先っちょマンブログ

20170713-1

今日の産経新聞朝刊の外信コラム「台湾有情」で台湾のシェアサイクル事情について書かれていた。

【産経ニュース】乗り合い自転車文化、日本でも… (7/13)

シンガポールの企業が台湾で「oBike」というシェアサイクル事業を始めたという内容で、乗り捨て可能なシェアサイクルサービスだ。
コラムにあるが、台湾には既に「YouBike」というシェアサイクルサービスが9年も前から存在する。既に十分に市民権を得ているサービスであるが、「oBike」はそれに風穴を開けるものらしい。

先月台湾に行ったとき、初めて「YouBike」を利用してみた。空港で電話番号付きのSIMを購入してSIMフリーのスマートフォンを持っていれば、簡単に利用することができる。
台湾でよく使われている交通系ICカードのヨーヨーカを使って自転車を借りる。本人確認とヨーヨーカとサービスを結びつけるため、電話番号を登録したらSMSに認証番号が来る。

「YouBike」の利用の仕方は台北ナビなどで紹介されているので、それを見ながら自転車が多く止めてあるサイクルポートのターミナルで設定すればすぐ使えるようになった。
台北で泊まったホテルは駅から歩いて15分くらいのところにあり、駅前で買ったものをそのまま持ち歩くのもイヤだが、かといって歩いてホテルに戻るのも面倒くさい。そんなときにシェアサイクルを借りた。
地下鉄の駅周辺には必ずサイクルポートがあるので、そこで借りて、さっとホテルに戻って荷物だけ置いてきた。ついでに迪化街(ティーホワチエ)という問屋街で乾物なんぞを買いに行き、それもホテルに置きに帰った。
多分1時間のレンタルで、料金は15元(56円)だった。非常に安い。

「YouBike」は非常に便利だが、サイクルポートで借りるのはいいとして、サイクルポートに返さないといけないのが問題だ。例えば、駅からホテルまで歩きたくないから自転車を借りようと思っても、ホテルの近くにサイクルポートがなければ意味がない。ホテルから離れたポートに返しに行くくらいなら、最初から借りないという場面が多く出てくる。

その反面、「oBike」は乗り捨て可能なので返すときの問題はおきない。ただ、自分が借りたいときに専用アプリで自転車のGPSを頼りに探すわけだが、近くにあるとも限らない。返すときはいいが、逆に借りるのがちょっと邪魔くさくなるかも知れない。
この乗り捨てシェアサイクルは中国ではもっと進んでいて、「Mobike」というサービスで知られている。

便利だとは思うが、「oBike」にしても「Mobike」にしても、マナー問題が常に付きまとっている。道を塞ぐなどあり得ない状態で乗り捨てられたり、ほかの人が借りられないよう隠した状態で返したことにして、自分だけで専有してしまうこともあるようだ。自転車が壊されることも多いという。

「YouBike」の場合、台湾の自転車メーカーのジャイアントと行政が共同でやっている事業で、自転車の点検は常に行われている。何度か借りたのだが、サイクルポートで自転車の点検をしている人をよく見かけた。
乗り捨てシェアサイクルの場合、点検が行われにくいだろうし、安全面でいろいろ問題がありそうだ。借りようとしたらパンクしていたとか、誰かがブレーキに細工しないとも限らない。

台湾の「YouBike」は成功しており、市民や観光客の足としてよく利用されている。日本でもシェアサイクルの社会実験が大都市行われているが、いろいろ問題があるらしい。
日本では30分のレンタルに150円もかかる。中国や台湾が20円くらいであることを考えるとべらぼうに高い。自転車の点検やポート管理などの人件費が高いのだろうか。
また、自転車の乗り捨てにも問題があり、必ずマナー問題が浮上すると思われる。
そのため、中国の「Mobike」が今月から福岡などでサービスを開始するようだが、乗り捨てではなくコンビニに併設されたサイクルポートに返却する形になるという。

