学校給食を出すこともできない。協定違反になるからだ。安い食材を給食で出さねばならず、安いアメリカ産があるのなら地産地消などもってのほかだ。米韓FTAによって韓国の農業は大打撃を受けた。

米韓FTAで韓国は車を無関税で輸出できるくらいでそれほど恩恵を受けているわけではないが、それでもトランプに気に入らないと言われてFTAの見直しを迫られている。よりアメリカが有利になるように変わるに違いない。あとから自分がいいようにルールを変えてくるわけで、これはどう転んでも不利にしかならない。

トランプ大統領はかねてからアメリカの車が日本で売れないことについて、日本の自動車関係の制度に文句を垂れいていた。ディーラーでの販売、2年ごとの車検などが非関税障壁だからアメ車が売れないらしい。アメ車が日本で売れないのは、日本向けでないなど、もっと根本的な問題があるからなのだが、日本のせいでなければならないのだ。
日米貿易摩擦など、無能なアメリカが日本で売れるものを作れないだけの話だ。iPhoneみたいに高くても売れるようなもんを作ればいいのに、トランプに言わせれば日本が悪いことになる。

北朝鮮問題や拉致被害の対応と引き換えに、日本がアメリカとFTAを結ばされるなど貿易で譲歩せねばならないのだとしたら悲劇だ。「それとこれは別問題」などという話はトランプには通用しないだろう。
ハンバーガーを頬張って道化を演じてみせたトランプにしてやられただけではないか。せめて北朝鮮問題も拉致問題も解決すりゃいいが、なんの解決もないまま、アメリカの貿易摩擦低減のために日本が譲歩させられまくることにならなければいいのだが。

20171105-1

漫画家に対して"先生"という敬称をつけて名前を呼ぶ人が苦手だ。実際に身の回りで見たことはないが、テレビ番組ではよく見かける。漫画の神様との異名を持つ手塚治虫くらいのレベルになれば「手塚治虫先生」と呼ぶのはまだギリギリ分からないでもないが、「ワンピース」の作者を尾田栄一郎先生などと呼ぶのは違和感しか感じない。

先生という言葉は、元々は自分より先に生まれた年配者を指す言葉だったが、それが転じて教員などなにかを人に教える人や、自分が教えを受けている人、あるいは医師など学識のある人のことを指すようになったらしい。要するに、尊敬すべき立場の人への敬称ということになる。

私は漫画家のなかでは手塚治虫や植田まさしが好きだが、別に尊敬はしていないし、自分の心の師匠でもない。だから、先生などと継承を付けて呼ぶことはないが、漫画好きのなかには先生と呼びたがる人が多い。
尊敬するほど好きということなのだろうか。敬意を込めて先生と呼んでいる人が多いから、自分も先生と呼んでいるくらいのものだろうか。

これが漫画家ではなく、作家あたりになると先生と付ける人がぐっと減る。「東野圭吾先生」と呼ぶ人など滅多におらず、テレビではファンを名乗る人は「東野圭吾さん」などと"さん"付けで呼ぶことが多いのではなかろうか。
そこらへん、漫画と小説ではファン層がだいぶ変わってくるだろう。

ちなみに、中国語では「先生」は「さん」という意味だ。「東野先生」は「東野さん」という意味になる。それだったらなんの違和感もないのだが。

好きな人物を「先生」と呼ぶ人が結構いるわけだが、まあそれは好きにすればいい。好きでもないのに人から「先生」と呼ばれるのが医師と政治家だ。
医師の場合、呼びかけるのに「先生」という言葉しか見当たらない。「先生、私はどうすればいいのでしょうか」という文章で、先生の部分に置き換わる適切な言葉がぱっと思いつかない。

そういう意味では政治家も同じだが、政治家を先生と呼ぶのは医師以上にはばかられる。政治家で先生と呼ぶのにふさわしいほど尊敬すべき人物がどれほどいるだろうか。
政治家と関わりを持ったことなどないから決めつけるのもなんだが、世の中に先生という敬称がふさわしい尊敬できる政治家など数えるほどしかいないのではないか。選挙のときだけ顔も知らない有権者にヘコヘコ頭を垂れ、自分が議員を続けることにしか興味がない連中は尊敬に値しない。

どんなにバカで、どんなに人格に問題があっても、政治家、特に国会議員にもなれば「先生」と呼ばれてチヤホヤされるわけで、そうやって勘違いさせるから、いろいろと問題を起こすのだろう。
立憲民主党の議員ふたりが相次いで週刊文春にセクハラ報道の洗礼をうけたが、そいつらも同じことをテレビで言われていた。

先の衆院選で静岡1区から出馬して比例で復活当選した青山雅幸は、代議士になってすぐに法律事務所の女性秘書からセクハラを暴露されていた。日常的に抱きしめられ、キスされていた女性秘書は、ノートに日付や場所、状況などを克明に記録していた。

青山議員のセクハラ報道の翌週、今度は初鹿明博に対する強制猥褻疑惑を週刊文春が報じた。3期目の初鹿は東京16区から立候補して、これまた比例で復活当選した御仁であるが、やったことはメチャクチャだった。支援者の女性に対してタクシー内でキスを迫り、さらにズボンのチャックを下げて、女性の顔を引き寄せるなどしたという。
文春記者の突撃取材に対し、初鹿は「合意があったら別に(構わないだろ)」と発言し、なにが合意なのかと迫る記者に「タクシーに一緒に乗ったことが合意」と受け答えしていた。男女が一緒にタクシーに乗ると、キスを迫ったり、ズボンから放り出したポコチンを咥えることに合意したということになるらしい。

東大を出て、民主党系の政治家として活躍してきた人物の常識がコレだ。こんなヤツを「先生」と呼ぶのは、飲み屋の呼び込みがオッサンを社長とか大統領呼ばわりしていることより酷い。
選挙期間中は有権者にも支援者にも頭を下げ、選挙後は支援者の頭を下げさせて股間に持ってくるような人物を先生と呼ぶのはふさわしくないし、政治家としても失格だろう。
政治家は政治だけやっていれば多少のモラルはなくとも構わないのかも知れないが、この手のモラルの欠如は許されない。

人のことをなんと呼ぼうと本人の勝手なのだが、良識ある政治家がいるならば、自分のことを先生と呼ばせないようにした方がいいだろう。相手をへりくだらせているだけでなく、自分も勘違いしてしまう。
先生と呼ぶ側も、尊敬していないのに先生などと呼ぶ必要はない。
これからは政治家に対して先生と呼ぶことは禁止にし、「議員」と呼ぶとか、新たに呼称を考えて、そっちで呼んだほうがいいだろう。呼ぶ方のためでもあり、呼ばれる方のためでもある。

このページのトップヘ