20170707-1

昨日、「米国立文書記録管理庁から朝鮮人慰安婦の動画が発見された!」として、韓国のニュースが盛り上がっていた。



この18秒の動画は1944年9月8日に中国雲南省松山で撮影されたもので、米中連合軍の攻撃によって陥落した松山で捕虜として捕らえられた慰安婦を米兵が撮影したものだ。
これまで、中国人慰安婦の動画は発見されていたが、朝鮮人慰安婦の動画はこれが初めての発見なのだという。
この発見に韓国メディアは小躍りした。「慰安婦の証拠だ!」と騒いでいるようだ。

【ハンギョレ】朝鮮人「慰安婦」被害者を撮影した動画を発見 (7/6)

韓国人はこれで慰安婦に関する日韓合意などの"再交渉"を優位に進められると考えているらしい。韓国人がなにを勘違いしているのか知らないが、日本はこれまで慰安婦の存在を否定していない。朝鮮人慰安婦の動画があったところで、「ああ、そうですか」と言うしかないレベルである。

日本は軍や官憲による慰安婦の強制連行や性奴隷化を否定しているのであって、慰安婦の存在自体は否定していない。日本兵相手に商売をしていた売春婦は間違いなくいた。
発見された動画が、嫌がる朝鮮人を日本軍の兵士が強制連行するものや、韓国人が言うように抵抗した慰安婦が釘を差した板の上を転がされて肉片になるものであれば驚くほかないが、国民党軍の将校の前で怯えている朝鮮人慰安婦の動画に目新しいところなどなにもない。

それでも、とにかく慰安婦のことで日本の優位に立ちたい韓国メディアは、国内向けにまたゴチャゴチャ言っている。

【ハンギョレ】「慰安婦」強制連行と強制性 (7/7)

「強制連行などなかった」という日本の主張に対し、インドネシアのスマラン慰安所でオランダ人が監禁されて強姦された事件を持ち出し、これが「慰安婦の強制性だ」などと主張している。慰安婦の話になると必ず出てくる、しゃぶり尽くされた話だ。
日本軍に蹴散らされて敗走したオランダ人が復讐のため、終戦後にバタビアで軍法会議を開いてBC級戦犯で日本軍の軍人11人が有罪になったわけだが、この軍事法廷が仮に正しいものだったとしても、事件に関わった日本軍関係者は軍令に背いて行動したことには変わりがない。

韓国から出される強制性の証拠は、朝鮮半島から遠く離れたインドネシアでオランダ人何十人かに行われたものでしかない。しかも、日本軍の軍令を無視した暴走行為である。これがあったから、慰安婦の強制連行があったとどうして主張できるのか。
韓国が言うには、日本の軍や官憲が朝鮮人や中国人を20万人も慰安婦として戦場へ強制連行したそうだが、それを示す証拠は一切ない。40年くらい前まで、そんなことを言う人はひとりもいなかった。
慰安婦の強制性を示すため、インドネシアのオランダ人慰安婦に頼るか、自称慰安婦の証言に頼るしかないのだ。

そんなもの、事実でもなんでもないが、韓国人にとってみればこれが事実なのである。
慰安婦だった人の半分以上は日本人だったが、そういう都合の悪い事実についてはまるでなかったかのようにされている。

吉田清治のウソと朝日新聞の売国報道によって、慰安婦の強制連行や性奴隷というウソが世界中に広まってしまった。
南京虐殺についてもそうだが、歴史はなにもないところから生み出されることがある。

恐ろしいことに、今度は軍艦島で強制連行された朝鮮人が奴隷として働かされ、何百人も死んだという歴史が作られようとしている。
一切の史実に基づかない韓国映画が史実に基づいたものとされ、韓国人が信じるばかりか、世界に「これが真実だ」とアピールされている。
身の毛もよだつような話が、この21世紀に現在進行形で進んでいる。

慰安婦は売春婦だった。イヤイヤやっていた慰安婦もいただろうが、売春婦であることに変わりはなかった。日本兵がなけなしのカネを慰安婦に使った。慰安婦のなかには日本軍の将校よりも稼いでいるのがいた。慰安婦には外出が許され、好きな洋服などを買っていた。
軍艦島で仕事をしていた朝鮮人は、日本人と同様の給金を貰っていた。危ない仕事はベテランの日本人工員が行っており、朝鮮人が死んでもいいなどという仕事はなかった。

わりと待遇よく扱っていても、戦後何十年も経ってあることないこと言われるのだから、日本はつくづく損である。
朝鮮半島に40校しかなかった学校を30年で100倍以上の4200校にし、朝鮮人に教育を与え、文字の読み書きができるようにした。
日本人と朝鮮人は同じ学校に通ったし、朴正煕のように成績優秀者は満州の軍官学校や日本の士官学校に進学し、軍の士官になった。朴正煕は陸軍士官学校を首席で卒業し、卒業生を代表して答辞を読んだほどだ。
そんな植民地支配が日本以外にこの世のどこにあったというのか。

戦後70年以上経っても韓国による日本への糾弾は収まらないどころか、年々酷くなる一方である。
しょーもない証拠を出してきて大騒ぎしたかと思えば、証拠がないことについては空想映画を作って事実だったと言い張る始末。付ける薬がない。
それでありながら、後ろしか向いていないクセに日本に対して「未来志向」などと抜かし、その「未来志向」のために日本には真摯な謝罪と金銭を繰り返し要求する。ヤクザやNHKよりも酷い。

核実験をしたり、ミサイルを撃ちまくって威嚇する北朝鮮も酷いが、日本に対してやっていることでいえば韓国も十分酷い。ありもしないことで日本を貶める言動を取ることでいうと、北朝鮮よりもずっと酷い。
日本人が毛嫌いして当然だが、嫌われると「差別だ」と主張し、「加害者である日本が被害者である韓国を嫌う理由などない」と平然と口にする。
自分たちがなぜ嫌われるかを理解できないのだから、これらの言動が改まるわけがない。

韓国という国は、本当にどうしようもない国である。北朝鮮もろとも一緒になくなってくれば、日本の重荷がひとつ減るのだが、日本はこれからもずっと韓国というかせを付けられたままでいかねばならないのだろう。
なんという酷いハンディキャップなのだろうか。