日本は放置自転車に厳しい。昔から放置自転車が社会問題化されており、シェアサイクルのサービスで放置自転車だらけになったら業者の責任になることは間違いない。だから足踏みするのだ。
中国では行政の協力があったことでシェアサイクルサービスが数多く展開されるようになり、利用者が増えたが放置自転車も増えて大変なことになっているという。今では行政側がシェアサイクル事業に協力しなくなったようだ。

日本は中国とはマナーのよさが違うからそうはならないと思う人がいるかも知れないが、日本では自転車の窃盗が多い。自転車を盗むことにあまり抵抗を覚えないヤツが結構いる。自転車に関してその程度のマナーしかなく、そのくせ国民が自転車をよく利用する国ではシェアサイクルがうまくいくとは思えない。

観光客からするとシェアサイクルは非常に便利だ。だが、中国のように事前登録や保証金が必須で外国人が利用できないシステムなら意味がないし、それらを解決しても乗り捨てのシェアサイクルだとマナー問題が必ず浮上するはずだ。現在のポートに返すタイプを割高な料金で続けても、誰も使わないだろう。

コラムにあるように、2020年の東京五輪に向けて外国人観光客の利便性を考えてシェアサイクル事業を展開するのもいいかも知れないが、たぶんうまくいかない。
ポート返却式で料金も30分50円くらいまで下げられればいいかも知れないが、今から都市部のどこにサイクルポートを準備するのかなどの問題も山積である。

台湾の「YouBike」と同じくらいのレベルのサービスができればやるといいが、それが無理なら最初から手を出さない方がいいだろう。
日本ならなんでもできるなどと思わない方がいい。寧ろ日本でできないことの方が多いのではないか。

20170712-1

韓国の聯合ニュースが興味深い記事を掲載していた。

【聯合ニュース】外国人観光客の再訪問 日本が韓国を大幅に上回る (7/12)

韓国は日本と比較して自国がどうなのかという報道が好きであるが、数年前に観光立国という立場で日本を小バカにしていたのに、その日本に文字通りあっという間に観光客数で抜かれたことに歯噛みしており、観光で日本に負けていることについていろいろ分析している。

この記事では、日韓の外国人観光客についてリピート率を比較し、それぞれ2回以上訪れた観光客が日本は61.6%(前年58.7%)、韓国は38.6%(前年46.1%)で、日本が韓国を圧倒しているとした。
ほかに、訪韓観光客の60.3%は日本と韓国を比較して韓国にしたとか、韓国客満足度は韓国が95.0%、日本が93.8%で韓国の方が高いと韓国の誇りだけは傷付けないように補足しつつ、再度訪れるかの意向について日本は93.3%、韓国は84.1%で、やはりリピート率は日本のほうが高いとしていた。

昨年、仕事で韓国に行ったが、正直なんの魅力も感じなかった。ソウルや釜山のような都会ではなく、人口20万人くらいの地方都市に行ったためかも知れないが、本当につまらなかった。元々韓国やK-POPに興味がないため、なにかお土産やグッズを買うわけでもない。繁華街を歩いたが、欲しいものがなにもなかった。地元スーパーでコチジャンと韓国のり、空港の雑貨屋でタブレットなどが入れられる韓国製のクッションポーチを買っただけだった。

韓国ではひとりで飯が食べられる飲食店が極端に少ない。ひとりで飲食店に入り、二人前でいいからと注文しようとしても断られることがある。
どの店がひとりで入れるか分からないので、常に後輩と一緒に飯に行くことになり、常に私が食事代を出すことになってちょっとイラついた。

韓国が大好きであれば、K-POPのCDやらアイドルグッズやらを買い、洋服や雑貨、化粧品あたりも買うのかも知れない。しかし、日本人にとって韓国で売っているものはすべて日本の下位互換品みたいなもんだ。日本でよさそうなものが安く買えるのだから、韓国で買う理由がない。

よくない点も多く目に付いた。
韓国はなんか汚い。台湾もあまりキレイでないところが多いが、韓国の地方都市の道はゴミだらけだ。台湾でもそこまでゴミだらけではないのに、韓国の地方都市の道路は歩道の段差部分にポイ捨てされたゴミが溜まっているし、路上駐車の車でいっぱい。
台湾は電線が地中化されているが、韓国では日本のように電柱があって電線が空中に張り巡らされているところが多く、その電柱は張り紙だらけで汚い。

