先っちょマンブログ

オバマ大統領のノーベル平和賞を受けてかどうかは知らないが、時期を同じくして広島市と長崎市が突如、共同開催で2020年の夏季五輪招致に名乗りを上げた。県にも国にも一切報告なく、見切り発車で走り出した感がある。

そもそも、IOC自体が五輪憲章で複数都市での共同開催を認めておらず、IOCのお偉いさんも共催を否定しているのだが、広島と長崎の両市長はあくまでも強気だ。
その裏には、自分たちの都市は唯一の被爆都市だというある種の傲慢さが見え隠れしている。

「どんなルールがあろうとも、俺たちは被害者なんだから意見を通せるはず」
「被爆都市が訴える平和を誰が無視できようか」

要するにこういう考え方だ。これを傲慢といわずして何と言おう。

昨日も書いたが、最近は弱者を持ち出せば何でも意見が通るような社会的風潮がある。そんなアホな風潮があるのは主に日本だろう。広島と長崎の両市長の傲慢さは世界中の人々に見透かされ、うるさく思われるに違いない。

平和の大切さを訴えることや、核兵器を使ったアメリカの非道を世界中に問いかけることは大切かも知れないが、それはオリンピックというスポーツの晴れ舞台でやることなんだろうか。いちいち暑苦しいし、いくら今のオリンピックが政治的になってしまったとはいえ、そこまで政治や思想といったものを持ち出していいものか。
ことあるごとに核や戦争の悲惨さを訴えられるオリンピックなど興醒めである。オリンピックは、本来は純粋に最高峰のスポーツを楽しむものだろうが。

だが、そんなことも広島や長崎の一部の連中には全く通用しないのだろう。自らを無謬野存在と考え、被害者の意見は免罪符になると信じているようなヤツらは視野狭窄に陥っていて、ほかの人からどのように思われているかなど全く気にならない。自分たちが正しいと思うことだけをやればいいと思っているのだ。

被害者の意見には耳を傾けなければならないが、被害者は絶対的な存在ではない。しかし、その被害者を利用して、絶対的な存在に祭り上げ、利用しようとするヤツらがいる。実に白々しいことではあるが、社会では平然とそれがまかり通っている。

被害者やら"社会的弱者"やらを利用した傲慢な振る舞いは、主にサヨク連中に見られることであるが、保守の側にも一部それが見られる。

例えば、拉致事件のことだ。拉致被害者やその家族があまりにも絶対視されていて、反対意見を挟む隙間もない。北朝鮮は断じて許されないし、拉致被害者は総力を挙げて奪還せねばならないが、拉致被害者家族やその支援団体に稀にある、おかしな意見に対して何も言えないのはおかしい。
これでは、部落解放同盟に何も言えないように、実に息苦しい状況になってしまう。それではいけないだろう。

この世の中は、何だって言えるようになるべきだ。だから、広島や長崎が傲慢なことを言ってもいいが、逆に「調子に乗るな」とそれをたしなめる意見がもっと出ていいと思う。被爆都市だからと言って遠慮することはなかろう。何も、被害者やその関係者は絶対ではないのだから。

 

今日、一部のマスコミがイギリスの映画俳優オーランド・ブルームがユニセフの親善大使に任命されたと報じた。オーリーは2年前からユニセフを通じて慈善活動をしており、今回の任命を受け、「ユニセフとともに、子供たちにとってよりよい世界づくりに取り組むことを楽しみにしている」などと話しているそうな。

オーランド・ブルームは「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるエルフのレゴラス、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のウィル・ターナーなどを演じた俳優で、若い女性に結構人気がある。

しかし、最近は大作にあまり出ておらず、何だかよく分からない恋愛のゴシップが増え、人気はやや下降気味だ。

「仕事を頑張れよ」と言いたくなるが、ハリウッドのスターたちの間で、慈善活動をしたり、貧乏な国の孤児を養子にして育てるのがブームだから、オーリーもそれがやりたくてしょうがないのだろう。
ユニセフの親善大使はこれまで、有名な歌手や映画俳優らが任命されているから、芸能人の格付けとしてはそれなりのものに違いない。

オーリーのユニセフ親善大使任命を喜ばしく思っているのは、本人はファンだけではないだろう。きっと、池田大作・創価学会名誉会長も喜ばしいと思っているに違いない。

「潮」や「第三文明」などの創価学会関係の雑誌でもあまり出てこず、広告塔として使われていないのだが、オーランド・ブルームは創価学会インタナショナルのイギリス支部に籍を置く、かなり熱心な創価学会の会員であることが知られている。それを報じた週刊新潮によると、オーリーは日に二度、かかさずお題目を唱えるほどの信者であるらしい。

笑えるのが、このことについて、映画雑誌ではオーリーを「熱心な仏教徒」と表現していることだ。確かに創価学会は日蓮宗系だから仏教といえば仏教かも知れないが、学会員を"仏教徒"というのは違和感を覚える。「熱心な仏教徒」のハリウッド俳優とは、リチャード・ギアのような人物を指すのであって、決してオーリーに当てはまるものではあるまい。
しかし、ライターにとっては「オーリーは学会員」などとは書けないから、苦肉の策で"仏教徒"としているのだろう。

