先っちょマンブログ

2011年08月

かつての私のように、鬱病を患って不安症に陥り、パニック障碍のようになった人間は、予期不安というのを覚えるのだそうだ。

パニック障碍というのは、「息ができない」などと思ってやたらと息をしたがる過換気症候群になり、最終的にパニックになることが多い。

一度過換気症候群になり、苦しい思いをしてしまうと、次にまたなってしまうのではないかという不安にかられるのだ。特に電車などの逃げ場のない閉塞した空間に自分が置かれたとき、過換気症候群になってパニックになったらどうしようと思う。
すると、電車に乗ると想像するだけで心臓がバクバクし、本来なら何でもなく乗れるはずの電車に不安感から乗れなくなってしまう。

それが予期不安である。それが続くと、晴れて鬱病患者の仲間入りだ。

私は何とか通勤電車に乗れたし、今では過換気症候群も治ったように思えるが、それでも元々がネガティブ思考の人間で、常に不安感を覚えるタチだから、そういうマイナスな性格は死ぬまで直らない。
だから、死ぬまでずっと、いろんなことで不安感を覚えるに違いない。

自分の将来どころか、日本の将来だって心配だし、どう考えてもお先真っ暗。会社もいつトバされるか分からないし、働く意味もよく分からなくなってきた。右を見ても左を見ても、不安なことばかり。
この世に不安感を感じない人なんていないかも知れない。だが、程度の違いはあるわけで、一流企業のサラリーマンや公務員なんかは、私のような二流以下の、ヒエラルキーの下層に位置する人間よりかは不安感を感じることは少ないのではなかろうか。

不安に思うことは人それぞれあるのだろうけども、ここ最近、不安に思うことにまたひとつの事柄が加わった。
来夏の電力不足である。

反原発の人や、電力会社に批判的な人は、電力会社が脅かしているだけだと言うのだろうけども、来年の夏の関西は、このままいけば猛烈な電力不足に陥る。
休眠していた火力発電所が思うように動かず、動かしていたところも、24時間フル稼働のせいでぶっ壊れたりした。
関電の予想では、このままいけば最悪の場合、来夏に600万キロワットの電力不足が生じるのだ。

今夏は毎日3000万キロワットくらいは供給能力があって、最大でも90%を超えたくらいだった。
それが来夏は2500万キロワット程度になる可能性があって、20%の電力不足になることが考えられる。そこまで足らないと、計画停電だけで済むかどうか。

少し暑いくらいならガマンできるが、計画停電をやった場合、オール電化の我が家のダメージは大きい。通勤だってマトモにできなくなるだろう。電車の本数が減って、毎日クソみたいに混み合った中、1時間も電車に乗るのはウンザリである。
仕事だってどうなるのだろうか。会社の業績は維持できるのか。私は来年も会社に雇って貰えているのか。
心配事は尽きない。

原発がなくてもいいってヤツらは、電力不足なんか何とかなると思っている楽観主義者なんだろうか。
私は反原発ではないのだが、どう頑張ってもそういう連中のように楽観的に考えることができない。

廃炉にしない限り原発が完璧に安全になることなんかないわけだし、逆に言うと、動いていても止まっていても同じリスクなら動かせやと常々言ってきたが、来年夏まで理屈の通らない連中に、こんなことを言い続けねばならないのだろうか。

とにかく今は動かしておいて、じっくり考えるということが何故できないのだろうか。
日本人は論理的にものを考えられない原始人ばかりだと前に書いたが、マルチタスクでないシングルタスクでもあるらしい。マルチタスクがパソコンならば、多くの日本人は未だ電卓、そろばんなのである。

 

東海テレビが朝の情報番組「ぴーかんテレビ」で、岩手県産のひとめぼれ10キロが当たる視聴者プレゼントの当選者発表の画面で、住所と名前の欄に「怪しいお米 セシウムさん」と表示してしまった問題で、今日になって東海テレビが釈明番組を放送した。