店の店員が不親切だとは思わなかったし、日本人だからなにかされたなんてことはなかったが、コンビニのアルバイト店員は皆がイスに座ってスマホをいじっている状態で勤務態度は悪かった。

よかったのはタクシーくらいだ。車は新しくてそこそこグレードの高いヒュンダイのセダンで、料金もそこそこ安かった。それだけの理由である。韓国の大企業に訪れる日本人は多いのか、運転手は日本人乗客に対してやけに親切だった。
そんなタクシーも、ソウルなど都会ではボッタクリが未だに横行しているらしいが。

私が台湾好きという贔屓目があるにしても、近くて安い国の観光地として韓国と台湾を比べると、圧倒的に韓国が劣っている。
日本人が好きな食事については圧倒的だ。台湾の方が安くてうまい。韓国もまずくはないが、市場の露店では価格が表示されていないことが多く、店の人に尋ねる必要がある。台湾は小さい屋台でも価格が書かれたメニューが必ず掲示されているので、自分で注文して幾ら払えばいいか分かるが、韓国は幾らかよく分からないのでボッタクられているのではないかと不安になる。

これではよほどの韓国好きでないかぎり、もう一度行こうとは思わないのではないか。
よく韓国のタクシーや露店でボッタクられた話を聞くが、そんなことがあったらさらにまた行こうと思う気になれない。観光地としての魅力アップも必要だが、観光客に対する最低限のマナーも必要だろう。

観光客減に泣く韓国であるが、今年の統計はもっと酷くなることは間違いない。THAAD報復で韓国を市場から締め出す限韓令を出した中国政府であるが、今年3月には団体ツアーも大幅に制限した。そのため、韓国に入るクルーズ船の外国人客は昨年比で1割未満に激減し、ソウルの繁華街では閉店する店が増え、中国人激減にあえぐ済州島の済州空港では免税店を展開していた業者が撤退するにまでなった。

韓国の空港における免税事業に関して、政府と業者との癒着があったのではないかと新たにニュースになっているが、そんなもんを抜きにしても韓国の免税店は問題だらけだ。
仁川国際空港を利用すればすぐに分かると思うが、韓国の免税店にはたくさんのオバサン店員がいて、とにかく声をかけてきてあれこれ勧めてくるのが本当に鬱陶しい。台湾の桃園国際空港では店員も少なく、たまに声をかけてくるくらいだが、韓国では免税店に近づいただけで店員がチョコレートがいいとか、韓国のりがいいとか勧めてくる。
韓国の免税店にはどんなもんが売っているのか冷やかしで見たいだけなのに、誰がそんなもん買うのかと思うような高いチョコレートと高い韓国のりを勧めてくる。
田舎モンの中国人やお人好しの日本人は買うかも知れないが、普通の人は鬱陶しいと思うだけで買わない。韓国の免税店には近付かないでおこうと思っただけだった。潰れて当然である。

韓国では、「中国人が減った分、日本人が増えた」とか、「THAADの制限が解けたのか中国人が増えてきた」などという極めて楽観的な見方が広がっていたが、11日に開催された韓国観光公社の懇談会でそれが間違いだと明らかになった。
外国人観光客が同月前年比で3月は11.2%、4月は26.8%、5月は34.5%という尋常ではない数字で減っている。ほとんど中国人の影響だが、そのおかげでインバウンド市場はピーク時の5分の1になってしまった。
韓国における観光収支の落ち込みは深刻である。

台湾で先月、日本への台湾人出国者数(430万人)が台湾への日本人入国者(189万人)を大幅に上回るうえ、日本人があまりカネを使わないので旅行収支で3680億円の赤字になっていると観光フォーラムで問題視された。
2013年に対日旅行収支が赤字に転落して以降、毎年赤字額が倍のペースで増えていっているという。
海外旅行にでかけた台湾人のうち、3分の1は日本を訪れた。円安の影響もあって台湾人が日本でめちゃくちゃ買いものをするようになり、台湾を訪れる日本人の数は年々増加はするものの、消費が伸び悩んでいるので収支の差は広まる一方だ。

