20170712-1

韓国の聯合ニュースが興味深い記事を掲載していた。

【聯合ニュース】外国人観光客の再訪問 日本が韓国を大幅に上回る (7/12)

韓国は日本と比較して自国がどうなのかという報道が好きであるが、数年前に観光立国という立場で日本を小バカにしていたのに、その日本に文字通りあっという間に観光客数で抜かれたことに歯噛みしており、観光で日本に負けていることについていろいろ分析している。

この記事では、日韓の外国人観光客についてリピート率を比較し、それぞれ2回以上訪れた観光客が日本は61.6%(前年58.7%)、韓国は38.6%(前年46.1%)で、日本が韓国を圧倒しているとした。
ほかに、訪韓観光客の60.3%は日本と韓国を比較して韓国にしたとか、韓国客満足度は韓国が95.0%、日本が93.8%で韓国の方が高いと韓国の誇りだけは傷付けないように補足しつつ、再度訪れるかの意向について日本は93.3%、韓国は84.1%で、やはりリピート率は日本のほうが高いとしていた。

昨年、仕事で韓国に行ったが、正直なんの魅力も感じなかった。ソウルや釜山のような都会ではなく、人口20万人くらいの地方都市に行ったためかも知れないが、本当につまらなかった。元々韓国やK-POPに興味がないため、なにかお土産やグッズを買うわけでもない。繁華街を歩いたが、欲しいものがなにもなかった。地元スーパーでコチジャンと韓国のり、空港の雑貨屋でタブレットなどが入れられる韓国製のクッションポーチを買っただけだった。

韓国ではひとりで飯が食べられる飲食店が極端に少ない。ひとりで飲食店に入り、二人前でいいからと注文しようとしても断られることがある。
どの店がひとりで入れるか分からないので、常に後輩と一緒に飯に行くことになり、常に私が食事代を出すことになってちょっとイラついた。

韓国が大好きであれば、K-POPのCDやらアイドルグッズやらを買い、洋服や雑貨、化粧品あたりも買うのかも知れない。しかし、日本人にとって韓国で売っているものはすべて日本の下位互換品みたいなもんだ。日本でよさそうなものが安く買えるのだから、韓国で買う理由がない。

よくない点も多く目に付いた。
韓国はなんか汚い。台湾もあまりキレイでないところが多いが、韓国の地方都市の道はゴミだらけだ。台湾でもそこまでゴミだらけではないのに、韓国の地方都市の道路は歩道の段差部分にポイ捨てされたゴミが溜まっているし、路上駐車の車でいっぱい。
台湾は電線が地中化されているが、韓国では日本のように電柱があって電線が空中に張り巡らされているところが多く、その電柱は張り紙だらけで汚い。

店の店員が不親切だとは思わなかったし、日本人だからなにかされたなんてことはなかったが、コンビニのアルバイト店員は皆がイスに座ってスマホをいじっている状態で勤務態度は悪かった。

よかったのはタクシーくらいだ。車は新しくてそこそこグレードの高いヒュンダイのセダンで、料金もそこそこ安かった。それだけの理由である。韓国の大企業に訪れる日本人は多いのか、運転手は日本人乗客に対してやけに親切だった。
そんなタクシーも、ソウルなど都会ではボッタクリが未だに横行しているらしいが。

私が台湾好きという贔屓目があるにしても、近くて安い国の観光地として韓国と台湾を比べると、圧倒的に韓国が劣っている。
日本人が好きな食事については圧倒的だ。台湾の方が安くてうまい。韓国もまずくはないが、市場の露店では価格が表示されていないことが多く、店の人に尋ねる必要がある。台湾は小さい屋台でも価格が書かれたメニューが必ず掲示されているので、自分で注文して幾ら払えばいいか分かるが、韓国は幾らかよく分からないのでボッタクられているのではないかと不安になる。

これではよほどの韓国好きでないかぎり、もう一度行こうとは思わないのではないか。
よく韓国のタクシーや露店でボッタクられた話を聞くが、そんなことがあったらさらにまた行こうと思う気になれない。観光地としての魅力アップも必要だが、観光客に対する最低限のマナーも必要だろう。

観光客減に泣く韓国であるが、今年の統計はもっと酷くなることは間違いない。THAAD報復で韓国を市場から締め出す限韓令を出した中国政府であるが、今年3月には団体ツアーも大幅に制限した。そのため、韓国に入るクルーズ船の外国人客は昨年比で1割未満に激減し、ソウルの繁華街では閉店する店が増え、中国人激減にあえぐ済州島の済州空港では免税店を展開していた業者が撤退するにまでなった。