放送直後に局のアナウンサーが「違う映像が出てしまいました。考えられないような不謹慎な内容でした。本当にすいませんでした」と謝罪したが、あまりにも不適切な内容に、ネット上に動画が出回り、それを見た国民の怒りを買って収拾が付かなくなってしまった。

放送事故としては史上最大級のものだと思われるが、これは東海テレビから委託を受けている外部の制作会社の社員が、リハーサル用にダミーデータとして、ふざけて入れてしまい、それが誤って放送されてしまったという事故だ。
生放送のテレビ番組で間違った内容のテロップが出ることはよくあるが、その内容があまりにもめちゃくちゃだった。日本中、特に東北地方が原発事故の風評被害で苦しむ中、ヒドイ話である。

「怪しいお米 セシウムさん」というダミー当選者のテロップを作成した社員は、30年近くテレビ制作に関わるベテランで、50代だったらしい。
だが、やっていることは中学生の悪ふざけである。リハーサル段階で、ほかの社員からダミーの内容を改めるよう注意されていた。「名古屋市
東海花子」くらいにしておけばよかったのに、何が面白いのか知らないが、ふざけて「セシウムさん」を改めなかった。

その結果、間違って放送されてしまい、この結果である。
くだんの社員は、人間が作業することには間違いが付きものだということは知らなかったのだろうか。もし間違いが起こった結果、どのようなことになるかは簡単に想像できそうなもんだ。危機管理能力に欠けているとしかいいようがない。
要するに、バカなんだろう。それでよく30年も仕事を続けてこられたもんだ。

その社員が、今日の釈明番組で、顔出しNGだったものの、一応局からの質問に回答していた。「セシウムさん」と書いたのは、思いつきなんだそうだ。
多分悪意はなかったんだろうけども、思いつきでぱっと書いたというより、悪ふざけしたのだろう。
「面白いと思った悪ふざけだった」とは言いにくかったから、「思いつきで」という理由になったに違いない。

中二病とも言えるバカなことをやった50代の社員は、28日付で所属の制作会社から懲戒解雇処分になったそうだ。
東海テレビの信用は失墜し、スポンサー撤退で金銭面での打撃も大きい。制作会社だって、東海テレビから出禁になるだろうし、ほかの局だってそんな会社に関わるのを避けるかも知れない。周囲にかけたダメージが大きすぎるから、懲戒解雇も仕方がない。

男はただふざけただけなのに、その代償は大きかった。
退職金も出ない懲戒処分だし、50過ぎた今さら、ほかの仕事を探すのも難しいに違いない。
私個人としては、十分罰を受けたと思う。

ところが、世間ではそうは思わない人が多いらしい。
東海テレビの釈明番組に関するYahoo!ニュースに付けられたコメントを見ていると、「実名を出せ」とか、「もっと厳しい処分をしろ」などという声が多数あった。
実名を出すということは、社会的にその男を抹殺するということに等しいが、そこまでやる必要があるとはとてもじゃないが思えない。

多数に迷惑をかけ、いろんな人を不快にさせた放送事故であるが、そうなったのは悪ふざけが理由であり、根本的な原因はその男がバカすぎただけだ。
そんな理由で、懲戒処分によって職を失い、人生を棒に振ったも同然だ。当人は死ぬほど後悔しているだろう。
どうせクビになるのだから、釈明番組に出る必要もなかったのに、とりあえずは出たのだからまだマシだ。

それだけの罰を受ければもう十分だと思うが、それでも足らないというのだろうか。中国人のように、落ちた犬をまだ棒で叩けというのか。

同じようなことはよくある。島田紳助の引退もそうだ。
紳助は暴力団関係者とそれなりに親しくしていたみたいだが、ahoo!ニュースのコメントには「逮捕しろ」とたくさん書かれてある。
そいつらが紳助を嫌いなのは分かるが、逮捕しろと主張する意味が分からない。日本の法律では、ヤクザと付き合いがあったら逮捕されるのか。それとも、「逮捕しろ」という言葉を、「オレは紳助嫌いだ」という意味で使っているか。

