先っちょマンブログ

年末に日本テレビ系列で放送されていた、イマイ記者の特番を今頃見た。今回、イマイの出番は少なく物足りなかったのだが、番組のラストで、大がかりな未公開株詐欺事件の詐欺団の追跡を行っていて、それはそこそこ見応えがあった。

その中で、犯人グループのひとりが銀行で出資者から振り込まれた1億円を引き出し、窓口で紙袋に1千万円の束をどんどん詰めるさまや、それを路上で別の一味に渡す光景が録画されていた。

普通ならば、何千万、何億という金を誰かに直接渡すことなんてないわけだが、あったとしても、口座間の送金などで安全な移動を行うはずだ。だが、犯罪者は金のやりとりを把握されたくないから、現ナマでやりとりする。
小沢一郎もまさにそれだ。

小沢は土地を購入するのに、父親の遺産の何千万だか何億かだかを秘書に現金で手渡している。そうすることで金の動きが不透明になり、あとで追われにくくなる。手下がのちに逮捕されることになっても、シラを切り通すことができる。裏献金ではなく、タンス預金だと言い張って、検察の陰謀だと主張することができる。

ああ、アホくさ。現ナマで土地購入のやりとりをしたからって犯罪になるわけではないが、どう考えてもアヤシイし、適当にごまかした説明をするのがますます胡散臭く思える。
挙げ句の果ては、秘書の逮捕は民主党の党大会に合わせた検察の謀略だとか言って、自身の身辺への調査も陰謀だと言う。

んなわけあるかい。なんでもかんでも逆ギレしていいってもんじゃねーだろが。

思えば、鳩山首相も贈与税の脱税を指摘され、逆ギレしていた。
「秘書が勝手に母親から貰っていたもんだから知らん」と言い張り、どうにもならなくなると、「贈与税を払えばいいんだろ、払えば」と5億払った。

日本の政権与党の2トップがこれである。逮捕や立件されそうになったら逆ギレし、陰謀だなんだと騒ぎ立てりゃいいと思っている。
現に、鳩山首相はそれで許された。小沢一郎はどうなるのだろう。

国民から選ばれ、日本の中枢にいる人間がそれなんだから、国民もそれに倣えばいいのかも知れない。
積極的に脱税をし、バレたら「知らなかった」で押し通し、あとで税金を払えばいい。
痴漢や殺人なんかで逮捕されても、「検察の陰謀だ」と主張すりゃいい。

ただ問題なのは、あいつらが許されるのは大物政治家だからであって、下々の国民には罰が容赦なく与えられるだけなのだが。
やっぱり、小沢や鳩山は手本にはならないか。
 

 

テカガミストやミラーマンと呼ばれる痴漢常習者の元大学教授・植草一秀は、陰謀によって痴漢の犯罪者に仕立て上げられたと主張している。彼曰く、小泉政権のほか、アメリカなども関係しているらしいが、日本やアメリカは一体どんな理由があって、ひとりの大学教授を貶めたのだろう。

誰もアホな痴漢の言い分に耳を貸さないわけだが、彼とごく少数の彼の支援者らは、これからも戦っていくと息巻いている。一体、何と戦うのか。大学教授を痴漢に仕立て上げる国と戦うというわけか。

頭のオカシイ連中は、どうも誰か、何かと戦うのが好きらしい。勝手に息巻いて、鼻息を荒くしながら宣言するのである。「これからも戦っていく」と。
まるで、風車と戦うドン・キホーテのようだ。

小沢一郎も今日の民主党党大会で同じことを言っていた。民主主義のため、検察と戦っていくのだそうな。背水の陣とも言える小沢にはそう言うしかないのかも知れないが、どう戦っていくのか見物である。

検察にはなんとしても頑張って貰って、できれば小沢一郎の逮捕、立件、最悪でも小沢一郎を国会議員から引きずり下ろす証拠を突きつけるようにして貰いたい。
小沢一郎は和製金正日とも言える政治家で、こいつが権力を持ち続けるとロクなことがない。

小沢一郎は、中国におもねって天皇陛下を政治利用した上、文句を言った羽毛田宮内庁長官に辞めさすぞと恫喝した。
さらには、日韓併合100年の今年、韓国でのイベントに天皇陛下を派遣し、韓国人の前で謝罪させようとしている。

その上、民団にもおもねって、選挙協力の見返りに、在日韓国人らに地方選挙権を与えるため、外国人の地方参政権を是が非でもこの国会で通そうとしている。

小沢一郎は、一言で言うと売国政治家なのだ。それを思うと、小沢には和製金正日という言葉は当てはまらないかも知れない。少なくとも金正日は売国的なことはしないからだ。

今度の事件が、小沢一郎の政治家生命を絶つ最後のチャンスかも知れない。この機会を逃すと、日本はむちゃくちゃになってしまう。日本のためにも、小沢一郎を潰すしかない。
検察、マスコミ、そして国民の声に期待したい。
 

 

Googleが、最近中国で中共政府に楯突いているらしい。なんでも、ネット検閲がガマンの限界を超えたとか。これ以上やるなら撤退するとも言い出した。

そう言うと、中国への反抗であるかのようで聞こえがいいが、実際は中国でうまくいっていないものあるんだろう。Googleは世界中の検索サービスを数年で席捲したわけだが、中国では百度(バイドゥ)のシェアを奪えずに苦しんでいる。
最近では根性を見せつけて巻き返しを図っており、百度に迫る勢いであるとの報道もあるが、相当苦しんでいるのは確かだ。

中国人は、インターネットサービスに関しては自国のサービスを好んで使うらしい。検索サービスや、ブログサービス、メッセンジャーサービスなど、海外のサービスをなかなか受け入れない。
それに業を煮やし、さらに中国政府のごちゃごちゃウルサイ注文があるから、Googleとしてもうめんどくさくなったんだろう。

中国市場は世界一のマーケットになり得るが、あまりにも面倒だから、ほかの絶好調の国々に注力するつもりなのかも知れない。

中国政府に刃向かうGoogleの姿勢を評価するムキがあるが、Googleは2005年から中国政府の干渉を多く受け入れてきた。Googleニュースに掲載する記事に、中国政府が不利になるような記事を採用しないようにした。
検索結果にも意図的に手を加えるようになり、中国政府が困るような検索結果を出さないようにした。

Googleはこれまで、中国で商売をするため、中国政府におもねり、中共による中国人の弾圧に手を貸していたのである。

中国にペコペコしていたGoogleは、アメリカ政府には強い。Googleは、連邦裁判所から犯罪捜査のために、Googleが集めたURLのリストを提供するように命令を受けたが、断固としてそれを拒否した。
アメリカは自由の国であり、政府に多少楯突いても商売できるからだ。たとえ犯罪捜査に役に立つのだとしても、アメリカ政府におもねることはできないのだ。中国政府には同じことができない。

Googleha今さらその姿勢を変えた。
それでも、全く態度を変えないMicrosoftやYahoo!、Ciscoよりかはマシか。

 

このページのトップヘ