韓国の空港における免税事業に関して、政府と業者との癒着があったのではないかと新たにニュースになっているが、そんなもんを抜きにしても韓国の免税店は問題だらけだ。
仁川国際空港を利用すればすぐに分かると思うが、韓国の免税店にはたくさんのオバサン店員がいて、とにかく声をかけてきてあれこれ勧めてくるのが本当に鬱陶しい。台湾の桃園国際空港では店員も少なく、たまに声をかけてくるくらいだが、韓国では免税店に近づいただけで店員がチョコレートがいいとか、韓国のりがいいとか勧めてくる。
韓国の免税店にはどんなもんが売っているのか冷やかしで見たいだけなのに、誰がそんなもん買うのかと思うような高いチョコレートと高い韓国のりを勧めてくる。
田舎モンの中国人やお人好しの日本人は買うかも知れないが、普通の人は鬱陶しいと思うだけで買わない。韓国の免税店には近付かないでおこうと思っただけだった。潰れて当然である。

韓国では、「中国人が減った分、日本人が増えた」とか、「THAADの制限が解けたのか中国人が増えてきた」などという極めて楽観的な見方が広がっていたが、11日に開催された韓国観光公社の懇談会でそれが間違いだと明らかになった。
外国人観光客が同月前年比で3月は11.2%、4月は26.8%、5月は34.5%という尋常ではない数字で減っている。ほとんど中国人の影響だが、そのおかげでインバウンド市場はピーク時の5分の1になってしまった。
韓国における観光収支の落ち込みは深刻である。

台湾で先月、日本への台湾人出国者数(430万人)が台湾への日本人入国者(189万人)を大幅に上回るうえ、日本人があまりカネを使わないので旅行収支で3680億円の赤字になっていると観光フォーラムで問題視された。
2013年に対日旅行収支が赤字に転落して以降、毎年赤字額が倍のペースで増えていっているという。
海外旅行にでかけた台湾人のうち、3分の1は日本を訪れた。円安の影響もあって台湾人が日本でめちゃくちゃ買いものをするようになり、台湾を訪れる日本人の数は年々増加はするものの、消費が伸び悩んでいるので収支の差は広まる一方だ。

これについて、台湾の専門家は夜市などのB級グルメ、マッサージなどが中心の旧態依然とした観光から、観光地巡りやショッピングといったものにシフトしていかねば赤字収支は改善されないと訴えていた。
台湾政府の観光局は日本でテレビCMを打つなど日本人観光客のさらなる増加を目指し、日本と台湾の鉄道でタイアップイベントを行うなどの努力はしている。

韓国の場合、外国人観光客に来て貰おうという努力をするのか疑わしい。
文在寅は目先の利益のために中国に媚びを売り、THAAD配備に批判的だが、アメリカにも気を遣わねばならないため、習近平に見透かされて報復措置を解除されずにいる。
そこで日本をアテにしたいところだが、「日本人はケチ」と文句を言うだけ。

韓国国会の議長が6月に来日して日本の政治家と会談した際、「日本は景気がいいのだから、韓国の若年者雇用を引き受けろ」などと深刻な若年失業率に悩む韓国の問題を日本に押し付けようとしていた。
ついでに、「平昌五輪に日本人が来ないなら、東京五輪に韓国人を行かせない」などと傲岸不遜な発言もしていたという。

これがすべてだ。韓国に問題があっても日本が手助けをすべきで、日本が韓国に対して悪くするなら報復をすると韓国の政治家が言うのである。中国のTHAAD報復には文句を言うくせに、自分たちがやる分にはお構いなし。

ありもしない慰安婦問題や強制徴用問題を捻り出し、日本人をボロカスに叩いたうえで、日本人が韓国に観光に来なかったら許さないと韓国の政治家が発言する日も近いのではないか。

韓国では、努力は自分たちがするものではなく、他人にやらせるものらしい。そして、あらゆる問題の責任はよそにある。
観光客が減ったのは中国のせいだし、日本人も悪い。この落とし前は日本人に付けさせよう。そう考えてしまうのも、韓国なら当然かも知れない。

誰がそんな国に行きたいのだろう。
「ドケチ」だと批判する日本人に頼らず、これまで通り中国人に頼るといい。アメリカを捨てて中国に全面的にひれ伏せば、習近平も許してくれるだろう。
少なくとも、今のような態度では、韓国が観光立国として生き残るには中国に頼るしかない。日本に頼らず、是非ともそうするようお勧めする。