紳助はそれなりに責任を感じて、芸能界から身を引いたのだから、それで十分だと思うのだが、それでも足らないと思う人は大勢いる。気に入らないという理由だけで、むちゃくちゃなことを言う人がたくさんいるのだ。

そういう意見を見ていると、いかにも不寛容なヤツが多いと思う。自分が被害者ならいざ知らず、全く関係のないことで、その当事者が十分な罰を受けていると思われるにも関わらず、とにかく悪いヤツや気に入らないヤツを叩きまくれという風潮が蔓延している。
もう許してやろうとか思う気にはなれないのか。

 

史上最低の総理大臣で間違いない菅直人が、今日になって文科相に朝鮮学校の授業料無償化手続きを再開しろと命じた。
明日30日(火)に菅内閣は総辞職するわけだが、そのどさくさに紛れて、愛する北朝鮮のために恥も外聞もないことをやってのけた。
さすがは史上最低の総理大臣だけある。やることなすこと、どれもこれも最低最悪で、最後まで最低だったのはある意味立派かも知れない。

北朝鮮が韓国の兵士や一般市民を殺害した無差別砲撃のを理由に、北朝鮮の出先機関である朝鮮総連参加の朝鮮学校無償化手続きを停止したにも関わらず、北朝鮮情勢は何の改善も見せていないなかの手続き再開指示である。
テロリスト市民団体に何千万円も寄付して支援するだけでは飽きたらず、テロリスト養成学校にも税金を注ぎ込み、反日闘士の育成にも手を貸すのだから、本当に最低の総理大臣だ。

大ニュースにすべきことであるが、次の総理大臣を選ぶ民主党代表選に合わせて行われたため、その陰に隠れて目立たなくなり、そのまましれっと無償化までこぎ着けられるかも知れない。
恐ろしい話だ。

朝鮮学校無償化手続きをぼやかすことになった民主党代表選は、野田佳彦が決選投票で逆転し、代表、すなわち次の総理大臣になることになった。
前の総理大臣があまりにクソ過ぎるので、在任期間中に何をやっても、それよりはマシに見えることは間違いない。

当初は、小沢一郎の支持を取り付けた海江田万里が優勢と見られていたが、決選投票で反小沢票を取り込んだ野田佳彦がうっちゃった。
総理大臣として魅力的な候補者はいなかったが、消去法で考えると、まだマシな結果かも知れない。

海江田万里は、菅直人に振り回された悲劇の大臣のイメージがあるが、単に菅に騙されたマヌケな大臣なだけである。
経産相の辞め時も完全に見失い、タイミングが計れない、決断力のない政治家だということがよく分かった。
福島第一原発で必死に作業する消防士に対し、偉そうに「水をかけなきゃクビにする」と言い放った過去もあり、人間性が疑われる人物でもある。

しかも、かつては相当な小沢嫌いだったはずなのに、小沢一派の票目当てに小沢にすり寄り、小沢一郎がこだわる「子ども手当2万6000円」や「高速道路無料化」といったアホなマニフェストをもう一度やると言い出した。

こんな露骨な小沢の太鼓持ちが総理大臣になったら、これからも親中・反米路線が継承されるだろうし、おぞましき東アジア共同体を進めようとするだろうし、天皇陛下を中国や韓国に行かせるなどの政治利用をするに決まっている。

経済界や産業界は、海江田が総理大臣になれば、「原発を動かしてくれるかも」と期待していたらしいが、すぐに掌を返すような政治家のどこらへんに期待ができるのであろうか。