サイエントロジーにどっぷりはまったトム・クルーズは、恋人を説伏するなど、周りに迷惑をかけながら布教活動を続けているが、朝晩欠かさずお題目を唱える熱心な学会員のオーリーは、ユニセフの親善大使としての活動を通して、創価学会の布教活動を行ったりするのであろうか。

 

土曜日の夜にフジテレビ系列で放送された、「めちゃイケ」のメンバーらが出ていたフジテレビ50周年特番の「めちゃめちゃおぼえてる」を見た。TBSのドリフ特番もそうだが、昔のVTRを掘り起こしてきて特番にするのは金がかからず、そこそこの視聴者が見込まれるのでテレビ局としてはオイシイのだろう。
事実、50周年特番でありながら、大昔のVTRは何ひとつ出ず、「めちゃイケ」のルーツを探る名目で「ひょうきん族」以降のバラエティばかりが放送された。50代以上の視聴者はターゲットから除いているのだろう。

その中で、岡村や加藤らが「昔はバラエティでいろいろ危ないこともやっていたのに、今は苦情が来るから何もできない」とか「自分たちはイジメをやっているわけではない。苛められている子がいるのなら、その子に笑って貰えるようにしたい」などと語っていた。
めちゃイケの芸人らは、いつもPTAの連中から子供に見せたくない番組として目の敵にされ、ゲームに負けた人をタコ殴りにする「七人のしりとり侍」のコーナーが「イジメを助長する」として苦情を受け、取りやめになったことなどを苦々しく思っているんだろう。

特に加藤は、「いつもバラエティ番組のせいにして子供が堕落するとか言うけど、親の育て方のせいだろうよ」とキレていた。それは正しい。てめえの子育てのミスをテレビのせいにバカ親が多過ぎる。

どうも昔から、薄らバカというのは何でも人のせいにする傾向がある。自分の失敗なら尚更だ。特に子供のことになると、「アレがダメだ」「コレがダメだ」と文句ばかり言って、自分たちのやり方を直そうとしない。

1955年頃、全国で「悪書追放運動」という運動が繰り広げられた。「漫画が子供の教育に悪い」として、いろんな漫画が焚書にされた。特にやり玉に挙げられたのが、手塚治虫の漫画だ。今では名作とされる「鉄腕アトム」も焚書の被害にあった。
手塚が描く未来を当時の親たちは全否定し、手塚は「デタラメを描く子供の敵」とされた。
これは漫画家人生の中で何度かスランプに陥ったことがあるが、「悪書追放運動」は手塚を悩ませ、スランプへと追いやった。

秦の始皇帝が行った焚書坑儒や、毛沢東が行った文革での焚書を見れば分かるように、中国人のような狭量な低能が焚書をするわけだが、当時の日本の親も中国人に倣ってそうしたのであろう。

程度の低い連中は何でも人のせいにしたがるわけであるが、そういう連中が集まると、自分たちの力を過信し、その力を見せつけたくなる。人々を弾圧したがるのだ。誰かが自分たちと異なる考えをすることを全く許さない。
例えば、部落解放同盟がやっていることを見ればよく分かる。ヤツらは、自分たちと異なる考えを全く認めず、自分たちを批判する者を決して許さず、挙げ句の果てには糾弾会で吊し上げをしたりする。
被差別部落の被差別者を出せば誰も文句が言えなくなるから、多少の不満があっても、事なかれ主義も手伝って皆がそれに従うようになる。そうなると、ますます調子に乗ってしまう。

どういうわけか、社会的に弱いとされる立場の人間を盾にすれば、多少の無茶も押し通せる社会的風潮がある。だから、いろんな団体がそれを利用して、自分たちのアイデンティティ確立のために社会に自分たちの考えを強要するのだ。

私がこのブログで何度も言ってきた「子ども」や「障がい者」といった書き方を強制する連中も同じだ。実際は子供のことや障碍者のことなんかそれほど考えてはいまい。自分たちの力を見せつけるために文句を垂れているだけだ。
「黒人差別をなくす会」とかいうのを作ったバカな家族が、漫画の黒人表現やカルピスのマークを替えさせた事件があったが、それと全く同じだ。

最近は、何らかの問題を人のせいにするだけでなく、新たな問題を作り出していちゃもんを付け、何かを変えさせることが流行になっている。男女の区別をなくすために、「スチュワーデス」は「キャビンアテンダント」に、「看護婦」は「看護師」になった。テレビでタレントが「外人」と発言しても字幕スーパーでは「外国人」と表示される。
何だコレは。この社会は問題だらけ、差別語だらけで、何でもかんでも変えていかねばならないのか。とてもそうは思えないのだが。
ただ単に、ある思想を持った連中が、問題を作り出しているだけだろうが。

 

このページのトップヘ