これについて、台湾の専門家は夜市などのB級グルメ、マッサージなどが中心の旧態依然とした観光から、観光地巡りやショッピングといったものにシフトしていかねば赤字収支は改善されないと訴えていた。
台湾政府の観光局は日本でテレビCMを打つなど日本人観光客のさらなる増加を目指し、日本と台湾の鉄道でタイアップイベントを行うなどの努力はしている。

韓国の場合、外国人観光客に来て貰おうという努力をするのか疑わしい。
文在寅は目先の利益のために中国に媚びを売り、THAAD配備に批判的だが、アメリカにも気を遣わねばならないため、習近平に見透かされて報復措置を解除されずにいる。
そこで日本をアテにしたいところだが、「日本人はケチ」と文句を言うだけ。

韓国国会の議長が6月に来日して日本の政治家と会談した際、「日本は景気がいいのだから、韓国の若年者雇用を引き受けろ」などと深刻な若年失業率に悩む韓国の問題を日本に押し付けようとしていた。
ついでに、「平昌五輪に日本人が来ないなら、東京五輪に韓国人を行かせない」などと傲岸不遜な発言もしていたという。

これがすべてだ。韓国に問題があっても日本が手助けをすべきで、日本が韓国に対して悪くするなら報復をすると韓国の政治家が言うのである。中国のTHAAD報復には文句を言うくせに、自分たちがやる分にはお構いなし。

ありもしない慰安婦問題や強制徴用問題を捻り出し、日本人をボロカスに叩いたうえで、日本人が韓国に観光に来なかったら許さないと韓国の政治家が発言する日も近いのではないか。

韓国では、努力は自分たちがするものではなく、他人にやらせるものらしい。そして、あらゆる問題の責任はよそにある。
観光客が減ったのは中国のせいだし、日本人も悪い。この落とし前は日本人に付けさせよう。そう考えてしまうのも、韓国なら当然かも知れない。

誰がそんな国に行きたいのだろう。
「ドケチ」だと批判する日本人に頼らず、これまで通り中国人に頼るといい。アメリカを捨てて中国に全面的にひれ伏せば、習近平も許してくれるだろう。
少なくとも、今のような態度では、韓国が観光立国として生き残るには中国に頼るしかない。日本に頼らず、是非ともそうするようお勧めする。

20170711-1

先月台湾に旅行に行ったとき、深夜0時半過ぎに到着する便だったのに入国審査にめちゃくちゃ人が並んでいて心底ウンザリした。蔡英文政権誕生後、中国人観光客がめっきり減ったのにそれでも中国人がいたのと、なにより韓国人がとにかく大勢いた。
ここ最近は台湾の入国審査では比較的スムーズなことが多かったのだが、自分が乗ってきた便が中国や韓国の便と当たるとスゲーめんどくさいことになる。審査する人が5人くらいしかおらず、「もっと人増やせや」と思わずにはいられなかった。

台湾の入国審査では顔写真や両手人先指の指紋を取られるが、これまで10回くらいで質問されたことなど1回もない。列に並んでいるときに日本人が「目的を質問されたらサイトシーイングでいいのかな?」などと話していたが、そんな質問をされたことがない。

桃園国際空港では受託手荷物を受け取ったあとの税関検査もユルユルで、カバンのチェックなど誰もしていないから、荷物を受け取ったらそのまま出口に通り抜ける。

逆に関空に帰ってくるときは、日本人が入国審査に並んでいることはほとんどない。なぜか在日韓国・朝鮮人は外国人なのに日本人と同じ扱いになっているが、それ以外の外国人がとてつもない列を作って入国審査を待っている。審査官がいつも10人以上はいるが、かなり待たされそうな行列だ。