野田佳彦の評価は分からない。財務省寄りの姿勢や増税ばかりが前面に押し出されるが、別段マイナスというものでもないし、間違いなく菅直人よりはちゃんとしているだろう。

日本の総理大臣はこれまで、鳩山由紀夫、菅直人という、歴代2位と1位の最低野郎が務めてきた。
野田佳彦がそいつらより悪くなるとは思えないが、せめて普通の総理大臣くらいにはなって貰いたいと願う。

 

アメリカ最大のプロレス団体であるWWEに所属していたクリス・ベノワという選手は、2007年6月に妻と息子を殺害した上で、首つり自殺をして死んだ。
当初、ステロイドの副作用が疑われたが、医療専門家の分析の結果、長期間にわたる外傷性脳損傷が原因とされた。
簡単にいうと、頭を打ち過ぎて凶暴になって、家族を殺したというわけだ。

クリス・ベノワは新日本プロレスでペガサス・キッドやワイルド・ペガサスのリング名で有名になったレスラーで、日本が育てたと言っても過言ではないレスラーだった。
そのベノワが家族殺しと自殺をしたというニュースは、大変ショッキングなものだった。

この事件に対し、選手を使い捨てのコマとしてしか扱わないことで知られるWWEの経営陣は、ベノワの数々の輝かしい実績をWWEの歴史から削除した。ベノワに関する記述を全て削除し、チャンピオンになった歴史も消された。

さらにWWEは、ベノワの友人であったバティスタに対し、自叙伝にあるベノワとの交流の記述を削除せよとまで命じた。
バティスタはそれを拒否するわけだが、そこまでしてWWEはベノワの歴史を消したいのかと思った。まるでベノワがWWEの暗黒史であるかのような扱いである。

ここまであからさまに都合の悪い歴史を消そうとすることは珍しい。酷い話だが、暗黒史の消去自体はよくある話である。

昨日、関西ローカルで朝に放送されている「あさパラ!」という情報番組を見た。この番組は、ハイヒールが司会し、河合純一や勝谷誠彦、吉本の芸人が幾らか出てくる番組だ。
情報番組なので、その週にあったニュースを番組の前半で取り扱うわけだが、吉本主導で作られている番組のせいか、先週の大ニュースであった島田紳助の話は無視されているようであった。吉本にとって都合の悪い話だから、自分の息のかかる番組で紳助の話題にさせないのであろう。

その証拠に、「Yahoo! JAPAN 検索ワード急上昇ランキング」の結果が改変されていた。1位が里子殺しの声優の名前で、紳助関連のワードはランクインなし。どう考えても、1位は紳助だと思うのだが。

なぜそんな結果になったのかというと、番組が結果を捏造したのではなく、19日(金)から22日(月)の集計になっていたからである。いつもは、金曜日から木曜日までの集計であるにも関わらずである。
紳助は22日(月)の22時に記者会見を行った。だから、22日までなら紳助関連の検索ワードは少なくなり、ランキングに入らなくなる。

同じようなことを日テレもやっていた。自局の夏目三久という女子アナがコンドームを持って撮影した写真が流出し、大騒ぎになったが、ワイドショーで全く触れないばかりか、同じようなインターネットの検索ワードランキングで、集計期日を意図的に改変してランキングに入らないようにしていた。
ランキングの改変とも言える意図的な集計期間の変更は、テレビ番組ではよくあるランキング操作の手法らしい。

「あさパラ!」でのランキング改変に関し、いつもは口うるさい勝谷誠彦が何か言うのかと思ったが、だんまりだった。勝谷は吉本所属で、紳助の暴力事件は自分についていた生意気なマネジャーがどつかれたもので、紳助をボロカスに叩いていたくせに、何も話さなかった。
普段の勝谷なら、「これはランキングの改変ですよ!」と大声を上げて騒ぐところだろう。

東日本大震災のとき、テレビ東京が通常番組をほかより早く放送するようになり、勝谷が出演した「やりすぎコージー」が放送されたことがあった。そのとき、勝谷はバラエティ番組に出演していたことを恥ずかしく思うとか書き、震災報道そっちのけでバラエティ番組を放送するテレビ局を批判した。

