先っちょマンブログ

私は今現在放送されているテレビ番組の中では、よみうりテレビの「土曜はダメよ」という番組がイチバン好きだ。
その番組の中のコーナーである「小枝不動産」のオープニングテーマをケータイの着メロにしようと思い付いた。

「土ダメ」は毎週デジタル放送を録画して、CMカットをしてCPRM対応のDVD-Rにせっせと焼いてため込んでいるのだが、そこから「小枝不動産」のテーマだけを抜き取るのはどうも難しそうだった。
CPRM対応のPowerDVDなどの再生ソフトで再生はできるのかも知れないが、取り込みはできない。

そこで、仕方なしにアナログ放送を録画して、テーマ曲の部分だけ編集して普通のDVD-Rに焼き、それをパソコンで開いて音声だけをWAVファイルに落として、そこからケータイ用の着メロを作成した。テーマ曲といっても、ただのジングルなので時間が短く、ケータイの自作着メロにはちょうどいい。
私のケータイは、Eメールが来たら、「ちゃっちゃらら~ ちゃっちゃらら~」と小枝不動産のテーマ曲が流れる。私のケータイにEメールなんぞ来ないのだが、毎週金曜日に来るマクドナルドからの配信メールが唯一着メロを鳴らすチャンスだ。

地上デジタル放送やBSデジタル放送は、映像がじつに鮮やかで美しく、テレビ好きには最高の絵を見せてくれるわけだが、B-CASによるDRM(デジタル著作権管理)は本当に鬱陶しいと思う。
「小枝不動産」の着メロを作ることすらできない。2011年にアナログ放送が終わったら、「小枝不動産」の着メロを作るには、昔ながらにテレビの前にラジカセを置いて録音したりしないといけないのか。

しかも、B-CASのコピーワンスやダビング10は、鬱陶しいわりに何年も前にその暗号が破られていて、意図的に海賊版を作ろうという連中にしてみれば実質的にないに等しい。
にも関わらず、一般の素直な視聴者ばかりがめんどくさい思いをして、さらには不利益も被るのである。最近はデジタル録画できるCPRM対応のDVD-Rも普通のDVD-Rと同じくらいの値段にまで下がったが、それでもB-CASのDRMでいいことなんてひとつもない。

海賊版を出さないようにするための仕組みであるDRMが、その体をなしていないのだから、それを続けることにどんな意味があるのだろう。海賊版を作ろうとする連中だけいくらでもコピーできて、一般人ばかり損するのが今の日本のデジタル放送だ。

そもそも、B-CASを取り仕切る会社がB-CAS社一本に絞られており、独占状態になっているのがおかしい。なぜこの独占事業が独占禁止法に触れないのか不思議で仕方がない。

また、東芝の社員がB-CASのDRMを破るソフトを販売して事件になったらしいが、B-CAS社は東芝が出資しており、B-CASと東芝の結びつきで情報がだだ漏れして、今度の事件が起きたのではないのか。つまり、パナソニックや日立など、B-CAS関連会社の人間は幾らでもデジタル放送をコピーしてやがんじゃないかと疑われても仕方がない。

肝心のDRMがとっくに破られているというのに、B-CASは何も変わらない。せいぜい、大きすぎると批判されたB-CASカードについて、小さいサイズのミニB-CASカードを作ったくらい。アホ丸出しだ。
一度やり出したら、あとでどれだけ問題が出ても途中で変えられないという、日本の悪いところが全部出たのがB-CASだ。

そんなもん、さっさとやめちまえ。
どうせ面倒を強いるのであれば、せめて誰も破れない暗号を使って、皆が平等に不利益を被るようにしろ。

 

犯罪者が飯を食ったとかでニュースになった。
イギリス人女性の死体を遺棄して逮捕された市橋達也が、それまで拒んでいた食事を2週間ぶりにようやく取ったそうな。

逮捕までの逃走劇を振り返ると、両親がともに医者のボンボン家庭で育った割に、市橋には根性だけは人一倍あると思う。今度もそれなりの根性を見せつけて、2週間絶食してみせたが、ついに陥落。和風弁当を食った。
それまでに出されていた弁当が嫌で、和風の弁当しか食べないと決めていたのだろうか。

何を意固地になっているのか知らんが、ハンストまがいのことを注目されたら、結局最後は飯を食って恥ずかしい思いをするだけなのに、市橋という男は本当にバカなんだろう。
それとも、取り調べの警察やら検察やらに、自分がここまで根性があるというところを見せつけて、イギリス人女性の殺害は死んでも認めず、完落ちは絶対にないという決意表明をしてみせたのかも知れない。

警察は、完全黙秘したり、かなり神経が図太いタイプの容疑者には随分と手こずるらしい。

結婚詐欺などで何人もの男性を殺害した東京の毒婦こと木嶋佳苗は、警察が早くから目星を付けて、かなりの長期間尾行をしていたそうだ。しかも、電車で隣の席に座って声をかけたりするなどし、わざと木嶋を揺さぶってみたが、木嶋は全く同様もせず、ずっと普段通りの生活をしていた。
警察はそれで自白は得られないと確証し、別件逮捕で証拠固めをしている最中に、事件をどこぞの新聞社にすっぱ抜かれたとか。
鳥取の事件もそうだが、どちらも確たる証拠がない殺人が多いため、せいぜい2~3人の殺害容疑でしか立件されないかも知れない。

同様に、市橋の場合も、ヤツの根性や意固地な正確を見る限り、自白など到底得られるわけがなく、警察がどのように動くかが見物だ。
殺人で立件できないなんてことはないだろうが、もし有罪にできなかったら、千葉県警は市橋にすんでのところで逃げられただけでなく、二重で恥をかくことになる。

果たしてどうなることやら。

 

 

オウム真理教幹部だった新実智光の弁護士が、「死刑は酷」などと裁判で主張したらしい。
「逢魔が刻」みたいな感じで軽い感じで言って貰っては困る主張だ。

弁護側は新実に関して「十分に更生の予知が残されている」と言っているが、そもそも死刑判決は「更生できないから」という理由で下されるもんじゃないと思うのだが。それは理由のひとつだろう。

新実智光は、26人を殺害したかどで、計11件の罪に問われている。26人の中には、坂本弁護士や地下鉄サリン事件の被害者が含まれる。全部が全部直接殺したわけではなかろうが、それでも26人殺した男が死刑から回避されるなんてことはあり得ない。
弁護士の仕事として、死刑を逃れるためになんでもかんでも主張する必要があるのかも知れないが、違和感を感じてしょうがない。

それに、未だにオウムと麻原彰晃に帰依していると主張し、歪んだ信仰を全く変えようとしていない。そんな男のどこらへんに更生の余地があるのだろうか。もし新実智光のような男が更生できるのであれば、どんな凶悪犯でも大抵は更生できることになり、死刑を逃れることになる。
んなアホな話があるか。

オウム関連の裁判は、死刑廃止派の弁護士が自らのイデオロギーを主張するかのような場になっている。
裁判ってそんなもんなんだろうか。

それを思うと、自分のことを脇に置かれ、死刑反対の意見を言うために利用されている麻原彰晃や新実智光は、ある意味不幸なのかも知れない。
 

 

このページのトップヘ