帰国のときはいつも大して並ばずに済んだのだが、どうも最近は税関検査が厳しくなった。いつもは素通しに近い状態だったのに、検査官が「どこの国からお帰りですか?」とか「渡航目的はなんですか?」などといちいち質問してくるので時間がかかってしょうがない。ひとりひとり時間がかかるから外国人観光客らと一緒に並ぶハメになる。
先月に台湾から帰国した2回とも、最後の税関検査で15分くらい待たされた。これまではさっさと通り抜けていることがほとんどだった。
私はこれまでの人生で税関検査でカバンを開けられたことがないが、外国人はほかの場所に連れて行かれてカバンを調べられたり、ボディチェックをされることがあるようだ。

これは金の密輸事件が相次いだことと関係していると思われる。「韓国旅行がタダでできる」と呼びかけて集めた連中に金の密輸をさせる事件が相次いだ。タダで韓国旅行ができて、帰国時に金1キロを運ぶと1万円の謝礼まで貰える。10キロで10万円だ。
アホな主婦がそれに飛びついて、税関で見抜かれて全員逮捕されていた。

現在、金は1キロで486万円だ。私だったら密輸業者を出し抜いて10キロくらいの金を持ち逃げしてやろうかと思うわけだが、密輸業者は渡航歴を調べるためにパスポートを念入りにチェックしているので個人情報がバレバレで、犯罪者集団から逃げおおせることはムリなのかも知れない。

日本に金が密輸されるのには、日本の金取引が特殊であることによる。よその国は金の購入は非課税だが、日本は消費税がかかる。金を売却するときに消費税分が上乗せして返ってくる。金の価格は全世界でほぼ同じであることから、外国で金を購入し、税関を通さずに日本に持ち込んで売却すれば、消費税の8%分がまるまる儲かる。
普通に金を税関に通せば、金自体に関税はかからないが、20万円以上を超える購入額の金の場合は8%の消費税がかかる。それを無視すれば、金1キロの密輸で38万円も儲かるあまりにもボロい商売となる。
何年も前から金の密輸を専門にしている犯罪者集団が多く存在し、アホな主婦らがそいつらの手先として利用される。

今日の産経新聞の1面トップに、「紅いバブル」という連載記事が掲載されていた。そこには中国のカネ持ちが海外へ資産を移転しつつ、さらに日本に密輸して売却することで8%分の利益を得ることができる。どんな銀行の利息よりも高い。
中国と台湾の空港職員は買収済みで、金をひとまず台湾に移し、そこから運び屋を使って日本に密輸するのだという。この1年ほどで130人の台湾人運び屋が税関で摘発されているという。

【産経ニュース】台湾発LCC機内トイレに金塊…人民元の海外逃避に走る富裕層 (7/11)

これまでは香港経由の密輸がもっとも多く、次いで韓国だった。今は台湾がかなり増えているらしい。

ここ数年で金の密輸が爆発的に増えたのは、消費税が5%から8%になったかららしい。これが10%になるともっと増えると見られている。本来なら今年の4月から10%だったが、2019年10月に延期された。だから、2019年10月以降、金の密輸がもっと増え、空港の税関検査がもっと厳しくなるのかも知れない。めちゃくちゃ迷惑な話だ。

迷惑なのは空港で待たされることだけではない。中国人らが金の密輸でボロ儲けしたカネは、元はといえば日本の税金である。日本や外国の犯罪者に税金から儲けさせているのと同じで、納税者として考えると腹立たしい話でもある。

世界の多くの国では、金地金の現金取引には付加価値税や消費税といった税金がかからず、非課税となっている。日本での金地金の取引が消費税の課税対象だからこんなことになっている。
これまで課税だったものを急に非課税にすると損をする人も出てくるので問題があるのかもしれないが、金の密輸で簡単に儲けようとするヤツらを根絶し、税金を掠め取られないようにするためには、もうそれしかないのではないか。

カネの話には疎いので、そんな単純なことでいいのか知らないが、空港でむやみやたらと待たされたり、税金がどこぞの外国人や犯罪者に盗まれていることに納得がいかないことは間違いない。

このページのトップヘ