バラエティ番組に散々出て、テレビ局に相当世話になっているクセに何を今さら言い出すのかと思ったが、そうすることが勝谷のプライドであり、その言い訳が最善の対応だったのだろう。

そのような中途半端であるが、それなりの気概を見せる勝谷誠彦であったが、自分が所属する吉本の息のかかった出演番組で、セコいランキングの改変があったことにはだんまりだった。
自身のことを顧みず、めちゃくちゃ暴言を吐いたり、厳しい追及をすることが勝谷の売りだと思っていたのだが、そうではないらしい。勝谷は、ただ長いものに巻かれるだけの、普通の文化人である。

 

24日発売の「SAPIO」を買ったら、「田中角栄なら今を斯う解決する」という特集だった。
角さんなら、こうやって復興案を出したはずだとか、与野党をまとめ上げただろうとか、エネルギー政策はこう進めたはずだという、"if"の話である。

田中角栄が今になって求められるような優れた総理大臣だったかは知らんが、「SAPIO」は毎度毎度懐古主義が過ぎる。
外交危機に際して、「過去の宰相はこうだった」とかいう特集もよくやっている。
昔には「こんなに優れた総理大臣がいた」、「これだけ交渉術に優れた外相がいた」などなど。
そんなことを言っても、何の解決にもならないのに。日本の過去の栄光にすがったところで、今の泥沼から脱せられないだろう。

ただ、そう思いたいのもよく分かる。「SAPIO」の特集は、国民の声だろう。
総理大臣も各省庁の大臣も、どいつもこいつも低能を絵に方ようなクソばかり。
国のトップである総理大臣に至っては、5人連続で1年程度で辞職するという恐ろしい事態になってしまっている。

総理大臣のレベルとしては、今現在が日本の憲政史上、もっとも低いものだろう。
これまでは、村山富市を僅差でかわした鳩山由紀夫が史上最低の総理大臣かと思っていたが、どう考えても菅直人が史上最低の総理大臣だろう。

いちいち説明するまでもないが、未曾有の大震災に見舞われておきながら、復興よりも自己のアピール、原発の緊急対策よりも自己のアピールを優先させたクソ野郎だ。
約束は何ひとつ守らない。自分のミスは人に押し付け、他人の手柄は自分のものにする。リーダーシップに欠け、人の失敗はただただ怒って暴れるだけ。
思いつきで発言し、それを実行しようとする。国の舵取りなんぞ何も考えておらず、自己保身に邁進するだけ。
「総理大臣を辞めて欲しかったら、オレの法案を通せ」というトンデモアピールもやってのけた。

人間として最低レベルにいるのだから、史上最低の総理大臣であるに決まっている。

菅直人が総理大臣人なったとき、漫画雑誌の「近代麻雀」で、「スゴイ人が総理になった」と特集していた。
菅直人は、東工大の学生時代に、麻雀の点数計算機を発明し、実用化はされなかったものの、特許を取得したのだ。「近代麻雀」は、この総理ならいろいろやってくれると冗談めいて期待していたが、実際にやったことは、自己チュー政策によって国民に迷惑をかけただけである。

菅直人は、総理大臣としての働きぶりは、今現在ではなく、将来的に正しい評価がされると言っていたが、こいつの働きは、未来永劫まで史上最低だったと記録され続けるに違いない。
少なくとも、中国や韓国などの反日外国人には支持されるだろうけども、日本人で菅直人を評価するヤツなんかいるわけがないし、いたとしたら狂っているとしか思えない。

この次に誰が総理大臣になるのか知らないが、その人物は得だと思う。前任の総理大臣が史上最低、史上最悪のボンクラ、低能だったのだから、どんなことをやっても、それよりもよく見えてしまうのだから。

次はもうちょっとマシなヤツが総理大臣になればいいのだが。

 

このページのトップヘ